• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 東京
  • 織田製菓専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 佐藤 榛香さん(製菓学科 コンフェクション2年制コース/パティシエ(洋菓子職人))

子どもの頃からあこがれていたパティシエになる夢を、今叶えました!

先輩の仕事紹介

私たちが作ったオリジナル・ウェディングケーキが、ご婚礼に花を添える。

パティシエ(洋菓子職人)
製菓学科 コンフェクション2年制コース/2017年
佐藤 榛香さん

この仕事の魅力・やりがい

ホテルのパティシエとして、ウェディングケーキやご婚礼用の皿盛りデザート、ショーケース用のケーキ等の製造を担当しています。なかでも最も達成感があるのがウェディングケーキの製造です。オーダーメイドのウェディングケーキを手掛ける当ホテルでは、私たちパティシエがお客さまと直接お打ち合わせをして、思い描くイメージを一つひとつ引き出しながらデザイン化することからケーキ作りが始まります。さらにケーキとして仕上げるまでには、パティシエとしての高度な技術力も欠かせません。こうした末に完成した「世界に一つだけ」のウェディングケーキを前に、お客さまが満面の笑みで喜ばれる姿をみる時ほど、嬉しいことはありませんね。

学校で学んだこと・学生時代

思い出深い授業の一つが学内併設のショップ「パティスリー・オダ」での製造販売実習です。中高生の頃にテレビ番組の特集で、学生が製造した商品が並ぶこのショップのことを知りました。私も焼き菓子を買い求め、ひとくち口にして「本当に学生が作ったモノなのか!?」と、クオリティの高さに心から驚きましたね。それだけに自分が織田の学生として「高品質の商品」を作る立場となった時は、とても緊張しました。オープン時間はもちろん厳守。さらにすべての製品の均一さや正確さ、ラッピングの丁寧さを徹底する。パティシエとなった今では当たり前となったこれらも、当時はここまで責任が伴うものかと、毎回気を引き締めて実習に臨んでいました。

学生時代の実習の記録「レシピブック」は、今も菓子作りのバイブルとして欠かせません。

これからかなえたい夢・目標

入社後2年間が過ぎるのは早かったです。学生時代に先生方から伺っていた通り、プロの現場はやはりハードでした。技術面ではナッペに少し自信はあったものの、巧みなパイピングの技術を持つ同期に刺激を受け、負けてはいられないと1年目はひたすら自主練習に励みました。大変でしたが、あたたかく見守ってくださる上司や、丁寧にご指導くださる先輩方がいたことで、壁を乗り越えられたのだと思います。そしてこの1年目があったからこそ、技術力に自信がつき、今は後輩たちを指導するまでに成長できました。最近ではメニューの考案も担当しています。さらに貪欲に、今後もパティシエとしての成長をめざしていきたいです。

先輩パティシエとして、後輩たちの育成も担当しています。

佐藤 榛香さん

東京ベイ舞浜ホテル ファーストリゾート/製菓学科 コンフェクション2年制コース/2017年/高校1年から3年まで、織田製菓専門学校のオープンキャンパスに毎年通っていたという佐藤さん。織田の学びの魅力を聞くと、「実習の講師を務めるのは、業界で活躍するパティシエの方々です。そんなすごい先生方の技を間近に見ながら学んだ2年間は貴重な経験であり、本当に充実していました」と語ります。さらに実習の先生方から現場の話や具体的なアドバイスをいただいたことが、就職活動でも活きたそうです。「この時は心から、織田で学んでいて本当によかったと思いましたね」

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

先輩の仕事について学ぶ
織田製菓専門学校(専修学校/東京)