• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 横浜調理師専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 浅野 瑞希さん(調理師科昼間部/調理師)

神奈川県認可/専修学校/厚生労働大臣指定/神奈川

ヨコハマチョウリシセンモンガッコウ

これからはイタリア料理をメインにもっと学びたいです

先輩の仕事紹介

私が作った料理が食べたいと来店されるお客様。厳しさの中にも、充実感がある仕事です

調理師
調理師科 昼間部/2012年3月卒業
浅野 瑞希さん

この仕事の魅力・やりがい

料理人として確かな実力をつけていたいと思ったので、就職するなら厳しくて苦労する環境をあえて選んで入社しました。そんな決意を持ってスタートした仕事でしたが、実際にはとまどうことも多かったですね。でも、だんだんと仕事に慣れていくにつれて、職場の方々やお客様との接し方もスムーズになり、大変さの中にも楽しさを感じるようになりました。いまでは、週一でお手伝いに行く姉妹店のバールの常連のお客様で、私が作った料理が食べたいと来店される方もいらっしゃいます。私のことを憶えて、わざわざ来店していただけるなんて、料理をする人間にとってこれほどうれしいことはありません。

分野選びの視点・アドバイス

“やらされる”仕事と“自分から進んでやる”仕事の違いを分かって欲しいと思います。ただ単に、仕事をこなすのではなく、積極的に取り組むことにより、得られる充実感は大きく変わってくるということです。私も担当する仕事を、どうすれば上手くいくかを自分で考えるようになって楽しくなりました。また、教えてもらうだけでなく、先輩の仕事を見て覚えることも大切です。忙しい業務の中で、自分の作業をやりながらなので難しいですが、レシピではわからない手順や作業など、細かな点が理解できるのです。この仕事に就くなら、なにより料理が大好きなことが一番なのでその気持ちに自信のある人はぜひ挑戦してください。

美しい盛り付けは、料理の大切な一部です

これからかなえたい夢・目標

会社の研修旅行でイタリアに行きました。そのとき、本場の雰囲気にふれたことがきっかけとなり、これからは、イタリア料理をメインにもっと学びたいと思いました。幸いにも当店のシェフがパスタが得意なので、教えてもらおうと思っています。またシェフは「料理は科学だ。理屈がちゃんとある」とよく言われるのですが、その意味がしっかりと理解できるように、なぜ美味しくなるのか・どんな理由があるのかを考えながら仕事をしていきたいですね。一人前になったら独立を考える人もいるでしょうが、わたしは現在の会社で仕事をもっと極めたいと思っています。職場の方やお客様など、いろんな人と出会いながら成長していきたいと考えています。

忙しくても笑顔を忘れないことを心がけています

浅野 瑞希さん

(有)エル・カミーノ ヴィノテカサクラ/調理師科 昼間部/2012年3月卒業/叔父が調理師、母も料理の仕事をしていた影響で小さな頃から料理をはじめる。高校生の頃には、煮物など和食のメニューもこなす腕前へと成長。寝ないで作ったという卒業制作の作品は、野菜を器にして、そこに飾り切りの技術を駆使。高さを意識した盛り付けを考案し、高い評価を得る。就職時の仕事に対する意気込みも高く、不規則な時間にも対応できるように、勤務する店舗から徒歩5分の場所に部屋を借りたほど。イタリア料理を中心に、その腕前の向上に日々努めている。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

横浜調理師専門学校(専修学校/神奈川)