• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 東京
  • 織田製菓専門学校
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 製菓学科
  • コンフェクション1年制コース

東京都認可/専修学校/東京

オダセイカセンモンガッコウ

コンフェクション1年制コース

定員数:
40人

早く社会で活躍したい人に。短期間で集中的に洋菓子の技術を身につけます。

学べる学問
  • コミュニケーション学

    人と人との関係性を、コミュニケーションという切り口で研究する

    現代社会のコミュニケ―ションをさまざまな角度から考える学問。異文化理解・国際交流・情報発信に欠かせない多用なコミュニケーション様式を研究する。

  • 栄養・食物学

    栄養と食についてさまざまな角度から研究する

    食べ物をテーマに、調査、実習、実験などで多角的な研究をする学問。栄養学は料理法や栄養について、食物学は食品を実習を通して総合的に学ぶ。

目指せる仕事
  • 和菓子職人

    和菓子作りの達人。繊細な和の世界観・季節感を菓子に表現

    和菓子職人は和菓子を専門に手がける菓子職人です。和菓子は歴史ある日本の伝統的なお菓子であり、和菓子職人はわび・さび、季節感など、“日本ならでは”を表現することを大切にしています。蒸す・焼く・練るといった技法をベースに、自然の美しさや芸術性を自らの感性で感じ取り、小さな菓子に表現します。資格や免許が必要な職種ではありませんが、一人前になるまで時間と努力を要します。和菓子職人になるには製菓専門学校で和菓子独特の技術を学び、和菓子店や和菓子メーカーに就職するのが一般的ですが、和菓子屋の門を叩き、弟子として下積みから和菓子職人を目指している人もいます。世界中で和食ブームの今、和菓子への注目も高まっており、和菓子職人が世界で活躍することも夢ではありません。

  • パン職人

    食卓に驚きを。人々の笑顔を引き出す、理想のパン作りを追求

    パン職人は美味しいパンをつくるプロフェッショナル。パンは老若男女問わず広く愛され、今や日本人の生活に深く浸透しています。スーパーやコンビニでも購入することができますが、パン屋さんのパンはやはり特別。焼きたてのパンを求めるお客さまのため、朝早くからお店をオープンさせます。パン職人になるのに必要な免許や資格、問われる学歴はありません。自分で店を開きたいなら「菓子製造業許可」や「飲食店営業許可」を取得すればOKです。ただし、美味しいパンが焼けるようになるにはコツがいりますので、製菓・調理専門学校に通うほか、パン屋で働くなどして、プロの技から学ぶ必要があります。

  • パティシエ(洋菓子職人)

    洋菓子店やレストランの洋菓子専門シェフ

    洋菓子だけを専門につくるシェフ。ケーキ、ムース、ババロア、クッキーなど洋菓子とひと言で片付けられないほど、幅広いメニューをつくり出す。店舗でお菓子作りをするだけでなく各種コンテストに出場したり、講習会の講師としても活躍するケースがある。

  • 食品技術者・研究者

    食材や食品、生産設備など、「食」に関するさまざまな技術・知識を追究する

    食品会社などで、新しい食品の開発をしたり、食品の生産・管理を行ったりするのが食品技術者。製造工程のチェックや品質検査、衛生検査、現場の監督者への技術指導などの作業管理なども行う。食品研究者は、食品会社の研究所や大学、研究機関などで新しい食材や食品の研究などを行う。遺伝子組み換えなどバイオ技術を活用した新しい食材の研究開発をはじめ、製造技術そのものの研究など、「食」に関わる様々な分野を専門的に追究する。栄養、食品、工業、化学、農業、水産業など、さまざまな分野からのアプローチが可能だ。

  • ショコラティエ

    チョコレートを専門に扱う洋菓子職人

    ショコラティエ(Chocolatier:フランス語)とは、チョコレートを使ったデザートやケーキを作る洋菓子職人のことです。チョコレートは品質管理や加工が難しい食材です。そのため、ショコラティエには、チョコレートをやわらかくしたり、型に入れて固めたり、チョコレートで装飾したりといった加工技術に加えて、製菓に必要な素材に関する知識が必要とされます。また、創作したチョコレート菓子などを商品として売り出すときは、見た目の美しさも重要になるため、優れたデザインセンスも欠かせません。一人前のショコラティエになるには、洋菓子店やレストランなどに勤務しながら知識や技術を磨き、やがてチョコレート部門の仕事を任されるようになるのが一般的です。

  • 料理人

    和・洋・中などのレストランで調理や新メニュー開発を担当する職人

    レストランやホテルなどの厨房で調理を担当。和食、洋食、イタリア料理、フランス料理、中華料理、懐石料理など料理の分野はいろいろあり、それぞれに専門的な技術を磨いた料理人が活躍している。おいしい料理を作ることはもちろん大切だが、プロとして、毎日その店の味を安定して再現できる技術や調理のスピードも求められる。また、新メニューの開発も料理人の仕事の一つ。そのため、料理への探求心や発想力も必要とされる。飲食店だけでなく、結婚披露宴などの調理で活躍する人も。

  • 食品製造

    食品メーカーなどの工場で安全・衛生に配慮しながら食品を加工・製造

    食品メーカーなどの工場で食品の製造や加工を担当する仕事。大量生産する工場では生産ラインが設けられ、食材の洗浄、下処理、加工、調理、包装などの工程ごとに細かく分業されている。機械化が進んでいる工場では機器の操作が中心となることも多いが、食品の種類や工場の規模によっては手作業が大切になることも。そのため、工場で活躍している調理師やパン職人、パティシエなども少なくない。作業の正確さはもちろん、衛生面の配慮も求められる仕事だ。

初年度納入金:2020年度納入金 148万円  (その他学習用品購入費約9万円が別途必要)
年限:1年制

学科の特長

学ぶ内容

基礎からプロとして通用する技術まで、現場で活躍するパティシエが直接指導
短期間で現場で通用するプロの技術と心を身につけられるよう、カリキュラムは実習がメイン。現役で活躍するプロのパティシエの指導の下、洋菓子の基礎をしっかり身につけ、実践的に力を養う

授業

多彩な授業で幅の広い技術を持ったパティシエをめざす
現役パティシエの講師からプロの技と心を学び取る「洋菓子実習」、小麦粉や卵など材料の特性を知り、それがお菓子作りにどう活かされているかを学ぶ「材料学」、お菓子を引き立てるテーブルセッティングやラッピングなどを学ぶ「ラッピング・カラーコーディネート」など多彩な授業で実力を養う

卒業生

学生時代も今も、原点は「好き」という思い(野上 桂さん)
(株)エーデルワイスが経営する洋菓子店“ヴィタメール”で販売される焼き菓子・生菓子の製造をしています。お菓子作りは体力がいる仕事で、時には腰や腕が痛くなったりもしますが、「好き」という思いがあるからやはり楽しいです。織田の良いところは、実習が少人数でできること。技術が鍛えられました

卒業後

学生一人ひとりの希望を叶えられるよう、充実の就職サポートを用意
1年後の就職を見据え、早い段階からの就職セミナーやマーケティングが充実。マーケティングで情報を集めることで、学生は自分の希望する進路を明確にしぼりこんだ就職活動が可能。また、履歴書の書き方から面接の受け方、電話のマナーなど就職に関するさまざまな対策を通して、就職活動に備えることができる

制度

奨学金や分納・延納など、学生バックアップ制度も充実
独立行政法人 日本学生支援機構をはじめとする各種奨学金利用のフォローの他、奨学金の給付時期等に合わせた学費分納・延納制度も用意し、多くの学生が利用している。男子学生には提携の学生会館や不動産業者を紹介している。また、修了時の2年制コースへの編入も認められている

オープンキャンパスに行こう

学べる学問

目指せる仕事

資格 

取得できる資格

  • 食品衛生責任者

受験資格が得られる資格

  • 製菓衛生師<国> (実務経験2年)

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒164-0001 東京都中野区中野5-32-8(入学相談課)
TEL03-3228-2111(代表)
info@oda.ac.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
東京都中野区中野5-30-1 「中野(東京都)」駅から北口を出て徒歩 5分

地図

 

路線案内


織田製菓専門学校(専修学校/東京)

この学校へ資料請求した人が資料請求をしている学校の募集学部・学科・コース一覧を見る