• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 大阪
  • 大阪保健福祉専門学校
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 社会福祉科
  • 地域福祉専攻

大阪府認可/専修学校/大阪

オオサカホケンフクシセンモンガッコウ

大阪保健福祉専門学校 社会福祉科 地域福祉専攻

社会福祉士をはじめ、複数の資格を取得し、地域における福祉活動を支援するスペシャリストを目指す

学べる学問
  • 社会学

    あらゆる社会現象を科学的に分析する

    社会と人間をテーマに社会現象を多面的に研究。研究対象は個人から国家レベルまで。扱う領域も、社会階級、環境問題、いじめなど幅広い。

  • 福祉学

    人が安心して暮らせる社会の仕組みを考える

    講義、実習などを通して、児童、老人、障害者をはじめ、援助を必要としている人が安心して暮らせる社会制度や地域のあり方、援助法を考えていく学問。

目指せる仕事
  • 児童指導員

    保護者の代わりに子どもを養育し、自立を支援する専門職

    児童指導員とは、何らかの事情で保護者からの養育を受けることが困難になった0から18歳の子どもたちを、公的責任の下で保護者に代わり保護・養育するという、責任ある仕事です。子ども一人ひとりに寄り添いながら成長を24時間体制でサポートし、自立のための援助も行います。社会状況の変化により、子どもたちが抱えている問題が多様化しているため、保育に関する知識はもちろん、心理学や医学的な幅広い知識をもつことが求められています。

  • 訪問介護員(ホームヘルパー)

    家庭に派遣され、家事を代行する

    高齢者や心身障害をもつ人の家庭などに派遣され、炊事、洗濯、掃除などの家事を代行する仕事。時には入浴や排泄補助などの介護や、福祉施設へのつきそいなども行う。定期的な訪問の中で、家族の生活、介護に関する悩みや相談にも応じ、家事だけでなく精神的な負担も軽くするよう努める。

  • 生活指導員

    福祉施設に勤務し、施設利用者の生活全般を支援する

    老人福祉施設や身障者施設などに勤務し、施設利用者の入退手続きや生活プログラムの設計などを行い、施設利用者が快適に生活を送れるよう支援する。必須資格は特にないが、介護援助を行う場面もあるので、介護の現場経験者や介護系資格取得者が理想的だ。

  • 社会福祉士(ソーシャルワーカー)

    保護や援助を必要とする人のアドバイザー

    児童相談所や福祉施設に勤め、心身の障害などから、日常生活に支障をきたしてしまっている人たちに対する、福祉に関するさまざまな相談に応じ、各種制度・施設の利用方法などをアドバイスしながら問題解決にあたる。さまざまな福祉サービスの中から利用者とその家族に最も適切な援助を選びだす難しい仕事だ。

  • ケースワーカー

    社会生活を送るうえで困っている人を援助する

    ケースワーカーは、社会生活を送るうえで困っている人を援助する仕事です。まず、障がい者や児童、高齢者など福祉サービスを必要とする人たちの相談に応じ、何が問題なのか、どのような支援が必要なのかを把握します。その後、必要と判断した援助を行うためのプログラムを計画・立案し、福祉施設、病院、保健所といった関係機関との連絡・調整を行います。主な勤務先は、地方自治体が管轄する社会福祉事務所や児童相談所などで、この仕事に就くには、地方公務員試験に合格することが必要です。

  • 医療ソーシャルワーカー

    患者が社会復帰するための援助・助言をする

    入院患者やその家族が直面するさまざまな問題解決のための援助を行う。例えば保健や治療費の減免制度活用の援助、患者とその家族の人間関係の調整、受診・受療を促進するための心理的・社会的援助、退院後の福祉施設の選定や在宅ケアサービスの調整など、患者やその家族の話に親身になったアドバイスを行う。

  • レクリエーションインストラクター

    レクリエーション活動の提案や指導をする

    学校や職場、町内会などでスポーツ、ゲーム、イベントといったレクリエーション活動の指導をしていく。時には、レクリエーションの提案をしたり、イベント等の主催者の相談にのるなど、社会的にレクリエーションの大切さを啓蒙していくことも大切な仕事だ。

初年度納入金:2020年度納入金 128万5000円  (他、教科書代・研修費等別途必要)
年限:4年制

大阪保健福祉専門学校 社会福祉科 地域福祉専攻の学科の特長

社会福祉科 地域福祉専攻の学ぶ内容

地域の人々のさまざまな悩みに耳を傾け、支えることができる社会福祉士へ
4年間の学びのなかで、社会福祉士の資格取得に加え、福祉用具専門相談員などの資格取得を目指すなど、自分の将来の希望にあわせて、専門的に学ぶことができます。また、本校保育通信教育科を併修することで保育士国家資格も取得でき、Wライセンスをもち幅広い分野で活躍できる社会福祉士を目指します。

社会福祉科 地域福祉専攻の授業

フィールドワークを豊富に経験することで、現場の実情を体感できる実践的な学び
1・2年次にボランティア実習を取り入れ、現場でのリアルな体験を増やすことをテーマに、地域と連携したフィールドワークを積極的に実施しています。市と連携した事業のプランニングや、小学校でのボランティアなど、様々な学外ボランティアに参加することで対人援助に必要なコミュニケーションスキルを養います。

社会福祉科 地域福祉専攻の実習

学外実習では教員が現場に出向いて、不安や悩みを手厚くサポート!
1年次の施設見学をはじめ、2年次からの学外実習で、確かな技術を身につけ、実践力に磨きをかけます。豊富な実習先はさまざまな福祉の実情に触れ、応用力を高める貴重な経験の場となります。実習中のサポートはもちろん、実習前指導や実習後の反省会なども行い、実習で得た学びを次に活かす指導を行っています。

社会福祉科 地域福祉専攻の卒業後

就職率100%!豊富な求人件数で、幅広いフィールドへの就職を実現!
社会福祉士の就職先は、病院、高齢者施設、児童福祉施設など多岐にわたります。また、公的機関の求人も多く、公務員として就職した学生も多数います。入学時からはじまる就職サポートを通じて、目標とする分野が自然と定まり、ミスマッチのない就職を実現できます。

社会福祉科 地域福祉専攻の資格

一人ひとりに合わせた国家試験対策で学生を徹底的にサポート
社会福祉士の国家試験とリンクした授業や本番さながらの校内模試を実施。さらに、過去問題を分析して作った練習問題の答案演習など徹底したサポートで、試験に対する理解を深め、合格を目指します。2018年度の合格率は、社会福祉士:81.8%(77名中63名合格(学校全体)、全国平均29.9%)

大阪保健福祉専門学校 社会福祉科 地域福祉専攻の学べる学問

大阪保健福祉専門学校 社会福祉科 地域福祉専攻の目指せる仕事

大阪保健福祉専門学校 社会福祉科 地域福祉専攻の資格 

社会福祉科 地域福祉専攻の取得できる資格

  • 保育士<国> (本校保育通信教育科併修修了のこと)

社会福祉科 地域福祉専攻の受験資格が得られる資格

  • 社会福祉士<国>

社会福祉科 地域福祉専攻の目標とする資格

    • 福祉用具専門相談員 、
    • 介護職員初任者研修修了者

大阪保健福祉専門学校 社会福祉科 地域福祉専攻の就職率・卒業後の進路 

社会福祉科 地域福祉専攻の就職率/内定率 100 %

( 就職者248名/学校全体 )

社会福祉科 地域福祉専攻の主な就職先/内定先

    社会福祉法人四條畷市社会福祉協議会、社会福祉法人四天王寺福祉事業団、社会福祉法人由寿会、社会福祉法人和悦会、医療法人財団光明会 明石こころのホスピタル、医療法人 若葉会堺若葉会病院、社会福祉法人聖徳園 ひらかた聖徳園、社会福祉法人聖徳園 にしのみや聖徳園、社会福祉法人弘道福祉会 大宇陀特別養護老人ホームラガール、社会医療法人 昌林会 安来第一病院 ほか

※ 2019年3月卒業生実績

大阪保健福祉専門学校 社会福祉科 地域福祉専攻の問い合わせ先・所在地・アクセス

〒532-0003 大阪市淀川区宮原1-2-47
フリーダイヤル0120-128-294
mail@ochw.ac.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
大阪府大阪市淀川区宮原1-2-47 地下鉄御堂筋線「新大阪」駅2番出口から徒歩 3分
JR京都線「新大阪」駅正面口から徒歩 3分

地図

 

路線案内

他の学部・学科・コース

大阪保健福祉専門学校(専修学校/大阪)

この学校へ資料請求した人が資料請求をしている学校の募集学部・学科・コース一覧を見る