• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 神奈川
  • 横浜リハビリテーション専門学校
  • 先生・教授一覧
  • 中村 啓文先生(理学療法士)

こんな先生・教授から学べます

思考力を鍛え、“結果を出せる”理学療法士を育てる先生

理学療法士
理学療法学科 
中村 啓文先生
先生の取組み内容

病気やケガによって障害を抱えた患者様をサポートする「義肢」や「装具」。患者様がそれらを使いこなすための手助けや訓練を担うのが理学療法士です。私がかつて勤めていた大学病院には装具外来があり、そこで義肢装具士の方に色々と教わったことから「義肢装具学」に興味を持つようになりました。義肢をつけることになった患者様が、治療やリハビリを乗り越え、数年後にきれいに歩いている姿を目にしたり、立派に社会生活を送られている話を聞くたびに「すごい!」と心を動かされています。近年は義肢装具の分野であるリハビリ支援ロボットも発展を遂げ、横リハでも「リハビリテーションロボティクス」科目を新たに開講しました。基礎をしっかり身につけた上で、進化するリハビリも学ぶことは、セラピストの可能性をさらに広げてくれることでしょう。

目の前にいる患者様に対して、きちんと結果を出すことにこだわる理学療法士になってほしいと思います

授業・ゼミの雰囲気

何度も問いかけることで、思考のプロセスを「自分の言葉」で伝える力を養う対話型の授業

3年次からの「義肢装具学」の学びは、1・2年次の解剖学や運動学などの知識がベースになります。「授業では無作為に学生を選び出し、何度も質問を投げかけます。学生に求めるのは、ただ記憶した内容を答えることではなく、答えを導き出すプロセスを自分の言葉で表現すること。思考力を鍛えると同時に、様々な職種の方と協働する臨床を想定し、ものごとを正確に伝えるための訓練でもあります」と中村先生。また、研究日にクリニックで経験したリハビリを学生に話し、臨床のリアルも伝えるようにしています。

臨床現場に出るにあたり、学生が学んできた知識や技術を統合する「総合演習」にも力を入れています

キミへのメッセージ

仕事で結果の出せる「プロ」を目指しましょう!

医療ロボットやトレーニングなど、理学療法士が担う仕事の幅はどんどん広がっています。横リハでリハビリの最前線を学び、進化し続けるリハビリの世界で結果を出せるセラピストを目指してみませんか?

中村 啓文先生

専門科目:義肢装具学、総合演習、理学療法セミナー
1987年国立療養所箱根病院付属リハビリテーション学院卒業後、理学療法士として東海大学医学部付属病院にて12年間勤務。1999年4月より横浜リハビリテーション専門学校教員となり、現在は教務部 理学療法学科学科長を務める。現在も週1日の「研究日」には整形外科クリニックにてリハビリを担当している。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先生・教授から学べるのは…

この学校のおすすめ記事

横浜リハビリテーション専門学校(専修学校/神奈川)
RECRUIT