• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 東京
  • 駿台法律経済&ビジネス専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 柴田 光一朗さん(法律実務学科 行政書士・宅建士資格取得コース/マンション管理(フロント))

フロントマンとして、複数のマンションの管理を担当!

先輩の仕事紹介

マンションや居住者様に寄り添う仕事。資格や知識を活かせることもやりがい。

マンション管理(フロント)
行政書士・不動産ビジネスコース 卒/2018年卒
柴田 光一朗さん

この仕事の魅力・やりがい

マンション居住者の方が快適な生活を送ることができるよう、サポートをするのが私の仕事です。管理組合との窓口となり、共用部分の不具合への対応や、専用部のリフォームのお見積りなどに関わります。マンションの管理は、資産価値の維持・向上を左右するといっても過言ではない重要な役割であり、各専門会社と連携していくことも必要になるため、1年目ながら責任の大きな案件も任されているというやりがいがあります。私は学生時代に管理業務主任者と行政書士という2つの国家資格を取得しており、その過程で得た法律の知識は自分の強みとなっています。さらなるスキルアップのため、マンション管理士の資格も視野に入れ、切磋琢磨していきます。

学校で学んだこと・学生時代

高校までの勉強に法律はなかったので、「ゼロから学び、信頼に値する資格を取りたい」という強い決意を持って勉強していました。先生の中には、ほぼ教科書を使わずに、様々な判例や条文の紹介をしながら授業を進めてくれる方がいらっしゃり、ユニークなトークと共にするすると頭に入るので本当に楽しい授業でした。1年次に管理業務主任者を取得し、その専門性を活かそうと現在の会社に内定しましたが、「さらなる高みを目指したい」と合格率が例年10弱~15%と難関である行政書士の資格に挑戦。2年次に見事合格することができたのは自分の財産です。資格所有者である先生にじっくりと質問をできる駿台の環境のおかげだったと感謝しています。

移動中もお客様や専門業者と密にコミュニケーションを

分野選びの視点・アドバイス

私の高校時代は部活の野球に明け暮れ、漠然と大学を目指し、浪人を経験しました。当時は人生のどん底のような気持ちでしたが、野球部の顧問の先生に駿台法律経済&ビジネス専門学校を紹介してもらい、駿台の先生方の熱心な教育や、自分と同じように挫折をしたり、一度大学や就職を経て学びなおしている仲間と切磋琢磨し、そのおかげで今の自分があります。人生は一本道ではありません。自分のやる気、そして正しい指導があれば、やり直すことも、新しい道に進むこともできます。努力を通して得た自分のアドバンテージは何か、それを活かせる場はどこかということに向き合うことで、社会に出ても通用できると思います。

会社に戻ると総会議案書作成などのデスクワークを

柴田 光一朗さん

株式会社穴吹ハウジングサービス/行政書士・不動産ビジネスコース 卒/2018年卒/千葉県立小金高等学校出身。1年間の浪人を経て駿台法律経済&ビジネス専門学校に入学。1年次に宅地建物取引士と管理業務主任者を取得。2年次に行政書士試験に合格。当初は大学編入コースで大学進学を目指していたが、複数の資格取得を自信に就職に変更し、株式会社穴吹ハウジングサービスに入社。東京西支店に配属され、主にセザールやレクシオなどのマンションの管理を担当。今後の目標は、「お客様とのコミュニケーションにおいて明確な根拠を持って対応すること、そして社内で新人王を取ること!」と語る。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

先輩の仕事について学ぶ
駿台法律経済&ビジネス専門学校(専修学校/東京)