• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 神奈川
  • 横浜リハビリテーション専門学校
  • 先生・教授一覧
  • 林 克郎先生(理学療法士)

こんな先生・教授から学べます

科学の知識と寄り添う心を備えたセラピストを育てる先生

理学療法士
理学療法学科 
林 克郎先生
先生の取組み内容

いま、理学療法士が担う専門領域は多岐にわたっています。医療や介護はもちろんのこと、プロスポーツや障がい者スポーツにおけるけがの予防やケア、さらにリハビリ支援ロボットの開発や活用に身体機能のスペシャリストとして関わる機会も今後増えていくことでしょう。超高齢社会の現代では、介護予防や認知症予防でも重要な役割を担っています。幅広い分野で、リハビリのニーズは高まり続けているのです。私たちは、そんなリハビリの専門職を志す学生たちが、科学的知識とそれに基づいた技術をしっかり身につけ、それぞれの希望や個性に合った得意分野を見つけて、社会の中でやりがいを持って行動できるよう支援しています。横リハでの4年間は、理学療法士としての強固なベースをつくり、可能性を広げるための大切な助走期間であると私は考えています。

理学療法の専門知識・技術と資格があれば、活躍の舞台は日本全国、さらには海外まで広がります

授業・ゼミの雰囲気

リハビリのゴールは人生をより豊かにすること。相手に寄り添い、信頼される専門家を育てる

リハビリテーションでは、科学的根拠に基づいた上で相手の気持ちに寄り添う「サイエンスとマインドの融合」が大切であると林先生は考えます。授業では、グループディスカッションを通じて傾聴の姿勢を身につけ、信頼される専門家育成に取り組んでいます。「生活の質、そして人生をより豊かにすることがリハビリの最終目標です。例えば、痛みが取れて体が動くようになっても、元々楽しんでいた趣味ができなければゴールではありません。病気や障害だけでなく、その人の“生活”まで見つめることの大切さを常に強調しています」

横リハの先生は全員現役セラピスト。臨床現場の体験談を授業等で語ると、学生たちの目の色も変わるのだとか

キミへのメッセージ

「なりたい自分」のためにがんばる皆さんを応援します!

リハビリを志す人は、「人や社会の役に立ちたい」という想いを持つ人がほとんどです。もちろんその気持ちも大切ですが、「どんな自分になりたいか」「そのためにすべきことは何なのか」もぜひ考えてみてください。

林 克郎先生

専門科目:リハビリテーション概論、臨床リハビリテーション医学
1960年富山県生まれ。1982年大学中退後、新潟県のリハビリテーションの専門学校で学び、理学療法士の道へ。1985年東海大学医学部付属リハビリテーションセンター勤務を経て、1990年よりJICAボランティア(青年海外協力隊)でフィジー共和国へ。1993年茅ヶ崎徳洲会総合病院勤務。2001年より横浜リハビリテーション専門学校教員となり、現在は副校長を務める。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先生・教授から学べるのは…

この学校のおすすめ記事

横浜リハビリテーション専門学校(専修学校/神奈川)