• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 北海道
  • 函館短期大学付設調理製菓専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 川口 祐矢さん(調理師科/コック)

北海道認可/専修学校/北海道

ハコダテタンキダイガクフセツチョウリセイカセンモンガッコウ

先輩の仕事紹介

日本の中心である東京で経験を積む日々。将来は地元の森町で洋食店を開きたい

コック
調理師科 卒/2016年卒
川口 祐矢さん

この仕事の魅力・やりがい

就職当初、仕事の流れについていくのが大変でしたが、行程の順を追って育ててくれる環境のおかげで、役割を果たす喜びを実感。つばめグリルは、人気メニューのハンバーグやその他の料理に使用する肉や野菜など、食材は仕入と鮮度にこだわり、添加物をできる限り使わずに美味しさをご提供する店舗として、お客さまから評価をいただいております。毎日、近隣で働いている方や地方からのお客さまも大勢ご来店されます。北海道から来てくれた母もハンバーグを食べて「美味しい」と喜んでくれ、とても嬉しかったです。将来は、地元の森町に帰って洋食店を開くことが目標。実績ある店舗で学んだことが地元の皆にも喜んでもらえるように頑張ります。

この分野・仕事を選んだきっかけ

小さい頃から料理の手伝いをすることが好きでした。作るたびに「おいしい」と言ってもらえるのが嬉しくて、自然と料理の道をめざすようになりました。現在の勤務先は、「幅広い料理を作れるようになって、より多くの人に喜んでもらいたい」と思い、修行に行くつもりで選びました。

学校で学んだこと・学生時代

学校では食材の大切さを学びました。函短調理製菓でのいつもの実習は、街の優れた頼もしい食材屋さんから仕入れた新鮮な食材で行われます。そして、地元の生産者の皆さんにも出会う機会もあります。そこで食材を作る大変さを学んだ結果、「食材を大切にできる料理人になろう」という気持ちを強く持てました。実際に社会に出てからも、一つの食材も無駄にせず、最大限活かすように心がけています。

川口 祐矢さん

つばめグリル品川駅前店 勤務/調理師科 卒/2016年卒/東京での就職は、学校の先生から「若いうちだけでも東京の実績のあるところで働くべき」とアドバイスされたことがきっかけ。実際に働き始めて、いろいろな人と知り合い、繋がりを持てたことで「東京に来て良かった」「先生の言葉に間違いはなかった」と実感しているという。実は勤務するつばめグリルは、創業者も地方出身。「日本の中心である東京で、地方出身の人が美味しさで人々を喜ばせたい」と開業した想いが、今も受け継がれて息づくお店で働けることは、同じ地方出身者としてとても誇らしく思っているとのこと。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…
函館短期大学付設調理製菓専門学校(専修学校/北海道)