• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 神奈川
  • 茅ヶ崎リハビリテーション専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 星 知輝さん(理学療法学科/理学療法士)

患者様の状態を細かく分析してリハビリ目標を設定中。

先輩の仕事紹介

患者様の「人生を支える」理学療法士として、日々訪問リハビリを行っています

理学療法士
理学療法学科/2015年卒
星 知輝さん

この仕事や研究の魅力・やりがい

病気やケガで身体を動かすことが困難になった患者様を、リハビリを通じて日常生活へ戻れるようサポートするのが主な仕事です。理学療法士は他の専門職種と違い、自分の「知識」と「体」を使って患者様と共に動作訓練を行うところに特長があります。特に、現在担当している訪問リハビリは、機器が揃っている病院内とは異なり、患者様の実際の生活状況に応じたサポートが必要になるため大変なこともありますが、無事にリハビリを終えた際に直接感謝の言葉をもらえる嬉しさの方が大きいかもしれません。患者様の人生そのものを支えられるとてもやりがいのある仕事ですね。

この分野・仕事を選んだきっかけ

サッカー部の頃に、全治10ヶ月におよぶ大きなケガを経験しました。リハビリのために長い間理学療法士の方にお世話になったことがきっかけになり、この分野へ進もうと思いました。また、小さい頃から自分の祖父母と接するのが好きだったため、病気やケガで辛い思いをされている高齢者の方々や、スポーツをする学生をサポートしたいと思ったことも動機の一つです。学校の臨床実習ではグループ内の施設へ配属になるため、インターンシップのようにいくつかの現場を実際に経験することができます。そこでも自分の理学療法士としての将来像をより明確にできました。

症状は人それぞれ。責任とやりがいのある仕事です。

学校で学んだこと・学生時代

学校の座学では筋肉や骨などの体の構造や、寝ている状態から歩きだすまでの一連の動作を学ぶのが楽しかったです。その後は実技練習や、病院での臨地実習へと徐々にステップアップしていきました。初めて身体に触れる時はとても緊張しましたが、経験豊富な先生方の親身になった指導のおかげでなんとか乗り切れました。理学療法士としてグループ内の病院で勤務を始めてからも、講師を務めてくださった先輩方と一緒に働くことができるのでとても心強いです。また、患者様から学ぶ部分もとても多いですね。たとえば、高齢者の方の声をきちんと聞く「コミュニケーション能力」が身についてからは、相手に対する思いやりの心が強くなっていきました。

病院内は、みんなが一つのチームとして働いています。

星 知輝さん

湘南東部総合病院勤務/理学療法学科/2015年卒/勤続6年目。学校卒業後、湘南東部総合病院で理学療法士として働くかたわら、理学療法の学びを深めるために湘南医療大学大学院へ進学。2021年修了予定。現在院内では、理学療法士として退院後の患者宅を訪問するリハビリ業務に携わっている。「1日に巡回するのは5名ほど。患者様の実際の生活環境の中で、症状や状況に合わせたケアを行っています。トイレやお風呂に入る動作だけではなく、スーパーでの買い物もスムーズにできるためのリハビリとして同行することもあります。ご高齢の患者様からは豊富な人生経験をお聞きする機会もあり、毎日とても楽しく取り組めています。」と語る。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

茅ヶ崎リハビリテーション専門学校(専修学校/神奈川)