• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • アール医療福祉専門学校
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 作業療法学科

茨城県認可/専修学校/厚生労働大臣指定/茨城

アールイリョウフクシセンモンガッコウ

作業療法学科

定員数:
40人

地域リハビリテーションに貢献し、さまざまな患者様のニーズに応える作業療法士を育てます

学べる学問
  • 社会学

    あらゆる社会現象を科学的に分析する

    社会と人間をテーマに社会現象を多面的に研究。研究対象は個人から国家レベルまで。扱う領域も、社会階級、環境問題、いじめなど幅広い。

  • コミュニケーション学

    人と人との関係性を、コミュニケーションという切り口で研究する

    現代社会のコミュニケ―ションをさまざまな角度から考える学問。異文化理解・国際交流・情報発信に欠かせない多用なコミュニケーション様式を研究する。

  • 心理学

    科学的な手法によって、人の心をさぐる

    人の心や集団行動のメカニズム、動物の行動などを調査、統計、実験などの手法を使って解明する学問。意識や行動のメカニズムを探る文学部系とカウンセリングや臨床心理など実践的分野を扱う教育学部系がある。

  • 人間科学

    「人間とは何か」について幅広い視点で研究する

    哲学、心理学、歴史学、文化人類学、社会学、法学、そして生命科学や人類学、人工知能など、文系・理系両分野を通して多角的に、あるいは総合的に人間について考える。

  • スポーツ学

    広い視点からスポーツを捉え、社会との関わりを研究

    スポーツそのもの及び人間の心身の発達を科学的に分析し、そのメカニズムを探ることにより、トレーニングに役立てたり、健康管理などに応用する。

  • 健康科学

    人々の健康増進・維持を実現するための理論と技術方を学ぶ

    人々の病気を予防し、健康増進と維持のための理論と方法を研究する。栄養・運動・リラクゼーションなどの分野のほか、福祉や介護関連の科目も学ぶ。

  • 医学

    理論と実践を通して病気の予防・治療法を研究する

    人間の命と健康を守るため、基礎医学、臨床医学、病院実習などを通してその知識と技術を学ぶ。

  • 保健・衛生学

    予防医学の視点から広く社会に貢献する

    実習、研修を積み重ねて、人々の健康保持・増進のためのノウハウを幅広く学ぶ学問。医学・生物学的な研究に、社会学、心理学、福祉学などの視点を加え、体系的に研究する。精神面のケアなど、研究領域は幅広い。

  • リハビリテーション学

    リハビリテーションの手法を研究し、専門家を養成する

    病気や怪我によって、弱まったり損なわれたりした体の機能を回復するための訓練や療法、援助法を研究する。作業療法、理学療法、言語聴覚療法などがある。

  • 医療技術学

    医療を支えるさまざまな技術を研究し、専門家を養成する

    医療を支える専門技術者を養成する。臨床検査や診療放射線、医療情報などがある。人工臓器の研究や新しい診断システムなど高度な医療技術の研究を行う大学もある。

目指せる仕事
  • 児童指導員

    保護者の代わりに子どもを養育し、自立を支援する専門職

    児童指導員とは、何らかの事情で保護者からの養育を受けることが困難になった0から18歳の子どもたちを、公的責任の下で保護者に代わり保護・養育するという、責任ある仕事です。子ども一人ひとりに寄り添いながら成長を24時間体制でサポートし、自立のための援助も行います。社会状況の変化により、子どもたちが抱えている問題が多様化しているため、保育に関する知識はもちろん、心理学や医学的な幅広い知識をもつことが求められています。

  • 介護福祉士

    入浴・食事の世話など、生活面の介護や指導を行う

    介護や福祉の専門的知識や技術を身につけ、身体や精神機能が低下し日常の生活を送るのに支障がある人に、食事や排泄、入浴や外出、身辺の整理整頓などの生活上の介護をする。さらに家族への介護指導も重要な仕事だ。

  • 心理カウンセラー

    心のケアが必要な悩みを抱えた人の精神的自立を助ける

    ストレス社会の現代、さまざまな悩みを抱え、社会的適応不全を起こして苦しんでいる人たちが数多くいる。そんな人たちの心をいやすため、心理学的な知識や技能を用いて、その回復や解決の手助けをする。相談の内容や対象者によってもいろいろなカウンセリングの方法がある。

  • 作業療法士

    さまざまな作業を通して、高齢者や障がい者の社会適応力を育てる“リハビリの専門家”

    工芸、手芸、園芸、絵画、玩具操作などの作業技法を使って、病後や障害の機能回復や日常生活動作の維持や改善を図る仕事。生活場面での応用的な動作能力にとどまらず、精神的・心理的な安定を目的としているところが、理学療法士と違うところ。また、作業療法は職業準備訓練という目標をもつ。

  • 理学療法士

    運動やトレーニングで機能回復を目指す『リハビリの専門家』

    運動を主体とした治療や訓練を行い、病後や障害の機能回復と日常生活動作などの維持や改善を図る仕事。運動療法、物理療法、日常生活動作訓練、義手や義足・車椅子などの装具に関する訓練をする。対象疾患は、中枢性疾患、整形疾患、脳性まひ、内部疾患など、小児から高齢者まで幅広い。

  • 義肢装具士

    全国にたった5000人。義手・義足づくりの専門家

    義肢装具士は、病気や事故で手足を失った人や身体に障がいがある人のために、人工の手足や補助道具を製作する専門家です。義肢装具を製作するための専門知識や技術だけでなく、医学やリハビリテーションに関する知識、コミュニケーション能力も磨き続けることが必要な仕事です。義肢装具士になるには、専門の養成施設で学び、国家資格を取得しなければなりません。義肢装具士の養成施設は全国にわずか10校のみ(2017年5月現在)となっています。資格保有者も約5000名とまだまだ発展途上の業界ですが、義肢装具の技術発展は著しく、それらを扱うことのできる高度な知識をもった義肢装具士の需要は増加しています。海外やスポーツの現場など、活躍のフィールドも年々広がりつつあります。

初年度納入金:2018年度納入金 150万円  (教材費等別途。「人間総合科学大学 人間科学部人間科学科 通信教育課程」との併修制度利用者は費用別途)
年限:4年制

学科の特長

学ぶ内容

卒業後を視野に入れ「地域リハビリテーション」・「チーム医療」に重点をおいたカリキュラム
作業療法学科では、地域リハビリテーションの現場を通じた実習を多く取り入れています。市町村から委託される介護予防事業や小児キャンプなど、単に患者様の心身機能の回復のみならず、社会復帰に必要な自立支援や意思を引き出す方法を学びます。また、他職種と連携して患者様に貢献する「チーム医療」を学びます。

実習

1000時間を超える臨床実習で実践力を磨き、「社会人基礎力」と「豊かな人間性」を身につけます
本校ではカリキュラムの約25%(1000時間)を超える臨床実習教育を病院や施設の協力を得て行っています。実習では特に患者様の生活を向上させる視点を科学的、専門的に習得するとともに、医療専門職としての自覚や態度を学びます。また「社会人基礎力」の向上にも力を入れており、4年間で知識・技術・人間性を深めます。

学生

  • point キャンパスライフレポート

    学年の壁を越えて仲良しに。先輩からのアドバイスは心強いです!

    病院で祖父のリハビリを見て、リハビリにもいろいろな種類があることに興味をもちました。アールを選んだのは、実習時間が豊富で、現場で多くの症例を学べると思ったからです。国家試験合格率の高さも魅力でした。

    アール医療福祉専門学校の学生

卒業生

県内の医療機関・福祉施設などでたくさんの卒業生が活躍しています!
長い歴史と伝統の中で、医療業界に数多くの卒業生を輩出しており、業界との太いパイプが作られ、県内の病院・施設へ安定した就職を実現しています。また離職率も低く、各方面でリーダーとして活躍している卒業生も多数。卒業後も定期的に各分野の最新技術を学ぶ機会を多く設け、現場での対応力をあげていきます。
  • point 先輩の仕事紹介

    病院でのリハビリだけでなく、地域に出て病気を予防する指導をしていきたいです

    病気やけがが原因で、今まで当たり前だった生活が送れずに辛い思いをしている患者様を、一日も早く元の生活に戻してあげる。それが作業療法士の仕事です。患者様の希望や思いを尊重して、どういう風にリハビリを進めるか探っていきます。以前勤務していた病院では、訪問リハビリを行っていました。私が…

    アール医療福祉専門学校の卒業生

卒業後

WFOT(世界作業療法士連盟)認定校で、国際的教育水準をクリアしています
本校の作業療法学科は、WFOT認定校です。臨床実習に重点を置いた国際的水準を満たすカリキュラムで、高度な技術と人間性を養います。さまざまな病気やけが、予防に柔軟に対応し、潜在能力を引き出す実践力を身につけることができます。卒業後は、病院、老人保健施設、訪問リハビリなど幅広い分野で活躍が期待されています。

資格

「作業療法士国家試験」の合格に向けた特別対策授業で強力にバックアップ!
作業療法学科では、卒業と同時に「作業療法士国家試験」の受験資格を取得できます。国家試験突破に向けた特別対策授業を低学年次よりスタートし、実技を含めた専門技術の向上を積極的にサポートします。さらに卒業すると高度専門士として大学院受験資格が得られ、大学院への進学の道も開けています。

施設・設備

最新設備・実習室で、臨床現場で求められる技術を磨きます。福祉機器コンテストで受賞も!
日常動作訓練室や木工・金工・陶工室など、さまざまな実習室・実習器具を完備。福祉用具作成の授業では、現場の声を取り入れ、個々の症例にあわせた福祉機器の作成技法を学びます。2007年には「日本リハビリテーション工学協会福祉機器コンテスト」学生部門で最優秀賞を、2017年には優秀賞を獲得しています。

学べる学問

目指せる仕事

資格 

受験資格が得られる資格

  • 作業療法士<国>

就職率・卒業後の進路 

主な就職先/内定先

    茨城西南医療センター病院 、 茨城福祉医療センター 、 高萩協同病院 、 立川記念病院 、 筑波メディカルセンター病院 、 水戸協同病院 ほか

※ 2017年3月卒業生実績

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒300-0032茨城県土浦市湖北2-10-35
TEL:029-824-7611
gakkou@tib-r.co.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
茨城県土浦市湖北2-10-35 JR常磐線「土浦」駅から東口を出て徒歩 12分

地図

 

路線案内

他の学部・学科・コース

アール医療福祉専門学校(専修学校/茨城)