• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 埼玉
  • 西武文理大学
  • 先生・教授一覧
  • 小野 智恵美 専任講師(成人看護学概論、成人看護支援論I・II、成人看護学実習I・II)

こんな先生・教授から学べます

「がん患者さんとご家族を支える社会づくり」を考える先生

成人看護学概論、成人看護支援論I・II、成人看護学実習I・II
看護学部 看護学科
小野 智恵美 専任講師
先生の取組み内容

1981年以降、がんは死因の第1位となりました。生涯のうちにがんにかかる可能性は男性が2人に1人、女性は3人に1人と推測されています。がんを抱えて生活をされている方はたくさんいらっしゃいます。こうした状況を踏まえ、現在、二つの研究に取り組んでいます。一つが、がん患者さんとご家族を医療従事者に限らず、皆であたりまえに支えていける社会づくりを目指した「がん教育」の研究です。がんに関する正しい知識とがんと向き合う人々への理解を深め、皆でがん患者さんを支えることを考えるという取り組みです。二つ目が、がん治療を受けた方の妊娠・出産に関する研究です。がん治療を経験した方からお話をお聴きして、社会に伝えて、問題を解決するために協力を得るという取り組みです。これらは、私の研究の大切なところだと考えています。

だれもが、「がん患者さんを支えることができる」と、授業やイベントを通して考えていきます。

授業・ゼミの雰囲気

医療現場の患者さん一人ひとりに、寄り添い、共に考える「成人看護学実習」

患者さんがどのような健康状態にあっても、その人らしく暮らせるように考えてほしいと小野先生。「病気を抱えていても幸せを感じられること、楽しい時間を過ごせること、できなかったことができるようになることがあります。学生は、患者さんの病院生活を支え、一緒にそれが何かを考えています。成人看護学実習では、ここを考えて取り組むことを実践してほしいです。またナースの基盤として大切なことは、患者さんの“声にならない声”“声にされない声”を聴くこと。看護師としての意識が高まれば、声をキャッチする能力も高まります。」

患者さんの“声にならない声”や“声にされない声”を聴く。学生たちは今、これを勉強しています。

キミへのメッセージ

ホスピタリティ力を高め、患者さんとご家族に寄り添える看護師に!

看護学部のホスピタリティとは相手との信頼関係を形成する力、人の心の在り方を感じ取る力を活かし行動にすること。仲間、家族を大切にできる素直な心をもった高校生の皆さん、看護師をめざして一緒に学びましょう。

自分だけで考えるのではなく、仲間と一緒に患者さんにとって良いことを様々な角度から考えることが大切。

小野 智恵美 専任講師

専門:「乳がん患者の看護に関する研究」「がん化学療法を受ける患者の看護に関する研究」。西武文理大学赴任後は主に「がん教育」をテーマとして研究に取り組んでいる。
略歴:埼玉医科大学大学院看護学研究科修士課程修了。帝京大学医学部附属病院(心臓血管外科、外科外来、化学療法室)勤務を経て、2018年度より現職に至る。2009年度乳がん看護認定看護師取得、2015年度がん看護専門看護師取得)

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先生・教授から学べるのは…

この学校のおすすめ記事

西武文理大学(私立大学/埼玉)
RECRUIT