• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 関西学研医療福祉学院
  • 先生・教授一覧
  • 加納 岬先生(介護福祉士)

奈良県認可/専修学校/厚生労働大臣指定/奈良

カンサイガッケンイリョウフクシガクイン

こんな先生・教授から学べます

利用者さまを敬い、信頼関係を築く介護福祉士を育てる先生

介護福祉士
介護福祉学科 
加納 岬先生
先生の取組み内容

高齢者人口が増加する中、さまざまな視点で福祉問題が取り上げられている昨今ですが、高齢者の介護がますます必要になっているにも関わらず、その人材が不足していることに、私は大きな問題を感じています。確かに介護は誰かの助けがないと生活できない方を対象とするため、介護福祉士は肉体的にも精神的にも大変な仕事です。しかし、現場で利用者さまと向き合い、日々業務を行っている介護福祉士の表情は輝いています。それは毎日利用者さまと関わる中で信頼関係が確立され、介護者と利用者さまが互いに敬愛の念を抱くことができるからです。私は人を敬う気持ちを育み、心理面のケアができる介護福祉士の育成に取り組んでいます。人が安らかな生活を送るために、介護福祉士は存在しています。介護福祉士は、これからの福祉を担う必要不可欠な職業です。

学校で知識や技術を体系的に学び、経験を積んでいると、将来の現場で実務を行う際に活きてきます

授業・ゼミの雰囲気

知識や技術とともに、介護福祉士として必要な倫理観やコミュニケーションの大切さを学ぶ

加納先生が担当する「コミュニケーション技術」の授業では、受容・傾聴・共感など高齢者の気持ちを考慮した技法や、介護福祉士として必要な倫理観など人間関係を構築するための技術を学習。また「生活支援技術」の授業では、移動介助などを中心に身体介護の基礎を習得します。現場では利用者さまによって身体状況は大きく異なり、個々に応じた介護が必要になります。そこで大切なのが基本。基本が理解できていなければ応用的な実践が困難になるからです。本校では授業で学んだ知識や技術を実習の現場で確認し、基本技術の習得に努めます。

「なぜ、このような介護をするのか」という利用者さまの疑問に、しっかりと応えられる“根拠”を習得します

キミへのメッセージ

仲間を大切にして、支えあいながら、日々の生活を楽しんでください

高校3年間は今しかありません。仲間を大切にして、たくさんの体験と楽しい思い出を作ってください。そして人と関わる仕事がしたい、誰かの役に立つ仕事がしたいと考えている人には介護福祉士を目指してほしいです。

教職歴9年目。2人の小さな子どもをもつ父親でもある。岐阜県出身

加納 岬先生

専門は介護領域。高校卒業後、介護職として就職。介護のやりがいや魅力を感じながら仕事をしていたが、専門的知識と技術不足を感じるようになり、仕事と学業を両立しながら介護福祉士養成校に進学する。その後、福祉系大学に進学し卒業。福祉現場では介護福祉士としての仕事だけでなく、管理職として人材育成や業務のマネージメントを行い日々研鑽に励む。日常の業務からより多くの介護福祉士を育成したいと思い現職に至る。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先生・教授から学べるのは…

この学校のおすすめ記事

関西学研医療福祉学院(専修学校/奈良)