• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 奈良
  • 関西学研医療福祉学院
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 遠藤 智也さん(理学療法学科/理学療法士)

コミュニケーションと、人の気持ちを考えることが大切

先輩の仕事紹介

患者様やそのご家族から感謝していただける、人の役に立てる仕事です

理学療法士
理学療法学科/2019年卒
遠藤 智也さん

この仕事の魅力・やりがい

病院や福祉施設、訪問など、幅広い分野の患者様と接することができます。多くの患者様を担当させていただき、その方に合わせたリハビリを考え、実施するなかで、自分自身も日々成長させていただいているのを感じます。特に、歩けなかった患者様が歩けるようになったときや患者様の筋力や可動域が増大してきた際のよろこびはひとしおです。「ありがとう」と言ってもらえるときに、とてもやりがいを感じます。

この分野・仕事を選んだきっかけ

高校3年生の頃、祖父が入院中にリハビリを受けている姿を見て、理学療法士という仕事を知りました。祖父が回復していく様子を見ているうちにリハビリの仕事に興味を持ち、理学療法士を目指そうと決めました。

痺れにも複数の種類があるのでよく話を伺い方針を決定

学校で学んだこと・学生時代

授業では、専門、基礎の技術と知識を徹底的に教えてもらえたので、普段の授業が国家試験に向けた勉強にもなりました。実習では、色々な病院、施設を経験したおかげで、様々な分野での理学療法士の活躍が見ることができ、“やりがい”を感じることができたので、より勉学に励むことができました。また、同級生同士で勉強の教え合いや点数の競い合いをしたりして、みんなで切磋琢磨しながら学ぶことができました。

患者様それぞれの症状に合わせたリハビリを考えて施行

遠藤 智也さん

理学療法士/理学療法学科/2019年卒/現在、理学療法士として勤務先の病院で患者様のリハビリを担当。院内での急性期から慢性期のリハビリをはじめ、デイサービス、訪問リハビリでも活躍中。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

関西学研医療福祉学院(専修学校/奈良)