• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 国公立大学
  • 北海道
  • 公立千歳科学技術大学
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 江本 智さん(理工学部 応用化学生物学科/技術・研究開発職)

公立大学/北海道

コウリツチトセカガクギジュツダイガク

図面通り正確に組み立てることが求められる仕事です

先輩の仕事紹介

研究生活で得た、多角的な視点でものごとを観察する姿勢が、いまの仕事に活きています

技術・研究開発職
総合光科学部バイオ・マテリアル学科(現・理工学部応用化学生物学科)を卒業後、同学大学院 光科学研究科 光科学専攻/2017年3月卒
江本 智さん

この仕事の魅力・やりがい

スマートフォンのメモリやプロジェクターなどで使用する半導体チップをつくるための装置を組み立てています。当社の装置は、1台数億円という装置も多く、お客様の要望に合わせた特注品。このため、単純な流れ作業ではなく、技術的な知識や経験が求められます。また、お客様の利用環境を想像し、扱いやすい構造になっているかなど考えながら組み立てることも必要です。お客様からの指摘や要望を次に活かせるよう、設計や技術など他部署と連携を取りながら仕事を進めるようにしています。入社当初は工具の使い方ひとつわからないような状況でしたが、徐々にこなせる作業の幅が広がり、仕事の効率が向上していくことにやりがいを感じます。

分野選びの視点・アドバイス

子どもの頃からものが動く仕組みや構造が気になり、機械を分解したり組み立てたりすることが好きでした。大学では物理を勉強するべく、理工学部へ。初めて当社を知ったのは、大学の実験で真空装置を使用したときでした。学生時代に装置を扱うなかで「この内部構造がどうなっているのか」と興味を持ち、応募しました。また、当社のお客様は私たちの身近にあるさまざまな製品の開発をしているメーカーであり、その最先端の製品を製造するうえで欠かせない技術を誇る会社であると感じ、入社を決めました。学生時代に装置を扱っていたとはいえ、実際に組み立てる作業はわからないことだらけでしたが、経験を積むことで理解が深まってきたと感じます。

他部署との情報共有も大切な業務です

学校で学んだこと・学生時代

学生時代は、環境への負荷を低減した人工的な機能性材料をつくるための研究を行っていました。また、優れた生物の体の構造や機能を模倣して、技術開発やものづくりに活かす研究にも携わっていました。これらの研究は、「物理」「化学」「生物」など特定の学問分野に限らず、あらゆる知識を応用して実験を進める必要があります。このため、さまざまな視点からものを考える姿勢が身につきました。北海道大学と企業との共同研究では、研究室を越えて多くの学生や企業の研究者と意見を交わし、刺激を受けました。現在、お客様のニーズに沿った製品を組み立てるうえで、学生時代に企業の視点を学べたことはとても役立っていると感じています。

お客様の工場に納品後、打ち合わせをすることも

江本 智さん

株式会社アルバック・電子機器事業部・製造部勤務/総合光科学部バイオ・マテリアル学科(現・理工学部応用化学生物学科)を卒業後、同学大学院 光科学研究科 光科学専攻/2017年3月卒/子どもの頃からものが動く仕組みや構造が気になっていたという江本さん。大学入学後、光技術に興味を持ち、光技術を応用したマイクロ・ナノサイズの構造体の作成というテーマで研究に励む。研究の息抜きには、広大なキャンパスでキャッチボールをしたりバーベキューをしたりしてリフレッシュしたそう。部活は弓道部に所属。そこで培った忍耐力や継続する力は就職活動でのアピール材料となった。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

先輩の仕事について学ぶ
公立千歳科学技術大学(公立大学/北海道)