• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 関西学研医療福祉学院
  • 先生・教授一覧
  • 森木 紀博先生(作業療法士)

奈良県認可/専修学校/厚生労働大臣指定/奈良

カンサイガッケンイリョウフクシガクイン

こんな先生・教授から学べます

楽しい気持ちを幸せにつなげる作業療法士を育てる先生

作業療法士
作業療法学科 
森木 紀博先生
先生の取組み内容

「作業療法」とはどのようなものかイメージしにくい方も多いと思いますが、食事、歯磨き、勉強、スポーツ、遊び…それらすべての活動を「作業」と呼んでいます。作業療法士は人の日々の生活や人生すべてに関わることができる職種。対象者さまが、どうすればよりよい人生を過ごすことができるのかを考え、支援していくのが仕事です。もちろん、医療・介護に関わる職種は対象者さまへさまざまなアプローチを通して支援していきますが、作業療法士は人の「楽しい」という気持ちを引き出しながら、心身ともに向上を目指します。楽しいという気持ちは人の行動を変える大きなきっかけです。「楽しさとは何か」を真剣に考えながら、対象者さまの幸せにつなげていきたい。日々そう考えています。

勉強、スポーツ、遊び…どんな経験も活きるのが作業療法士です

授業・ゼミの雰囲気

教える側も、学ぶ側も一緒に楽しめる授業を目指す

森木先生が担当しているのは、「作業治療学」「運動学」「運動学実習」など。対象者さまがもつ疾患の特徴や障がい像を学ぶ授業や、身体に障がいをもった方を実際に学校にお招きし、どのような問題を抱えているのか学生が評価する授業などで、学生が楽しんで学べるような要素を採りいれていけるように心がけています。「たとえば、“人が服を脱ぎ着する”という作業において、何が本質なのかを実験をしながら考えていきます。人の作業(活動)を科学的に考えるというのも、作業療法の面白さの一つではないでしょうか。」

体験型授業を多く採り入れて学生の興味を喚起し、どんどん新しい発見ができるよう工夫

キミへのメッセージ

楽しかったこと、悲しかったこと…。感じたことすべてが仕事の糧になります

作業療法士は、自分の人生で経験・体験してきたことが大きな仕事のヒントになります。どうせやっても無理などと思わず、さまざまなことに挑戦して多くの経験を積んでください。すべての経験が役に立つはずです。

森木先生自身も、関西学研医療福祉学院 作業療法学科の卒業生

森木 紀博先生

専門は作業治療学。大学を卒業後、異業種の営業職として就職。その後本校へ入学、資格取得後、京都で作業療法士として14年間従事。関西学研医療福祉学院で教職に就き、3年目を迎える。「作業療法士に興味をもったのは、理学療法士をしていた友人の話がきっかけでした。作業療法士なら、これまでの経験や志向が役に立ちそうだと思いました」

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先生・教授から学べるのは…

この学校のおすすめ記事

関西学研医療福祉学院(専修学校/奈良)