• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 神戸医療福祉専門学校三田校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 三原 千佳さん(言語聴覚士科/言語聴覚士)

兵庫県認可/専修学校/厚生労働大臣指定/兵庫

コウベイリョウフクシセンモンガッコウサンダコウ

3年次の実習で関西リハビリテーション病院に。憧れの先輩に出会えたことがきっかけで入職を決めました。 

先輩の仕事紹介

コミュニケーションや食事は、人生を豊かにする。言語聴覚士の仕事に就けたことが幸せです!

言語聴覚士
言語聴覚士科/2015年3月卒
三原 千佳さん

この仕事の魅力・やりがい

高次機能障害や言葉の障害など、目に見えない部分をリハビリしていくこの仕事。飲み込みなど命に関わる部分もあり、責任も重大です。しかし、コミュニケーションすることや食べることは、人が幸せに生きるために必要なこと。そこに関わる仕事に就けたことがとても幸せです。私自身も「話すこと」「食べること」が好きだからこそ、目の前の患者さんに良くなってもらいたいと強く思います。訓練室が患者さんにとって“心の安らげる場所”になるよう、患者さんに合わせて接し方に気をつけたり、家族の方に気を配ります。お礼の言葉やお手紙を頂いたこともあり、「もっと頑張ろう!」と感動でいっぱいになりました。 

学校で学んだこと・学生時代

同じ志を持って皆と協力しながら学んだ4年間は、技術面はもちろん、人間性や人としての在り方といった部分でも学ぶことが多かったです。他職種と共同で学ぶ授業があったことも大きいですね。臨床に出ると、チームアプローチが重要視されます。理学療法士や作業療法士、義肢装具士の方たちと、どういった関わりをすべきかを、学生時代から体験することができました。また、実習時間が多かったことも糧になっています。実習自体は大変なこともありましたが、たくさん実習をして経験を積んでいる分、働き始めてすぐに即戦力になれたのではないかと思います。歴史のある学校なので、実習先や就職先に先輩方がいて、とても心強かったです。

卒業生オープンキャンパスで講師をしています。

これからかなえたい夢・目標

今はとにかく、まだまだがむしゃらに、目の前の一人ひとりの患者さんに良くなってもらえるように、日々の仕事に取り組みつつ、色々な勉強会や症例検討に参加していきたいです。また、患者さんにとって“心の安らげる場所”でありたい、訓練室をそういう場所にしたいという思いは、変わらず持ち続けたいです。言語聴覚士のリハビリは個室で行うので、どうしても構えてしまう方もいらっしゃいます。患者さん、そしてそのご家族の方と、症状のことだけではなく他愛のない話などもしながら、あたたかな関係を築いていきたいです。将来の夢としては、大好きな地元の徳島で、一人でも多くの高齢者の方たちを笑顔にしていきたいなと思っています。

「絵カード」を使って、ものの名前を言う・選ぶ訓練を行います。

三原 千佳さん

関西リハビリテーション病院/言語聴覚士科/2015年3月卒/高校時代に手話部に所属し、言語聴覚士という職業を知る。看護師である母の影響もあり医療関係の仕事に就きたいと思っていたことと、「話すこと」が好きだったことから、言語聴覚士を「天職」だと確信する。じっくり患者さんと関わることができる点にも魅力を感じたという。リハビリの知識や技術だけではなく、患者さんや他職種の職員との関係の築き方など、学校で学んだ多くのことを現在の仕事に活かしている。コミュニケーションや食事は人を幸せにし、人生を豊かにするという信念のもと、熱意と思いやりを持って言語聴覚士の道を歩んでいる。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

神戸医療福祉専門学校三田校(専修学校/兵庫)