• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 東京
  • 東京服飾専門学校
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • アパレル造形科
  • デザイナーコース

東京服飾専門学校 アパレル造形科 デザイナーコース

定員数:
20人

コンテストデザイン応募やプロのデザイナー指導で実力UP!

学べる学問
  • デザイン

    平面、空間に関するさまざまなデザインを学ぶ

    私たちの身の回りに存在するすべての物を対象に、実技や実習、理論研究を通して、デザインし、表現していく。商業デザインと工業デザインに大別される。

  • 服飾・被服学

    快適な衣服や、服飾に関する理論と技術を研究する

    快適な衣服とそれに付随する服飾に関する理論と製作について、素材、テキスタイル、デザイン、製造まで幅広く研究する。流通や販売も研究テーマとなる。

目指せる仕事
  • テキスタイルデザイナー

    糸、染色、生地など素材づくりをする

    生地の織や、染のパターンをデザインする。言いかえれば、洋服やスカーフからじゅうたん、カーテンなどのインテリアまで用途はさまざまだが、それらに使われる素材をつくる仕事だ。現場は糸の考案、プリント染色デザイン、生地デザインとパートがいくつかに分かれている。

  • ファッションデザイナー

    服だけではなくトータルデザインも

    春と秋に行われるファッション業界の発表会に備えて、デザイナーが企画・準備に入るのは半年から1年前。大きくはオートクチュールデザイナーと企業内デザイナーとに分かれる。つねに時代の先を読む感性が要求される。

  • ファッションバイヤー

    流通業界の仕入れのプロ

    デパートや専門店、スーパーマーケットなどで買い付け、仕入れを専門に行う。消費者ニーズを把握し、営業方針や企画に沿って売れる商品を仕入れるのが役目。流行に敏感な感性や売れるものを見極める目、的確な計算能力や交渉力などさまざまな能力が必要とされる。

  • アパレルマーチャンダイザー

    アパレル商品の販売をトータルでコーディネートする

    市場調査をもとにシーズンごとに移り変わるファッションの流行を予測し、どの商品をどれだけ作るか、価格はいくらにするか、どの店舗にどれだけ置くかなどを決めていくアパレル業界の専門職。一つの商品に関して、企画・開発から、販売計画の立案、仕入れ、さらに販売促進活動や広告・宣伝までを一貫して担当するのがこの仕事の特色。ファッションやマーケティング、流通ビジネスに関する専門的な知識はもちろん、情報収集力につながる感性や好奇心、積極性や営業手腕なども求められる。

  • ファッションコーディネーター

    シーズンごとにショップの方針を決定

    アパレルメーカーのショップ担当者、小売店経営者としてシーズンごとの営業戦略を立てる。どんな服をどれだけ仕入れるのか、そのコンセプトは何か、どうやって売るかなどを企画し、担当のバイヤーに仕入れの方針を提案したり、時には自ら買い付ける。

  • ファッションアドバイザー

    服選びなどのアドバイスを行う

    専門店やデパートにおいてその人に合う洋服選びや小物などとのコーディネイトの仕方をアドバイスするのが仕事。担当している商品に対する知識はもちろん流行にも敏感であることが求められる。人当たりのよさも大切な資質。

  • ファッション店員・店長

    洋服店を訪れるお客さまにセンスを生かして最適なファッションや商品を提案

    アパレルメーカー直営店やセレクトショップなどの洋服店で、店舗を訪れたお客さまに洋服を販売する仕事。店員は、商品のディスプレイや管理、接客、会計などを担当する。お客さまの好みやスタイルに応じて、似合う洋服を提案するのも大切な役割。そのため、店舗で扱う商品はもちろん、ファッションの流行や色・素材に関する専門的な知識が求められる。店長は、スタッフの採用や接客の指導、仕入れや売り上げの管理、販売促進のための企画などを担う。店員からステップアップするのが一般的だ。

  • ファッション商品企画・開発・管理

    アパレルメーカーで消費者のニーズにこたえる洋服を作り、流通させる仕事

    洋服は、人々のニーズや流行に沿った商品のアイデアを考えるところからはじまり、それをデザインし、素材や加工法などを決め、工場で生産し、小売店に出荷することで消費者の手に届く。工場での生産は外注することもあるが、企画・開発、生産や在庫、品質の管理はアパレルメーカーにとって中核となる業務だ。企画・開発には、素材などに関する専門知識やセンスに加え、マーケティングの知識やプレゼンテーション能力も不可欠。生産管理や在庫管理は企業の利益に直結する業務であり、ビジネス感覚があり数字に強いことが大切になる。

初年度納入金:2020年度納入金(参考) 89万円  (入学金、維持費、諸費含む※分納は年2回<前・後期>)
年限:2年制

東京服飾専門学校 アパレル造形科 デザイナーコースの学科の特長

アパレル造形科 デザイナーコースの学ぶ内容

経験豊富な講師によるデザイン発想&スタイル画指導やマーケティング実習など充実
人気企業とコラボレートして、商品化までのプロセスをすべて授業の中で行い、プロの世界を実際に体験していきます。また企画からシーズンマップ作り、プレゼンなどを通じて、業界の空気を感じることができます。個性を生かした作品製作で最大限の自己表現ができます。

アパレル造形科 デザイナーコースの授業

パソコンでスタイル画を描いたり、実際のブランドの商品展開を行います
授業内で、商品企画やデザイン出し、サンプル作りなど、プロが行う仕事を実際に学びます。また、経験豊富な講師が、トワルチェック技術やファッションデザイン、スタイル画などを指導します。ほかに、現役の有名デザイナーによる特別講義も好評です。

アパレル造形科 デザイナーコースの先生

経験豊富な講師による”活きた授業”が人気です
アパレル業界での経験をもとに「今、ファッションの現場では何が求められているか」をテーマに、毎年カリキュラムを構築。デザイン画の授業は、海外でのコレクション経験のある講師が担当。また、アパレル企業でデザイナー経験の豊富な講師たちが揃っていますので、安心してお任せください。

アパレル造形科 デザイナーコースの施設・設備

貸出し可能なパソコンやデジタルカメラなどを、多数完備。校内どこでもネット利用が可能です
施設面では、最新シルクスクリーンを使用して、オリジナル生地の作成も可能。その他、多目的ホール、コンピュータルーム、CADルーム、個人ロッカーなど充実しています。設備面では、ひとり1台のパソコンや職業用ミシン、アパレルCADシステム。またパソコンやデジタルカメラ、多種多様なファッション誌も貸し出しています。

アパレル造形科 デザイナーコースの教育目標

デザイナーとして「大切なこと」を、一つひとつ丁寧に教えます
デザイナーとして、とても大切なプレゼンテーション能力とコミュニケーション能力を養います。そして就職へつなげるために、商品のイメージマップ作りや、意見交換をしていくグループディスカッションも多数。また、パソコンスキルの向上にも力を入れています。

アパレル造形科 デザイナーコースのイベント

海外研修やデザイナーのショー見学で感性を磨きます
年間を通して、毎月様々なイベントがあります。ファッションショーやスポーツイベントなど、学生主催のイベントもたっぷり。ヨーロッパをはじめ、ファッションの中心地へ訪れる海外研修旅行は、校内アンケートで訪問先を決定。秋から冬にかけては、デザイナーズブランドのファッションショー見学、バス旅行などもあります。

東京服飾専門学校 アパレル造形科 デザイナーコースの学べる学問

東京服飾専門学校 アパレル造形科 デザイナーコースの目指せる仕事

東京服飾専門学校 アパレル造形科 デザイナーコースの資格 

アパレル造形科 デザイナーコースの目標とする資格

    • パターンメーキング技術検定 (2~3級) 、
    • 洋裁技術認定試験 (日フ協)(初・中・上級) 、
    • リテールマーケティング(販売士) (日商)(2~3級) 、
    • ファッションビジネス能力検定 (2~3級) 、
    • 色彩検定(R) (2~3級)

    ほか

東京服飾専門学校 アパレル造形科 デザイナーコースの就職率・卒業後の進路 

アパレル造形科 デザイナーコースの主な就職先/内定先

    ディーゼルジャパン、マークスタイラー、ザラ・ジャパン、ジャパンイマジネーション、マッシュスタイルラボ、東京衣裳、スタイリスト事務所・モデル事務所 ほか

※ 内定先一覧 (学校全体)

※2020年3月卒業予定者内定状況(2019年11月現在)

東京服飾専門学校 アパレル造形科 デザイナーコースの問い合わせ先・所在地・アクセス

〒170-0002 東京都豊島区巣鴨1-19-7
TEL 03-3946-7321

所在地 アクセス 地図・路線案内
東京都豊島区巣鴨1―19―7 「巣鴨」駅から徒歩 1分

地図

 

路線案内

他の学部・学科・コース

東京服飾専門学校(専修学校/東京)

この学校へ資料請求した人が資料請求をしている学校の募集学部・学科・コース一覧を見る