• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 福岡
  • 福岡デザイン専門学校
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 総合デザイン科
  • 立体空間デザイン分野

福岡デザイン専門学校 総合デザイン科 立体空間デザイン分野

定員数:
80人 (2分野合算・3年制)

インテリアコーディネート、ショップ、雑貨・プロダクト、建築、ディスプレイ、家具の6専攻

学べる学問
  • デザイン

    平面、空間に関するさまざまなデザインを学ぶ

    私たちの身の回りに存在するすべての物を対象に、実技や実習、理論研究を通して、デザインし、表現していく。商業デザインと工業デザインに大別される。

目指せる仕事
  • 雑貨デザイナー

    文具や食器など生活雑貨をデザイン

    生活雑貨を中心に、形や素材などトータル的にデザインしていく。このところ雑貨人気もあり、デパートなどでも雑貨コーナーを、新設・拡大する傾向にあるようだ。使いやすく、しかも見た目も洗練されたレベルの高いデザイナーが求められる。

  • 空間デザイナー

    店舗や住宅などの空間の演出家

    店舗やアーケードといった商業空間、一般住宅などの生活空間をどのように使うか提案する。商業空間の場合、店舗の周辺を行き交う人の動きや気持ちを想定して、売場の構成や演出の工夫、商品のディスプレイ等を考える。生活空間の場合、そこに住む人が快適に過ごせるよう、工夫をこらす。

  • ディスプレイデザイナー

    ショーウィンドウなどを魅力的に飾る

    デパートのブティックのショーウィンドウに飾られるディスプレイや、ショップ内のデコレーションを行う。人目を引くような斬新なアイデア、流行を感じ取る鋭い洞察力、色や形のバランスを気遣う美的センスなどが必要。店舗が閉まっている夜間の業務が多い。

  • インテリアデザイナー

    安全で快適な住空間を設計する

    住宅やオフィス、船舶、航空機などの室内デザインから家具や照明器具などのデザインまで、幅広い分野にわたって携わるデザイナー。建築設計者や施行業者、依頼人と打ち合わせを重ね、デザインを進めていく。専門化が進み、室内空間専門、建築設計に強い人、家具や照明などの専門など、あらゆる分野で活躍している。

  • 建築士

    建築物の設計・デザインから施工監理まで

    一般住宅や店舗やオフィスなどの建築物の企画、設計、見積もり、施工管理などに携わる仕事。建築予定地の調査をし、顧客の要望に沿う建築の設計と積算を行う。また、建築工事の管理、建築許可や道路の使用許可などの法規に基づく官庁への手続きや届け出もする。

  • 店舗デザイナー

    購買意欲をかき立てる店舗の演出をする

    商品の仕入れから宣伝、店舗全体の企画・管理まで含めて、店舗の空間演出を担う仕事。展示スペースの図面のデッサン、小道具の効果やセットの作り方、空間構成・色彩バランス、商品の置き方、光の使い方などを考える。

  • インテリアコーディネーター

    住む人の立場に立って、快適な住空間を提案・提供する

    顧客の要望を聞いて、内装(住宅の照明や壁紙など)のプランニングアドバイスをしたり、具体的な商品の選択を行い、見積り、施工管理をする。住生活に対する価値観・ライフスタイルなどをきちんと把握し、住む人の立場に立って、快適な住空間を提供する仕事だ。

  • インテリアプランナー

    インテリア設計に関してトータルな視点でプランを作成

    住みやすく、防災や安全性にも配慮のいきとどいた、豊かで魅力のあるインテリア設計をする仕事。仕事は、まずインテリアのデザインイメージを作り、室内環境・設備の計画や設計、内装仕上げ方法、材料、インテリアエレメントの選択を行い、必要な設計図など書類を作成し工事監理まで行う。一般住宅や店舗、事務所、公共建築物などが対象になる。

  • 家具職人

    オーダーメイド家具やオリジナル家具を製作する職人

    オーダーメイドやオリジナルのイスやテーブル、デスク、ベッド、キャビネットなどの家具を製造する職人。近年の家具製造は、機械化・分業化が進んでおり、機械を使って大量生産するのが主流ですが、顧客の注文に応じて特別な家具を作ったり、オリジナルの家具を作ったりする職人もまだ健在です。規模の小さな家具工房では、デザインや設計、材料の選定、加工、組み立てまでの全工程をひとりの家具職人が行うこともあります。卓越したデザイン力、技術力が認められれば、独立して自分の家具工房を開くことも可能です。

初年度納入金:2021年度納入金 100万1000円  (入学準備費5万円、授業料70万円、実験実習費・施設設備費他25万1000円※教科書・教材費等別途必要)
年限:3年制

福岡デザイン専門学校 総合デザイン科 立体空間デザイン分野の学科の特長

総合デザイン科 立体空間デザイン分野のカリキュラム

1年次はデザインの基礎と6つの専攻を同時学習。2年・3年次に2つの専攻を選択
1年次、実務にかかわる6つの専攻(インテリアコーディネート、ショップ、雑貨・プロダクト、建築、ディスプレイ、家具)の基礎を学習。2年・3年次でその中から自分に合った2専攻を選択し、少人数の中でより専門的な知識・技術を学びます。また幅広い知識が、就職の幅も広げます。

総合デザイン科 立体空間デザイン分野の授業

実務知識・技術の修得と今に不可欠なデザイン力を身に付けます
授業のほとんどは実習形式。第一線で活躍するプロの講師陣から実務にそった内容で知識・技術を修得することはもちろんのこと、これからの建築、インテリア、家具等に欠かせないデザイン力・造形力・発想力・企画力を1年次から徹底的に指導します。3年次終了後、より深い技術の修得を目指す4年制への編入も可能です。

総合デザイン科 立体空間デザイン分野の学生

様々なコンペにおいて成果をあげています
■(一社)福岡県建築士事務所協会が主催する令和元年度建築設計競技において、会長賞1名、佳作2名が受賞■大阪芸術大学通信制・建築学科の卒業制作品展において「学長賞」「学科賞」を受賞!■「ディスプレイデザインコンテスト for STUDENTS 2019」全2部門の最上位賞を独占受賞

総合デザイン科 立体空間デザイン分野の卒業後

就職のサポートも万全です
個人面談や就職勉強会、様々な団体主催による企業合同説明会の参加やインターンシップ(企業研修制度)などにより、多くの学生が在学中に専門分野への就職が決まっています。

総合デザイン科 立体空間デザイン分野の施設・設備

学内に大型出力プリンター、3Dプリンター、レーザーカッターも設置
学内の大型プリンターを使って、大判のプレゼンボードなども制作できますし、3Dプリンターやレーザーカッターの導入で、平面から3D立体までの作品表現が可能です。

総合デザイン科 立体空間デザイン分野の奨学金

入学時、進級時のそれぞれに奨学金制度を設けています
◆特別優待生奨学金/135万円(3年間合計)◆特待生制度/高等学校長推薦者で特待生試験合格者には5万円または10万円を支給 ◆必ずもらえる奨学金「アドバンス奨学金」入学前より本校のオリジナルデザイン課題に取組む事でデザイン基礎力を養い、積極的に学ぶ方に対して奨学金を支給( A:10万円・B:5万円・C:3万円 )他

福岡デザイン専門学校 総合デザイン科のオープンキャンパスに行こう

福岡デザイン専門学校 総合デザイン科 立体空間デザイン分野の学べる学問

福岡デザイン専門学校 総合デザイン科 立体空間デザイン分野の目指せる仕事

福岡デザイン専門学校 総合デザイン科 立体空間デザイン分野の資格 

総合デザイン科 立体空間デザイン分野の受験資格が得られる資格

  • 二級建築士<国> 、
  • 木造建築士<国>

総合デザイン科 立体空間デザイン分野の目標とする資格

    • 商業施設士 、
    • インテリアプランナー 、
    • 2次元CAD利用技術者試験 、
    • インテリアコーディネーター 、
    • 福祉住環境コーディネーター検定試験(R) 、
    • マンションリフォームマネジャー

    色彩士検定 ほか

福岡デザイン専門学校 総合デザイン科 立体空間デザイン分野の就職率・卒業後の進路 

総合デザイン科 立体空間デザイン分野の主な就職先/内定先

    ヒリュー装美、ナガノインテリア工業、インテリアデコ、フジヤ、スペース、谷川建設、ソルト建築設計事務所、百技建築設計事務所、上野建築事務所 ほか

※ 2019年3月卒業生実績

福岡デザイン専門学校 総合デザイン科 立体空間デザイン分野の問い合わせ先・所在地・アクセス

〒810-0042 福岡市中央区赤坂1-10-10
0120-888-729

所在地 アクセス 地図・路線案内
福岡デザイン専門学校 : 福岡県福岡市中央区赤坂1-10-10 地下鉄「赤坂(福岡県)」駅下車 2番出口から徒歩 30秒
「西鉄福岡」駅から西鉄バス 「赤坂門」下車 10分

地図

 

路線案内

他の学部・学科・コース