• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 岩手
  • 盛岡医療福祉スポーツ専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 安保 咲希さん(こども福祉学科/保育士)

子どもたちの成長を目の前で見て感じることができます

先輩の仕事紹介

子どもと関わることに幸せを感じ、仕事にしたい!と思ったのが原点です

保育士
保育福祉学科(現:こども福祉学科) 卒/2014年3月卒
安保 咲希さん

この仕事や研究の魅力・やりがい

保育士として認定こども園で1歳児クラスの子どもたちを保育しています。初めて年長児クラスの担任を受け持った時、日々の行事や子どもたちとの関わりに苦労しました。その中で「先生大好き」「先生とずっと一緒にいたい」と子どもたちから言われたり「先生が担任でよかった」「安心して任せられます」などと保護者の方々からも声をかけて頂けたときは本当に嬉しいものがありました。卒園式では感動で胸が詰まる思いになった事を今でも忘れません。運動会や発表会、子どもたちの成長を感じられた時には大変だったこともすべて吹き飛んでしまいます!毎日、子どもたちひとりひとりの思いや考えを受け止めながら保育をしています。

分野選びの視点・アドバイス

保育はただ子どもたちと遊ぶだけではありません。子どもたちの安全を第一に考え、思いや考えを汲み取り伝え、教えることができる人物が求められます。また、臨機応変に動ける対応力やコミュニケーション能力も求められます。私が専門学校を選ぶ時には、各学校が集まり、話を聞く事ができる説明会で積極的に質問をして理解を深めることはもちろん、授業内容の他にも取得できる資格を確認したり、自分の将来についてあらためて見直すことで進路を決めることができました。オープンキャンパスなどに参加して実際に話を聞くこともおすすめします。入学後のキャンパスライフのイメージが湧いてくるか考えて学校を選ぶことが大切です。

子どもの表情を見ながら大好きな絵本の読み聞かせ

学校で学んだこと・学生時代

盛岡医療福祉スポーツ専門学校在学中に行われた現場実習では、実際の現場で学べる事をチャンスだと捉え、積極的に知識や表現力を学ぶように努めました。実際に保育園の担任の先生と同じ動きをする責任実習の際には課題が多く出て大変でしたが、自分の考えた制作や運動遊びを行い、何よりも達成感ややりがいを感じることができました。基礎をきちんと学ぶことができたため卒業後は即戦力として活躍することもできました。学校内の雰囲気はとても良好で、当時の同級生とは悩みがあれば今でも相談することもあり、互いに高め合いながら働いています。そして、同じ職種を目指して頑張った親友とは一生の関係を築くことができました。

授業や実習で得た知識は実際の現場で活きています

安保 咲希さん

認定こども園のぞみこども園 勤務/保育福祉学科(現:こども福祉学科) 卒/2014年3月卒/幼稚園に通っていた頃優しい担任の先生に憧れ、幼い頃から子どもと触れ合うことが好きだったこともあり保育士をめざすようになった安保さん。卒業後は若手でも担任をもち、主となって経験を積むことができる「認定こども園のぞみこども園」に就職。「保育士の仕事で心がけているのは、子どもたちの成長を見守ると共にこれからの人格形成にも影響する大事な時期を育てていく必要があるため、深い思考力を持ち背景まで含め物事を捉えるようにしています。今後はまだ受け持ったことのないクラスを担当し、さらに保育士としての学びを深めていきたいです」と語る。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

盛岡医療福祉スポーツ専門学校(専修学校/岩手)
RECRUIT