• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 新潟医療福祉カレッジ
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 荒川 真央さん(医療秘書科/医療事務)

新潟県認可/専修学校/新潟

ニイガタイリョウフクシカレッジ

臨機応変に、柔軟に対応できる医療事務員が目標です

先輩の仕事紹介

「ありがとう」の言葉が、ステップアップの源。周りから、頼りにされる存在を目指して

医療事務
医療秘書科/2017年3月卒
荒川 真央さん

この仕事の魅力・やりがい

医療事務といっても、その範囲は広く、受付や書類作成、電話対応など様々です。でも、いろんな業務があるので、毎日に変化があり楽しいですね。その中で、常に心がけているのが患者様と接する際には笑顔でサポートすることです。特に外来の受付では、優しい表情で患者様にお声掛けするようにしています。ときには逆に患者様から「ありがとう」と感謝の言葉をいただくこともあり、そんな時はとてもうれしいですね。また、任された仕事をきちんと処理でき、周りの先輩方から認めてもらえたときも喜びを感じます。どんな小さな仕事でも、その積み重ねが次のステップにつながると思うからです。

この分野・仕事を選んだきっかけ

小学生の頃、病院の窓口でスタッフの方が笑顔で優しく対応してくれたことが、とても印象的でした。またその一方で、事務業務をテキパキとこなし、臨機応変に仕事を進める姿を「かっこいいな」と感じたのが、この仕事に興味を持った理由です。それから、医療関係に進みたいと憧れるようになりました。もともと、将来は困っている人をサポートしたい、人の役に立つことがしたいと考えていたので、まさに私にぴったりの仕事だと思いました。私自身が体験した病院スタッフの優しい対応を、より多くの患者様に届けられるようになりたいと進路を決めました。

薬や医療の知識が自然と身に付きます

学校で学んだこと・学生時代

検定試験の前の「検定対策授業」など、勉強には集中して取り組み、その一方で学園祭やスポーツ大会など、イベントはクラス全員で楽しむ。そんなオンとオフの切り替えがハッキリしている環境でしたから、楽しい学生生活が送れました。先生方との距離も近く、とてもフレンドリーな感じで接していただきました。いつでも気軽に話ができるので、授業で分からないことがあった際には、必ず質問に行っていましたね。明日に疑問を持ち越すことはしたくないので、その日のうちに解消することを心がけていました。資格取得に向けて勉強は大変でしたが、クラスメイトもみんな同じ目標を持っていたので、頑張ることができました。

患者様や先輩から頼りにされるよう頑張ります

荒川 真央さん

積発堂 富永草野クリニック 医事課勤務/医療秘書科/2017年3月卒/就職1年目だった昨年は、仕事を覚ることで精一杯だったという荒川さん。しかし、新人が入ってきたら今度は自分がサポートする場面もあると考え、さらなるステップアップを図りたいと考えているという。学校で学んだことは、様々な場面で役立っているが、とくに患者さんや職場の方々と接する際に役立ったのが「患者対応マナー」。社会人としての立ち振る舞いやルールを学んでいたため、スムーズに対応できたという。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

新潟医療福祉カレッジ(専修学校/新潟)