• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 福岡
  • 専門学校 九州ビジュアルアーツ
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 松竹 利佳さん(写真学科/フォトグラファー)

写真スタジオで新人カメラマンとしてがんばっています!

先輩の仕事紹介

笑顔、涙…ご家族の大切な一日を形として残せる。フォトグラファーとしてのやりがいを実感します

フォトグラファー
写真学科/2019年卒
松竹 利佳さん

この仕事の魅力・やりがい

私が勤務する写真スタジオでは、自社でお宮参りや七五三などの家族写真やポートレートなどの撮影を行っています。撮影時に大切にしていることは、ご家族の温かい空気を写真に残せるように、ご家族みんなにこの場を楽しんでもらえるような雰囲気づくりをすること。お一人おひとりのいい表情を引き出せるように、言葉遣いや声掛けに気を配っています。家族写真を撮影している最中に、お父さんやお母さんが感極まって涙されることがあったり、できた写真を見て喜んでくださると、この仕事を選んで本当に良かったなと実感します。

学校で学んだこと・学生時代

KVAの授業の中でも特に印象に残っているのは「作品合評会」です。これは自分の作品を作り、みんなに評価してもらう授業なのですが、自分でテーマを決めて撮影をし、現像、タイトル、キャプションまで自分で考えるので、自分自身に向き合い、自分について考える力を学べました。また、この時に自分が作った作品は、先生のほか写真学科の学生全員から評価してもらい、点数や順位として目に見えるため、真剣に取り組みました。特に2年生の最後の合評会では、「上位6名だけが参加できる選抜写真展に参加する」という目標を持って取り組み、作品を展示できたのが貴重な経験となりました。作品を見る目を養えたのも、この経験が大きかったと思います。

ネガのチェックや現像など、専門学校で学んだことを活かせています

この分野・仕事を選んだきっかけ

高校1年の時にデジタル一眼を購入してから、よく写真を撮るようになりました。それをきっかけに写真が好きになって「もっといろんな写真を撮れるようになりたい」と思うように。また、写真の仕事をしている自分を想像するとワクワクできたので、写真学科があるKVAの体験入学に参加しました。それから夏には、入学前から無料で業界の勉強ができるプレスクールにも行きました。好きな仕事とはいえ、大変なこともたくさんあるという現実もしっかり教えてもらい、仕事に対する心構えができたと思います。プレスクールで先生とも仲良くなれて、楽しかったのでKVAへの入学を決意できました。体験入学やプレスクールへの参加をおすすめします。

松竹 利佳さん

(株)ALBUS勤務/写真学科/2019年卒/KVA時代にはデジタル、フィルムともに、写真のイロハを学び、自分自身と向き合いながら作品作りに取り組む。クラスのみんなと行った韓国研修では、韓国の観光地を巡りながら好きな写真を撮影できたことが、いい思い出になったとか。卒業後は福岡市内の写真スタジオへ就職。ラボでの接客業務、レタッチ、現像のほか、自社スタジオでの家族の記念写真やポートレート撮影のほか、週末には結婚式場での撮影も行っている。「ネガのチェックや現像など、専門学校時代にフィルムカメラについての知識も学べたことが、現場で活きています」と話してくれた。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

専門学校 九州ビジュアルアーツ(専修学校/福岡)