• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • あいち造形デザイン専門学校
  • 先生・教授一覧
  • 久保 智史先生(平面(絵画・イラスト)分野)

愛知県認可/専修学校/愛知

アイチゾウケイデザインセンモンガッコウ

こんな先生・教授から学べます

「考える」ことのできるクリエイターを育成する先生

平面(絵画・イラスト)分野
デザイン学科 グラフィック・広告コース (2020年4月設置予定)
久保 智史先生
先生の取組み内容

私は大学時代から、絵画やイラストなど平面を中心とした作品をつくり、個展やグループ展で発表してきました。また、美術館やギャラリー、アートイベントから依頼を受けて制作し作品を発表しています。制作する時は、「どんな素材を選び、どういった手法で描くのか。そこに現れる形や色彩はどうするのか」そんなことを一つずつこだわりながら、描くことを心がけています。創作するうえでさまざまな経験が影響し活かされてくると思います。たとえば、私は海外旅行が好きで、学生時代にはバックパックを背負って電車を乗り継ぎながら、ドイツやオランダ、フランスなどヨーロッパを回り、ベトナムなど東南アジアへも行きました。各地で見た風景や人、体験が作品制作に影響を与えて、アイデアや新たな発想にもつながっていくこともあると思います。

描きながらいろいろと考えますが、とりあえず描いてみるのが私の創作スタイルです

授業・ゼミの雰囲気

自分で考える「余白」も残した指導。本当の意味でのクリエイターを育成する授業

実技系の授業ではポスターやイラスト制作を担当。課題やコンペの出展作品などさまざまな制作物に挑戦しながら、グラフィックデザイナーやイラストレーターになりたいという学生の目指す仕事に合わせて、必要なスキルを身につけられるよう指導しているという。「私は自分の頭で考えることができる自立したクリエイターを目指してほしいと思っています。そのために、学生自身で考える部分も大切だと思います。」単にスキルを身につけるだけでなく、長いクリエイターとしての今後に役立つ思考の部分も鍛えられるのが久保先生の授業の魅力だ。

受け身の授業ではなく、学生が本当に作りたいものやクライアントの要望へたどり着けるように指導

キミへのメッセージ

あきらめないで進んで行くことが大事

デザインやイラスト分野に進みたい皆さん、知識や技術を身につけながら、いろいろなことを学んでください。あいち造形デザイン専門学校は面倒見の良さが魅力ですから、皆さんの夢の実現を最後までサポートします!

美術史やデザイン史も担当。学生が興味を持つきっかけになるよう、自分の体験談などを交えて講義をしている

久保 智史先生

専門分野:絵画・イラスト
小学生の頃から絵を描くことが好きだったという久保先生は、小・中・高校とサッカーに没頭するスポーツ少年。その後、愛知県立芸術大学美術学部に入学し、本格的に絵を学び始めるとともに創作活動も開始。同大学大学院美術研究科に進み、博士号を取得。大学から9年間創作活動にささげ、2013年より、あいち造形デザイン専門学校の教員となる。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先生・教授から学べるのは…

この学校のおすすめ記事

あいち造形デザイン専門学校(専修学校/愛知)