• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 大阪
  • 大阪保健福祉専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 川東 裕樹さん(社会福祉科/医療ソーシャルワーカー)

大阪府認可/専修学校/大阪

オオサカホケンフクシセンモンガッコウ

複雑な保険や医療制度についてもわかりやすく説明

先輩の仕事紹介

患者様、ご家族様、それぞれの立場を大切にしたサポートをめざす!

医療ソーシャルワーカー
社会福祉学科 社会・精神保健福祉コース(2011年4月より現:社会福祉科 精神保健専攻)/2011年卒
川東 裕樹さん

この仕事の魅力・やりがい

入院調整や入院・外来患者様の他の病院での受診や予約の他、訪問看護や訪問診察、訪問リハビリの調整など、患者様のために院内・院外の調整を行うのが私の医療ソーシャルワーカーとしての仕事。仕事では、患者様とのコミュニケーションを重視しながら、入院中の不安や心配、入院前の生活状況、退院後の希望などをヒアリングし、できるかぎり要望に応えるようにしています。そんな中で、いつも通りある患者さんの入院調整を行い、転院してこられた当日にご挨拶へ。ご家族様から「転院させて下さって本当にありがとう」とお礼の言葉をいただいた時は、自分の仕事がこんなにも人に喜ばれることなんだと改めて実感しました。

この分野・仕事を選んだきっかけ

実は、私の母が病棟クラークをしていたこともあり、子どもの頃からよく病院のことを聞いていました。そんな中で、自然と医療分野へ興味を持つようになりました。大阪保健福祉専門学校に入学して現場実習を受ける中で、「患者様やご家族様の入院中や退院後の生活をより良いものにしたい」という気持ちが強くなり、医療ソーシャルワーカーになりたいと思うように…。就職活動では、いろんな病院を見学に行き、それぞれの特性などを学びながら、自分が本当に働きたいと思うところを探しました。それが今、私が勤めている野上病院なんです。職場の雰囲気も良く、これからも患者様や病院のために学びを続けていきたいですね。

退院後の生活を支える施設との連携は欠かせません

学校で学んだこと・学生時代

大阪保健福祉専門学校在学中は、授業や現場実習を通して、患者様やご家族様のそれぞれの立場に立って援助や支援を行うことの大切さを学びました。このことは、実際に仕事をする中でも、常に重要だということを今、実感しています。大阪保健福祉専門学校の良いところは、大学に比べて現場実習が多く、そのため医療・福祉現場のリアルな姿や、そこで働く人の生の声を聞き、学べるところにあります。また、先生方にどんな些細なことでも、相談にのっていただけるのも心強いですね。就職活動時には、私が行きたいと思えるような職場を一緒に探してくださったり、サポートしていただきました。この学校に出会えて本当に良かったと思いますね。

病院と患者様の間に立ち調整する大事な役目

川東 裕樹さん

医療法人晴心会 野上病院勤務/社会福祉学科 社会・精神保健福祉コース(2011年4月より現:社会福祉科 精神保健専攻)/2011年卒/病棟クラークとして働く母親の影響を受けて、子どもの頃から自然と医療分野への関心を持つように。大阪保健福祉専門学校入学後の現場実習で、医療ソーシャルワーカーとして「患者様やご家族様のために」という使命感を感じた。現在は、数ある病院の中で自分が「働きたいと思えるところ」という点を重視して選んだ野上病院にて、多くの患者様やご家族様のサポートを行っている。患者様、ご家族様それぞれの立場を考えた細やかなサポートを大切に日々、多くの人と接している。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

先輩の仕事について学ぶ
大阪保健福祉専門学校(専修学校/大阪)