• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 横浜調理師専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 松岡 秦智さん(調理師科昼間部/調理師)

神奈川県認可/専修学校/厚生労働大臣指定/神奈川

ヨコハマチョウリシセンモンガッコウ

新鮮な食材を前にすると、料理人として心が躍ります

先輩の仕事紹介

“きれいに、そして早く”が一番大切。どんなに忙しくても、丁寧な仕事にこだわりたい

調理師
調理師科/2014年3月卒
松岡 秦智さん

この仕事の魅力・やりがい

和食の世界に飛び込み3年目。現在は、懐石料理の仕込みを担当しています。煮物の具材の準備や魚の切り付け、串打ちなど、煮方や焼き方と呼ばれる、次の段階を担当する方へ渡す、食材の下処理を行っています。日本料理は、経験と実力を身につけるごとに、担当する仕事がステップアップするシステム。だから、自分が次に目指す業務と先輩の仕事ぶりを、間近に見られることはとても勉強になりますし、目標がはっきりしているので、早くレベルアップしたいと感じます。どうすれば食べる方を喜ばせることができるかを、考えながら仕事をしていると楽しいですね。事実「美味しかった」とお客様から言葉をいただくときは、最高にうれしいです。

この分野・仕事を選んだきっかけ

実家が、寿司店を経営していたので、父が付け場に立って寿司を握る姿を、子供の頃から「かっこいいな!」と思って育ちました。店の雑用なども、手伝っていましたので、飲食業界に対して自然なカタチで興味を持ちました。成長するにつれ、寿司以外の日本料理を広く学びたいと思い横浜調理師専門学校へ。1年生の夏休みに校外実習として、1週間現場体験で入店したのが現在の職場でした。入学してまだ3か月しかたっておらず、何もできない私でしたが、先輩方が親切に対応してもらい、実際の調理の現場の雰囲気を感じることが出来ました。このときの経験が、料理人としての仕事に就く大きな要因になっています。

明るいスタッフに囲まれている、活気ある職場です

業界ココだけ話!

日本料理店の仕事は、出勤が早いのが当たり前。私の場合、朝8時前には調理場に入り、だし巻き玉子を焼いたり天ぷら用の蝦を準備したりと、あわただしく一日がはじまります。朝のわずかな時間でも、やることはいっぱいで、それを一つ一つ処理していくだけで、すぐにランチタイムを向かえます。その後は夜の営業に向けてさらに準備をします。途中休憩時間はありますが、営業中は、緊張の連続で気を抜くことはできません。でもどれだけ忙しくても、“丁寧な仕事”だけにはこだわりたいと思っています。難しいことですが、細かいことを丁寧に行い“きれいに、そして早く”が一番大切と心がけています。

美味しかったとの言葉を聞くと思わず笑顔に

松岡 秦智さん

(株)いらか 日本料理 いらか 横浜相鉄ジョイナス店勤務/調理師科/2014年3月卒/寿司店を経営していた父親の影響で、料理人の道を進むことになった松岡さんだが、実はその父親も横浜調理師専門学校の卒業生だったという。親子二代同じ学び舎で、料理を学んでいるのだ。在学中は、授業以外にも実践力をつけるために、創作和食料理の店にアルバイトに月曜日から金曜日まで、週五日のペースで勤務していた。将来の夢としては、独立して自分の店を持つこと。具体的なアイデアはまだないが、誰でも気軽に入れる和食の店にしたいという。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

横浜調理師専門学校(専修学校/神奈川)