• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 山口
  • 岩国YMCA国際医療福祉専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 松岡 佳美さん(保健看護学科/看護師)

山口県認可/専修学校/山口

イワクニワイエムシイエイコクサイイリョウフクシセンモンガッコウ

看護師の仕事につながる学び

右へ
左へ

接し方一つで変わる患者様の安心感。保健師の知識が視野の広い看護活動に

看護師と保健師の国家資格を同時取得し、第一志望だった外科で看護師として日々奔走中の松岡 佳美さん。少人数の教育だからこそ身についたもの、成長を支えたものについてお話をお聞きしました。

看護師
保健看護学科 卒
(2017年卒業)
松岡 佳美さん
  • 独立行政法人 地域医療機能推進機構 徳山中央病院
  • 山口県 華陵高校 卒
頼りになる先生と仲間がいたから実習を乗り越え、自信になった!

全ての実習を通して、先生が4年間を通じてアドバイスをしてくれるので安心

人と向き合う仕事なので、マナーを身につけておくことは大切

切磋琢磨しながら刺激し合える仲間はとても大きな存在です

看護師を目指す上で必ず体験する「病院実習」では、初めて会う患者様と短い期間で信頼関係を築いていくことが必要になります。私も最初のころは患者様のことを知ろうという気持ちばかりが先走っていましたが、実習には必ず岩国YMCAの先生が同行してくださるので、先生に相談をしに行ったり、他のメンバーの接し方を見たりしながら礼節の大切さを実感。少しずつ患者様に合わせた個別の関わり方ができるようになっていきました。

先生方の強力なサポートのもと、知識・技術・礼節が身につきました

地域の皆さんと触れ合うことも

先生との距離は近く、分からないことはよく相談しました

実習先の病院に行く前に、様々なトラブルを想定した課題に対して先生が一人ひとりに対策を問う演習はとても有意義でした。先生方の丁寧な指導や密な関わり方が岩国YMCA国際医療福祉専門学校の魅力のひとつ。少人数だからこそ私たちをよく理解していただいているという実感がありました。こうした安心感がある中で授業や実習の経験を重ね、多くの患者様に関わったことで看護の在り方を考え、行動できるようになりました。

一人ひとりの患者様にできることは何かを常に考え、働いています

観察したことや、行った援助はすぐパソコンに入力

日々の看護で経験を積み重ね、外科の現場で役に立ちたい

今は一人で1日5~7人の患者様を担当し、看護しています。看護師は知識だけでなく、患者様の生活史や特徴、例えば認知力低下や難聴があるかなど、あらゆることをふまえてアセスメントする力が必要となります。もっとその力をつけて先輩のように、患者様一人ひとりに寄り添った看護ができるよう奮闘中。入院中だけでなく、患者様が退院してからの生活をとらえる上で、保健師の資格は強みになっています。

先生からのメッセージ

  • 藤中 優子先生/保健看護学科 学科長

看護は知れば知るほど興味が湧き、一生を通して学び、人に喜びを与えられるやりがいのある仕事。学校生活や臨地実習での様々な人との出会いは人間としても成長させてくれます。ぜひ私たちと一緒に学んでみませんか。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

岩国YMCA国際医療福祉専門学校(専修学校/山口)

大学・短期大学・専門学校を探すならスタディサプリ進路