• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 福岡
  • 専門学校 九州ビジュアルアーツ
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 菅 紅理(すが あかり)さん(音響学科/照明スタッフ)

福岡県認可/専修学校/福岡

センモンガッコウ キュウシュウビジュアルアーツ

責任のある仕事を任せてもらうには一回一回が勝負です

先輩の仕事紹介

大好きなアーティストに少しでも近づきたくて、コンサート照明の仕事を選びました

照明スタッフ
音響学科/2009年3月卒
菅 紅理(すが あかり)さん

この仕事の魅力・やりがい

みなさんも知っているような有名なアイドルやアーティストのツアー、ライブなどに裏方として参加できるのが、コンサート照明です。卒業して3年経った頃から徐々に単独の役割を任されるようになり、ドームやスタジアムの中でアーティスト一人に照明を当てる、ピンスポットを担当することもあります。本番は一回きりなので、毎回緊張しますが、私はその緊張感が好き!会場の温度が徐々に上昇し、幕が上がって、お客様の「ワーッ」という歓声が聞こえてくると、何にも代えがたい感動を味わうことができますよ。ケガも事故もなく、本番を一回ずつ責任感を持ってやりきることで、一つのストーリーが完結します。そんな充実感に満たされる仕事です。

この分野・仕事を選んだきっかけ

照明との出会いは中学生の時。大好きなアーティストのライブに行った時に、照明の美しさに感動したのがきっかけです。勉強して頑張ってこの仕事に就けば、少しでも彼らに近いところで働けるのでは!と(笑)。実際に卒業後運よく、そのアーティストのコンサート照明を担当している会社に就職し、裏方として参加することができたんですよ。まだその頃は卒業したての駆け出しでアシスタントとしての参加でしたが、一つの夢が叶った感動を覚えています。現在は、フリーランスとして活動しているので、現場での人脈作りが大切。人より動いて、働く!人が嫌がる仕事でも「私がやります!」って声を上げることで、次の仕事につながることも多いです。

現場は機材を触るチャンス!積極的にチャレンジ♪

学校で学んだこと・学生時代

体験入学に何度か通って、先生や先輩たちの雰囲気の良さが印象に残ったこと、施設や設備が充実していることが決め手になりKVAに入学しました。授業では、第一線でコンサート照明をしているプロの方に現場のことを聞けたり、実際の図面を見ながら機材を操作したりと、実践的な授業が多かったです。「どうやったらカッコよくなるのか?」など、ひと手間かけるプロならではの仕事への向き合い方を学べたことも、今の仕事に活きています。それに、学内外で開催されるイベントやショーなどで照明を担当するなど、音楽に合わせて機材を操作できるチャンスが多かったのも、楽しかったですね。放課後みんなで残って、練習したのもいい思い出です♪

現場では様々な人と会話します。チームワークが大切!

菅 紅理(すが あかり)さん

フリーランス/音響学科/2009年3月卒/長崎県諫早商業高校出身。中・高とコンサート照明の仕事に憧れ、KVAに入学。同校の卒業生から紹介されたアルバイト先で、この仕事を選ぶきっかけにもなったアーティストのコンサート照明を担当する会社とつながり、就職を決めたというラッキーガール。現在はフリーランスとして活躍中で、現場で知らない人がいると「チャンス!」とばかりに会話をし、人とのつながりを築いているという。もともと、高校時代から学祭などでは率先して盛り上げ役に徹するタイプだそうで、大勢の人と何かを作ったりすることが好きなのだとか。「たくさんの人に出会い、現場で責任ある仕事をしていきたい」と話してくれた。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

先輩の仕事について学ぶ
専門学校 九州ビジュアルアーツ(専修学校/福岡)