• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 静岡
  • 日本建築専門学校
  • 先生・教授一覧
  • 長谷川 幸基先生(施工・規矩術)

静岡県認可/専修学校/静岡

ニホンケンチクセンモンガッコウ

こんな先生・教授から学べます

古くから日本に伝わる「規矩術」を後世へと伝承する先生

施工・規矩術
建築科 
長谷川 幸基先生
先生の取組み内容

私の専門は「規矩術」(きくじゅつ)です。規矩術は接合部分の部材を加工する際、その部分の形状や寸法を「曲尺」(さしがね)を使って割り出し、加工する線を描くこと。墨で直接木材に描かれた線や印を見たことがある人も多いのではと思いますが、それらはその痕跡です。私は日本の伝統建築における大工技法のひとつであるこの技術を追究するとともに後世に伝承していくことに重きを置いています。現在はコンピュータやCADを用いて製図することが一般化していますが、まずは製図の基本を習得することが大切。規矩術はまさに基本と言えるものです。私は工匠たちによって大切に伝承されてきたこの技術をこれからも残していきたいと考えています。そしてその活動を続けることにより、伝統技術の素晴らしさや工匠の本来の姿を伝えていきたいです。

コンピュータはあくまで道具。製図の基本である規矩術を習得することで道具を有効に使うことができます。

授業・ゼミの雰囲気

失敗も良い経験! さまざまな経験を通じて「どうしてそうなったのか」を考えることで知識や技術を習得。

「座学で机上論を学ぶだけでなく、製図を現寸で作ったり課題を製作したりといった実体験を通じ、身体で理解することが大切です」と語る長谷川先生。課題に取り組む際も、ただ作ったら終わりではなく、各工程ごとにその方法を採った理由を常に考えることが大切。「たとえ失敗を繰り返したとしても、『どうしてそうなったのか』を考えることで少しずつ知識と技術を習得していけます。失敗から学ぶこともたくさんあるのです。成功や失敗をたくさん繰り返しながら立派な木造技術者への道を進んでいって欲しいと思います」と話してくれました。

実体験を通じて身体で覚えることを大切にする長谷川先生。授業には和気あいあいとした雰囲気が漂います。

キミへのメッセージ

伝統技術を継承し、さらに発展させられるような人になっていってください。

この学校を志望する高校生には、「木造建築の技術を学びたい」ということの前に、木の建築が好き、日本建築が好きという人が多いと思います。私も同じです。素晴らしい技術を継承するため、いっしょに学びましょう。

長谷川 幸基先生

静岡県立藤枝東高等学校を卒業後、日本建築専門学校に進学。卒業後に菊池建設株式会社に入社し、8年間にわたって勤務し、現場を経験。平成11年4月から日本建築専門学校の教員になり、現在に至る。専門は建築施工と規矩術。「規矩術は和算の基礎。曲尺一本あれば丸も描けるしルート計算などもできます。近々ユネスコ無形文化遺産に登録される日本の伝統建築の技法のひとつである規矩術を継承していきたいです」と語ってくれました。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先生・教授から学べるのは…

この学校のおすすめ記事

日本建築専門学校(専修学校/静岡)