• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 茨城
  • アール医療福祉専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • S.Yさん(介護福祉学科/介護福祉士)

先輩の仕事紹介

利用者様との何気ないコミュニケーションに、かけがえのない喜びを感じています!

介護福祉士
介護福祉学科/2018年卒
S.Yさん

この仕事の魅力・やりがい

現在は「自立支援」といって、病院を退院されて当施設に移られてきた利用者様が、ご自宅での生活に戻ることを目指して、様々な面でサポートする仕事をしています。この仕事の最大の魅力は、勤務中でありながらいろんな方と自由なお話ができることです。利用者様というのは私の知らない時代を生きてきた方たちなので、未知のことがらを自然と学ぶことができます。また、毎日のように利用者様と顔を合わせることになりますので、堅い信頼関係を築いていけることも私自身の喜びにつながっています。退所される時には抱き合って別れを惜しむこともありますよ。利用者様からいただける「ありがとう」の一言が、日々の励みになっています。

この分野・仕事を選んだきっかけ

中学生の時に課外授業のボランティアで高齢者施設を訪問したのがきっかけです。その時は廊下の手すりや車椅子などの清掃をしたのですが、きれいになった車椅子を見て、利用者の皆さんがとても喜んでくださったのが心に鮮明に残っていました。それから数年経ち、高校生になって進路で悩んでいた時に、携帯サイトで「適職診断」みたいなのを試しにやってみたんです。2つのサイトでやったんですが、どちらでも「福祉系に向いている」という結果が出ました。母からは医療事務はどうかと勧められていたのですが、私には介護福祉士がぴったりだと思い、こちらの道を選びました。

学校で学んだこと・学生時代

アール医療福祉専門学校は実習の時間が豊富なんです。2年間で介護老人保健施設、特別養護老人ホーム、グループホーム、障がい者施設、訪問介護など、多くの現場で実習することで、少しずつ介護福祉士として働いていく自信を養えました。また、看護や理学療法などが専門の先生たちもいるので、介護福祉とは違った視点で授業を受けられたこともためになりました。私たちの代から介護福祉士になるためには国家試験に合格しなくてはならなくなったんですが、国試対策の授業があり、過去問を何度も繰り返し解き、解けなかった問題については生徒同士で教え合うことで、着実に力をつけていきました。本番も落ち着いて国試に臨むことができました。

S.Yさん

社会医療法人若竹会 介護老人保健施設セントラル土浦 勤務/介護福祉学科/2018年卒/茨城県かすみがうら市出身。趣味は「ジグソーパズルです(笑)。1000ピースの作品をいくつか完成させたことがあります」とのこと。休日は洋服や化粧品などのショッピングをして過ごすことが多い。「ストレス解消にもなるので、私にとってとても大切な時間です」。専門学校時代はクラスに18歳から60歳までの同級生がいた。「いろんな世代との交流を通してコミュニケーション力が格段にアップしましたね」と笑う。「ぜひ一度、介護福祉学科に体験入学してみてください!」。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

アール医療福祉専門学校(専修学校/茨城)