• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 神奈川
  • 茅ヶ崎リハビリテーション専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 紀 隆春さん(作業療法学科/作業療法士)

患者様の細かな悩みもフォローするよう心がけています

先輩の仕事紹介

患者様に寄り添える作業療法士として、一人ひとりに適したリハビリを提供しています

作業療法士
作業療法学科/2015年卒
紀 隆春さん

この仕事や研究の魅力・やりがい

脳梗塞や内臓系の疾患により、身体の麻痺やしびれなどで生活が困難になった患者様へ、作業療法を通じて日常へ戻るためのサポートを行っています。現在担当しているのは、急性期病棟から回復期リハビリ病棟へ移ってこられた患者様です。リハビリ前の面談では、身体の状態や現状で困っていることを丁寧にヒアリングします。その際には、患者様やご家族の方とリハビリの到達目標を一緒に決めるなど、気持ちやニーズに寄り添ったコミュニケーションを心がけています。一緒に訓練に取り組んだ結果、心身の状態が改善され、一度無くしてしまった自信を患者様が取り戻していただけた時にはとてもやりがいを感じます。

分野選びの視点・アドバイス

高校では福祉分野を学んでいて、「人のために貢献できる仕事」を目標にしていました。進路で迷っていたときに、当時の先生から教えていただいたのが作業療法士の仕事です。患者様の身体と心のケアにより、日常生活へ復帰する後押しができるところに惹かれました。学生時代から現在まで、環境に恵まれていると感じるのは、一人で困っていると必ず先輩や先生が声をかけてくれたこと。これらの経験は、そのまま作業療法士の取り組みにも活かせていると思います。現在の部署に母校の学生が実習に来た際には、今度は私が後輩をサポートする番だと思い、今まで教えていただいた内容を自分なりに伝えるよう努めています。

患者様の状態は様々なので、親身になって向き合います

学校で学んだこと・学生時代

学校では、作業療法士に必要な知識や技術だけではなく、患者様と接する心構えを学びました。臨床実習では、座学や実技練習で学んだことが医療現場で行われている面白さを感じた反面、現実には教科書の事例ではわからないような症状もたくさんあり、この仕事の奥深さを感じることができました。はじめての現場でつまづいてしまったこともありましたが、学校に戻った時に先生方から「もう少しこの分野を復習するといいよ」と具体的なフォローを受けることで、経験を成長に繋げることができたのが嬉しかったです。そこからはさらにモチベーションが上がり、作業療法士としての責任感も芽生えたことを覚えています。

お世話になった先生。今でもアドバイスをいただきます

紀 隆春さん

ふれあい東戸塚ホスピタル勤務/作業療法学科/2015年卒/作業療法士として活躍している紀さんは勤続6年目。「ふれあい東戸塚ホスピタルを選んだのは、学生時代の臨床実習で訪れた際に、職場が雰囲気が良く、患者様に寄り添える作業療法士を目指していた私に合っている環境だと感じたからです。実習で指導してくださった先輩の作業療法によって、患者様の状態が改善され、心身ともに快方へ向かっているところを間近で見たのが印象的でした。病院に勤務した初めのうちは、患者様とのコミュニケーションで難しさを感じることもありましたが、先輩方のアドバイスのおかげで徐々に感覚が身につけられたのが嬉しかったです。」とお話していただきました。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

茅ヶ崎リハビリテーション専門学校(専修学校/神奈川)
RECRUIT