• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 新潟
  • 新潟医療福祉カレッジ
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 田中 茜さん(介護福祉科/介護福祉士)

新潟県認可/専修学校/新潟

ニイガタイリョウフクシカレッジ

頼りにされる事が喜びにつながっています

先輩の仕事紹介

利用者様がご家庭で過ごされているような、心やすらぐ生活環境を創りたい

介護福祉士
介護福祉科/2017年3月卒
田中 茜さん

この仕事の魅力・やりがい

現在入職1年目。仕事には慣れてきましたが、利用者様の状態によっては、食事介助が進まなかったり、接し方がわからなかったりと、悩むことも多いです。入職当初は利用者様が気になると「どうしたの?大丈夫?」など、つきっきりで声を掛けていましたが、あるとき先輩職員から「利用者様ご本人の状態を見て、時にはそっとしといてあげることも大切」といったアドバイスをいただき、試してみたら大成功。それぞれ利用者様の性格も違うので難しいのですが、工夫して一人ひとりに合わせた対応ができるようになってきました。大変なことも多いですが、利用者様から「ありがとう!」と声を掛けていただける事がなによりもうれしいです。

学校で学んだこと・学生時代

入学前は口ベタで人と話すのが苦手でしたが、「コミュニケーション技術」という授業のおかげで人と話す際の苦手意識を払拭することができました。「コミュニケーション技術」は初めて会う人と話す訓練など、実践的にコミュニケーションの方法が学べる授業。今でも初対面の人と話すときは緊張しますが、多くの人と楽しく会話ができるようになったのは大きな財産です!また、新潟医療福祉カレッジは現場実習も豊富。様々な介護の現場を体験できたことにより、就職先を決める際に「朝から晩まで一日を通して利用者様の生活に関わり、総合的なケアを行える特別養護老人ホームに就職したい」と、明確な希望を持って就職先を選ぶことができました。

利用者様は人生の先輩。学ぶことも多いです

これからかなえたい夢・目標

入職してからお亡くなりになった利用者様もすでに何人かいらっしゃいます。やはり死に直面するのはショック。なかなか気持ちの切り替えができず時が過ぎるのを待つしかないのですが、業務を止めるわけにはいきません。お亡くなりになって何週間かたつと、そこに新しい利用者様が入所。新しい日々が始まります。ここで出会った利用者様には家で過ごしているように温かい雰囲気でよりよい生活を過ごしてもらいたい。そのためには介護の腕を上げることはもちろん、利用者様の身体機能が低下してきたときに工夫して快適に過ごせる提案ができるようになることが必要です。少しでも多くの経験を積んで利用者様から頼られる介護福祉士になりたいですね。

利用者様に安心してもらえるよう、毎日頑張っています

田中 茜さん

特別養護老人ホーム いなほの郷勤務/介護福祉科/2017年3月卒/実家で祖母と同居しているという田中さん。幼い頃からおばあちゃん子で、料理や勉強など様々なことを教わってきたという。祖母のチカラになりたいと介護の道を志したのは高校の進路選択時。インターネットで実家から通える専門学校を検索し、ヒットしたのが新潟医療福祉カレッジ。早速オープンキャンパスに出向き、アットホームな学内の雰囲気や気さくな先生方に魅力を感じて入学を決意したそう。2年間の学びの中で様々な施設を訪問し、惹かれたのが現在勤めている特別養護老人ホーム。「職員が笑顔で利用者様と話している姿を見てここで介護福祉士として成長したいと思いました」。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

新潟医療福祉カレッジ(専修学校/新潟)

大学・短期大学・専門学校を探すならスタディサプリ進路