• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 広島国際大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 総合リハビリテーション学部
  • 言語聴覚療法学専攻

私立大学/広島

ヒロシマコクサイダイガク

言語聴覚療法学専攻

定員数:
30人

言語聴覚障がいや摂食・嚥下障がいを深く理解し、医療・福祉の幅広い分野で活躍できる「言語聴覚士」を育成

学べる学問
  • 心理学

    科学的な手法によって、人の心をさぐる

    人の心や集団行動のメカニズム、動物の行動などを調査、統計、実験などの手法を使って解明する学問。意識や行動のメカニズムを探る文学部系とカウンセリングや臨床心理など実践的分野を扱う教育学部系がある。

  • 保育・児童学

    子供の成長や健康を研究し、保育、教育に役立てる

    子どもの心と体の発達を総合的にとらえ、成長によりよい教育や環境を考える学問。児童心理学、児童保健学、児童福祉学、児童教育学、児童環境学、児童文化学などの研究領域がある。

  • 福祉学

    人が安心して暮らせる社会の仕組みを考える

    講義、実習などを通して、児童、老人、障害者をはじめ、援助を必要としている人が安心して暮らせる社会制度や地域のあり方、援助法を考えていく学問。

  • 健康科学

    人々の健康増進・維持を実現するための理論と技術方を学ぶ

    人々の病気を予防し、健康増進と維持のための理論と方法を研究する。栄養・運動・リラクゼーションなどの分野のほか、福祉や介護関連の科目も学ぶ。

  • 医学

    理論と実践を通して病気の予防・治療法を研究する

    人間の命と健康を守るため、基礎医学、臨床医学、病院実習などを通してその知識と技術を学ぶ。

  • 保健・衛生学

    予防医学の視点から広く社会に貢献する

    実習、研修を積み重ねて、人々の健康保持・増進のためのノウハウを幅広く学ぶ学問。医学・生物学的な研究に、社会学、心理学、福祉学などの視点を加え、体系的に研究する。精神面のケアなど、研究領域は幅広い。

  • リハビリテーション学

    リハビリテーションの手法を研究し、専門家を養成する

    病気や怪我によって、弱まったり損なわれたりした体の機能を回復するための訓練や療法、援助法を研究する。作業療法、理学療法、言語聴覚療法などがある。

  • 医療技術学

    医療を支えるさまざまな技術を研究し、専門家を養成する

    医療を支える専門技術者を養成する。臨床検査や診療放射線、医療情報などがある。人工臓器の研究や新しい診断システムなど高度な医療技術の研究を行う大学もある。

目指せる仕事
  • 言語聴覚士

    「話す」「聞く」「食べる」に関するリハビリのスペシャリスト

    言語聴覚士は、1997年に国家資格となった比較的新しいリハビリテーション専門職です。脳卒中や事故の後遺症による障がい、生まれつきの障がいにより、「話す」「聞く(理解する)」「食べる」といった面に不自由さを抱えている人のリハビリテーション(リハビリ)を手助けするのが主な役割。言語聴覚障がいに加え、医学や歯科学、心理学にも精通したリハビリの専門家として、医療施設、高齢者介護・福祉施設、子どもの福祉・療育施設など、さまざまな分野で活躍しています。言語聴覚士として働くためには、まずは国家資格を取得するのが一般的。高校卒業後、大学や専門学校などの言語聴覚士養成施設で3年以上学ぶことで、国家試験の受験資格を得ることができます。合格率は60~70%台で推移しており、作業療法士などほかのリハビリ職種に比べると少し合格率が低くなっています。とはいえ、養成施設の卒業後すぐに受験をする新卒者の合格率は例年80%を超えていることから考えると、養成施設でのカリキュラムをしっかりこなし、卒業年次に受験することが合格への近道と言えるでしょう。

初年度納入金:2019年度納入金(参考) 177万円  (入学金25万円を含む。このほか、入学手続時に1万6000円程度の諸会費が必要です。)

学科の特長

学ぶ内容

少人数のゼミ形式の指導で高度な知識と技能を持つ言語聴覚士を育成
高齢者の増加により、食べ物や水分をうまく飲み込めなくなる「嚥下(えんげ)障がい」の方も増えており、言語聴覚士のニーズは高まっています。本専攻では、入学後すぐに解剖学や脳神経学などの基礎医学系の講義を受講します。この基礎知識をもとに専門分野への理解を深め、実習を通して臨床の実際を実践的に学びます。

授業

チームの連携を理解し、コミュニケーションを深める「専門職連携教育(IPE)」
全学部・学科を横断し、それぞれの専門知識を持ち寄ってグループ学修に取り組みます。チーム医療・チームケアを行う上で互いの役割を理解し、患者・施設利用者のためにどう連携すべきか各自が担うべき仕事を考え、知識を伝え合うことでコミュニケーション能力を醸成。現場を意識しながら、各領域の専門職の連携を学びます。

実習

2年次から始まる学外実習。学内で学んだ知識・技術・資質を臨床に結びつける
2年次に取り組む「臨床見学実習」では、臨床を体験し医療関連専門職としての自覚と倫理観を身につけます。3年次の「臨床評価実習」では、実際に対象者の検査・評価を行い、問題点を抽出する能力を養成。4年次に6週間にわたり取り組む「総合臨床実習」では対象者に応じて基本的な言語聴覚療法を実施できる能力を養います。

資格

高い言語聴覚士国家試験合格率
2017年度の言語聴覚士国家試験合格率は、96.4%(合格者27名、全国平均79.3%)。きめ細かな国家試験対策により、高い合格率を実現しています。

施設・設備

最新の充実した設備でリアルな授業を実施
声紋から母音や子音の誤った発音の解析などを行える音声系実習室をはじめ、脳波で聞こえを測定する機器を用いた検査法などを学べる聴覚系実習室、嚥下機能検査のための設備が揃った嚥下系実習室などを完備。言語治療の様子をマジックミラー越しに観察する「プレイルーム」・「防音室」など、充実した設備を用意しています。

学べる学問

目指せる仕事

資格 

受験資格が得られる資格

  • 言語聴覚士<国>

就職率・卒業後の進路 

就職率/内定率 100 %

( 就職者27名 )

主な就職先/内定先

    国立病院機構中国四国グループ、大谷リハビリテーション病院 、 中国労災病院、江津総合病院、岡山大学病院 、 徳山リハビリテーション病院、松山リハビリテーション病院 、 小倉リハビリテーション病院、京都大原記念病院 ほか

※ 2018年3月卒業生実績

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒739-2695 広島県東広島市黒瀬学園台555-36
TEL:0823-70-4500 入試センター(東広島キャンパス)
E-mail:HIU.Nyushi@josho.ac.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
東広島キャンパス : 広島県東広島市黒瀬学園台555-36 JR山陽本線「西条」駅から「広島国際大学」行きJRバス 40分
JR呉線「矢野」駅から広電バス 「熊野営業所」経由 40分
JR呉線「広」駅からJRバス 35分

地図

 

路線案内


広島国際大学(私立大学/広島)

この学校へ資料請求した人が資料請求をしている学校の募集学部・学科・コース一覧を見る