• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 茨城
  • アール医療福祉専門学校
  • 先生・教授一覧
  • 犬田 和成先生(理学療法士)

茨城県認可/専修学校/厚生労働大臣指定/茨城

アールイリョウフクシセンモンガッコウ

こんな先生・教授から学べます

病院でのリハビリが必要になる前に予防する先生

理学療法士
理学療法学科 
犬田 和成先生
先生の取組み内容

病院や施設でリハビリを行うだけが理学療法士の役割でしょうか?昨今、地域に出て高齢者にリハビリが必要になるのを事前に防ぐ、介護予防の取り組みが進められています。例えば高齢者が生活の中で間違った体の使い方をして、痛みが出ても我慢して無理を続けると、思うように動けなくなることもあります。そうなってから、元のように動けるまで改善するのは容易ではありません。そこで私は行政と協力して、支援が必要な方に運動指導や生活上のアドバイス、福祉用具提案の活動を行っています。こうした取り組みには、理学療法の知識や技術だけでなく、社会制度や介護についての知識も求められます。一歩踏み込んだ支援のためには、最低限のマナーや身だしなみも必要でしょう。そんな幅広い知識と人間性を兼ね備えた理学療法士を、この学校で育てています。

高齢者にリハビリが必要になるのを事前に防ぐ、介護予防の取り組みが進められています

授業・ゼミの雰囲気

学生に体験し、考えてもらいながら行う「双方向」の授業で、医療人としてかかせない素養を身につける

犬田先生が心がけているのは、一方的に教えるだけでなく、学生に体験し、考えてもらいながら行う「双方向」の授業。例えば「基礎理学療法学」では、先生から出された課題に対し、学生がグループごとに調べ、話し合って答えを出す形式だ。「一つの課題にグループで取り組ませることで、自ら疑問を持って学ぶ姿勢や、役割分担、チームワークなど医療現場で欠かせない素養が身につくと考えています。また、学生はまだ人間的に未成熟ですので、社会人や医療人として必要なマナーや守るべきルールを伝えることも意識しています」。

一方的に「教える」のでなく、学生に体験し考えてもらいながら、学生を導いていく

キミへのメッセージ

アールでの経験は、人間的にも大きく成長させてくれますよ!

実は私はアールの卒業生でもあります。アールで過ごした4年間は人生で最も充実しており、人間的にも大きく成長できました。医療人として大切な、人との関わりにおいて、貴重な経験ができますよ。

犬田 和成先生

専門/理学療法全般、介護予防分野
2004年3月 明治大学大学院 農学研究科 修了
2005年4月 アール医療福祉専門学校 理学療法学科 入学
2009年3月 アール医療福祉専門学校 理学療法学科 卒業
2009年4月 医療法人社団 筑波記念会 筑波記念病院 入職
2017年3月 医療法人社団 筑波記念会 筑波記念病院 退職
2017年4月 アール医療福祉専門学校 理学療法学科 入職

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先生・教授から学べるのは…

この学校のおすすめ記事

アール医療福祉専門学校(専修学校/茨城)