• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 関西国際大学
  • 先生・教授一覧
  • 中尾 繁樹先生(教育学)

私立大学/兵庫

カンサイコクサイダイガク

先生・教授

脳科学や生理学も駆使して、子どもの支援教育を考える 先生

中尾 繁樹先生

教育学部  教育福祉学科

【教育学】
特別支援教育 ・発達心理学 ・脳科学

学級に何人かは身体障害や発達障害、また病気や虐待によって、他の生徒と同じように学ぶことが難しい子どもがいます。私の専門分野は、そんな子ども達の自立を助ける特別支援教育。机上の理論だけでなく、3500校を超える小・中学校を回って子ども達と向き合い、先生に教育法を指導してきた経験を基に、実践的に特別支援教育や発達心理学を教えています。また、もう一方の専門である感覚指導や運動指導を活かし、「0歳から100歳までのからだづくり」という取り組みや、数多くの有名アスリートに対して「体づくりと心ほぐし」の指導を行なっています。「体をうまく動かすことで、メンタルを整える」という点では、肢体不自由者もアスリートも同じ。体と心の関係を理解することで、正しい知識を備えた教員や保育士になってほしいと思っています。

学びを通し、一人ひとりの立場を理解できる人間愛に溢れた教員、保育士、福祉従事者の育成を目指します

授業・ゼミの雰囲気

「特別支援教育」=「障害児教育」ではない。数々の小・中学校を見てきた現場経験を活かした実践的授業

脳科学や生理学など多方面の知見を駆使しながら子ども達が抱える問題の原因を探り、解決法を教える中尾教授。学生には「目で見て、手で見て、心で見ろ」と教えている。知識を持ってしっかり観察し、対象の子どもと直接触れ合い、一人ひとりの個性を心で感じることの大切さが授業の根幹だ。教授の最近の研究テーマは「不器用な子どもたちの研究」。病気や障害だけでなく、他者との交流が「不器用」、自己表現することが「不器用」など、あらゆる子ども達の支援研究を通じて教員、保育士、福祉を目指す学生を指導している。

中尾教授の授業は、ビデオ教材やテキストまですべて手作り。ディスカッションを重視した授業を展開

キミへのメッセージ

『困っている』子ども達のために何ができるかを一緒に学び、考えよう。

病気や障害だけでなく、家庭環境や経済状況など様々な事情で困っている子ども達が世の中にたくさんいます。そんな子ども達のために、どんな支援ができるかを一緒に学び、「人に対して優しい教員」を目指しましょう。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。
関西国際大学(私立大学/兵庫)