• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 東京
  • 多摩リハビリテーション学院専門学校
  • 先生・教授一覧
  • 小嶋 陽香先生(理学療法士)

東京都認可/省庁指定の養成施設/東京

タマリハビリテーションガクインセンモンガッコウ

こんな先生・教授から学べます

理学療法士の魅力、そしてプロとしての責任感も教える先生

理学療法士
理学療法学科(3年制) 
小嶋 陽香先生
先生の取組み内容

理学療法士とは、病気やケガなどで障害のある方に対してリハビリを行う専門職です。以前、急性期の病院で理学療法士として勤務していましたが、歩けなくなってしまった患者様がリハビリによって歩けるようになったり、病状が回復して患者様のご家族が涙を流して喜んでくださる姿を見ると本当に嬉しかったですね。高齢化が進むなか理学療法士のニーズはますます高くなり、医療機関だけでなく今後は地域のリハビリテーションセンターや老人ホーム、在宅での需要もより高まるでしょう。一方、これまで理学療法が取り入れられていなかった分野でも注目されはじめ、精神疾患の改善やメタボリックシンドロームの予防、スポーツ分野でのパフォーマンス向上などに用いられるようにもなってきました。今後さらに活躍が期待できる職業であると思います。

患者様への接し方、施術の力の加減やスピードなども丁寧に指導します

授業・ゼミの雰囲気

病院勤務時代のリアルなエピソードを交えた講義が魅力。理学療法士に必要な知識、技術、そして責任感も育む

1年次前期に行う「理学療法概論I」は、理学療法士という職業の現状や仕事の概要を学ぶ授業。座学の授業ながら、学生自ら考えられるようにグループワークを積極的に取り入れて、学生が主体的に考える時間を多く設けています。例えば、理学療法士という職業のイメージをグループで発表したり、リハビリ現場の絵を見て、どういった危険が考えられるか予測してもらったり。小嶋先生が現場で経験してきたリアルな体験談を交えながら、仕事の大変さや、やりがい、そして患者さんと接する責任感も育む授業を行っています。

「教員のなかでも学生と年齢が近いので、なんでも話してほしいと思っています」(小嶋先生)

キミへのメッセージ

今後、活躍の場が広がる職業。一緒に資格取得を目指しましょう!

理学療法士として働いたあと、スポーツトレーナーとして活躍したり、スポーツメーカーで商品開発に携わったり、エステティシャンとして働く人もいます。活躍の場が無限に広がる、魅力的な職業ですよ!

小嶋 陽香先生

専門科目:理学療法概論I、検査測定法、理学療法評価法
12年多摩リハビリテーション学院卒業後、法人グループ内の所沢中央病院にて勤務。「学生が初めに出会う理学療法士として仕事の魅力を伝えたい」と思い、17年4月に多摩リハビリテーション学院(19年4月より多摩リハビリテーション学院専門学校)へ異動。「チーム医療では他職種とのコミュニケーションが欠かせません。誰に対しても敬意を払うよう徹底して指導しています」

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先生・教授から学べるのは…

この学校のおすすめ記事

多摩リハビリテーション学院専門学校(省庁指定の養成施設/東京)