• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 福岡
  • 福岡デザイン専門学校
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 総合デザイン科
  • 視覚情報デザイン分野

福岡デザイン専門学校 総合デザイン科 視覚情報デザイン分野

定員数:
80人 (2分野合算・3年制)

グラフィック、企画編集、webデザイン、パッケージ、イラスト・アート、映像メディア

学べる学問
  • デザイン

    平面、空間に関するさまざまなデザインを学ぶ

    私たちの身の回りに存在するすべての物を対象に、実技や実習、理論研究を通して、デザインし、表現していく。商業デザインと工業デザインに大別される。

目指せる仕事
  • CGデザイナー

    コンピュータグラフィックスでイメージを映像に表現

    コンピュータで文字やイラスト(CG)をつくる。建築、都市計画、機械設計、デザイン、アニメーション、科学研究のシミュレーションなどさまざまな分野で活用されるようになってきた。コンピュータ理論やプログラミングに通じ、色彩、デザイン感覚に優れていることが条件。

  • ブックデザイナー(装丁家)

    作品にあわせて本の表紙をデザイン

    本のデザインをするのが仕事。装丁家とも言う。作家によっては装丁家を指名する場合もある。需要は増えているが、デザイナーや画家が兼ねるケースも多く、ブックデザインだけで生活できる人はまだ少ない。

  • エディトリアルデザイナー

    出版物の紙面をレイアウトする

    写真、イラスト、図表、文章など印刷物に使う素材を限られたスペースに効果的に配置する。単にスペースに必要な要素を収めるだけではなく、編集者の意図や雑誌のテーマをしっかりと把握し、誌面全体にその流れを盛り込んだデザインを施さなければならない。

  • グラフィックデザイナー

    雑誌や広告で“伝えたいこと”をデザインして表現する

    雑誌や広告、宣伝媒体、商品のパッケージなど、印刷物の紙面をデザインし、ビジュアル的効果を高めるのが仕事。アート面でのセンスが問われるのと同時に、流行を読み取る洞察力と、時代にマッチした感性も欠かせない。

  • 広告プランナー

    商品などを売り出すためのアピール方法を企画する

    商品や企業イメージなどをその時代や流行、消費者ニーズを考えながら、どのように広告していけばいいのか企画するのが仕事。イメージ作りはもちろん、デザイナーやコピーライターを集めたり、どの時期にその媒体に広告を打つと効果が高いかなども考えながら仕事を進める。

  • CMプランナー

    企業や商品の宣伝プランをたてる

    クライアントの意向を受けて、テレビCMなどのプランニングを行い、テーマや方向性を決めていく。イメージキャラクターやタレント、スタッフなど誰をどのように使うかによっても、そのCMの出来が違ってくる。情報に裏付けされた感性が欠かせない。

  • WEBデザイナー・クリエイター

    使いやすいウェブサイトをデザインする

    インターネットのページをデザインするウェブデザイナーは、誌面のデザインとちがいナビゲーションのためのボタンの位置や、そのページに盛り込む情報の取捨選択など、画面になった時に利用者が、その画面を見て次の画面をわかりやすく選択できるような情報デザインの視点が求められる

  • パッケージデザイナー

    買いたくなるパッケージをデザイン

    お菓子や化粧品など商品の内容や魅力が消費者によく分かるよう、容器・包装などのパッケージデザインをする。商品内容やターゲット、会社のイメージ、使用する素材と商品の相性などを考慮し、思わず手が伸びるようなデザインを生み出す。

  • キャラクターデザイナー

    キャラクター、背景、アイテムのデザイン

    自分の持ち味を出した新しいゲーム・キャラクターを生み出す。グラフィッカー(CGデザイナー)が行うケースも多く、ディレクターと「検討会議」を行い、採用されたキャラクターや背景コンテを基に、パソコン上でグラフィックを描く。背景、キャラクター、アイテムなどの担当に分かれ、それぞれ複数パターンを作成する。

  • イラストレーター

    雑誌や広告などに使われる個性的な作品を描く

    雑誌、書籍、広告などの印刷メディアにイラストを描く。独自の作風を持っていること、クライアントの要望に応じた作品を作り上げる器用さも要求される。イメージをイラストに置き換える能力や感性、作品を想像する力も必要。

初年度納入金:2021年度納入金 100万1000円  (入学準備費5万円、授業料70万円、実験実習費・施設設備費他25万1000円※教科書・教材費等別途必要)
年限:3年制

福岡デザイン専門学校 総合デザイン科 視覚情報デザイン分野の学科の特長

総合デザイン科 視覚情報デザイン分野の学ぶ内容

グラフィック、企画・編集、webデザイン、パッケージ、イラスト・アート、映像メディア
1年次は基礎学習が中心です。的確な情報手段と、手法をデザインし、演出するための総合力と、6つの専攻ごとの基礎を実践型授業内容のもと、即戦力を養成。2年次にはプロデザイナーを講師に2専攻を徹底学習。将来に備えた「企業研修」にも積極的に参加します。専門技術をさらに高めるための4年制コースへの編入も可能です。

総合デザイン科 視覚情報デザイン分野のカリキュラム

1年次はデザイン基礎と、6専攻を同時学習。2年・3年次に本当にやりたい2つの専攻を学びます
1年次、デザインの基礎を徹底して学びます。デッサン、構成、カラー、バランス感覚や発想力、企画力、表現力、コンピュータ操作等の基礎に加えて、6つの専攻(仕事)を体験学習します。また、1年次であればコース変更も可能です。2年次からは、本当に自分に合った、やりたい専攻(仕事)を2つ選び、プロを目指し学習します。

総合デザイン科 視覚情報デザイン分野の学生

様々なコンペにおいて成果をあげています
■「JAGDA国際学生グランプリ2019」において前年度に引き続き、専門学校では入選作品数3年連続全国一と大きな快挙をあげました(審査員賞1名、入選9名)■「福岡スチューデントポスターコンテスト2019」本校の学生がグランプリ賞(1名)・優秀賞枠全て(4名)に入るという快挙です■「東京装画賞」学生部門において入選

総合デザイン科 視覚情報デザイン分野の卒業後

就職のサポートも万全です
個人面談や就職勉強会、様々な団体主催による企業合同説明会の参加やインターンシップ(企業研修制度)などにより、多くの学生が在学中に専門分野への就職が決まっています。

総合デザイン科 視覚情報デザイン分野の施設・設備

学内に大型出力プリンター、3Dプリンター、レーザーカッターも設置
学内の大型プリンターを使って、ポスターやパッケージなどのオリジナル作品も制作できますし、3Dプリンターやレーザーカッターの導入で、平面から3D立体までの作品表現が可能です。

総合デザイン科 視覚情報デザイン分野の奨学金

入学時、進級時のそれぞれに奨学金制度を設けています
◆特別優待生奨学金/135万円(3年間合計)◆特待生制度/高等学校長推薦者で特待生試験合格者には5万円または10万円を支給 ◆必ずもらえる奨学金「アドバンス奨学金」入学前より本校のオリジナルデザイン課題に取組む事でデザイン基礎力を養い、積極的に学ぶ方に対して奨学金を支給( A:10万円・B:5万円・C:3万円 )他

福岡デザイン専門学校 総合デザイン科のオープンキャンパスに行こう

福岡デザイン専門学校 総合デザイン科 視覚情報デザイン分野の学べる学問

福岡デザイン専門学校 総合デザイン科 視覚情報デザイン分野の目指せる仕事

福岡デザイン専門学校 総合デザイン科 視覚情報デザイン分野の資格 

総合デザイン科 視覚情報デザイン分野の目標とする資格

    • CGクリエイター検定 、
    • POP広告クリエイター技能審査試験 、
    • DTP検定 (II種) 、
    • Illustrator(R)クリエイター能力認定試験 、
    • Photoshop(R)クリエイター能力認定試験 、
    • Webクリエイター能力認定試験

    色彩士検定 ほか

福岡デザイン専門学校 総合デザイン科 視覚情報デザイン分野の就職率・卒業後の進路 

総合デザイン科 視覚情報デザイン分野の主な就職先/内定先

    モリサキ、ウインズコーポレーション、ハイフン、ナカムラグラフ、ノザイナー、INTEN、バルーン、ケセラセラ、彩、サンカクキカク、ワイズアップ、LC.池田事務所、ブランコ、九州コミュニティ研究所、スパークジャパン、ANTENNA、福博綜合印刷 ほか

※ 2019年3月卒業生実績

福岡デザイン専門学校 総合デザイン科 視覚情報デザイン分野の問い合わせ先・所在地・アクセス

〒810-0042 福岡市中央区赤坂1-10-10
0120-888-729

所在地 アクセス 地図・路線案内
福岡デザイン専門学校 : 福岡県福岡市中央区赤坂1-10-10 地下鉄「赤坂(福岡県)」駅下車 2番出口から徒歩 30秒
「西鉄福岡」駅から西鉄バス 「赤坂門」下車 10分

地図

 

路線案内

他の学部・学科・コース