• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 東京
  • 駿台法律経済&ビジネス専門学校
  • 学校の特長

学ぶ内容・カリキュラムが魅力

試験本番をゴールに設定したカリキュラムを組み、基礎学習~答案練習まで効果的に学習

法律経済学科の公務員受験コースでは、基礎から段階的に学び、2年間で公務員試験合格を目指します。大学編入コース(経済・経営・商学部系クラス)では、大学の教養科目に匹敵する内容をしっかり学習します。不動産三冠合格コースでは、宅建士、マンション管理士、管理業務主任者試験の不動産関連3資格合格を目指します。法律実務学科の法律資格系コースでは、行政書士・宅建士の資格を目指して、2年間で法律科目を集中的に学びます。大学編入コース(法・政治学部系クラス)では、上記不動産3資格の合格を目標に、資格取得者として大学へ進学することを目指します。学校の特長1

きめ細かな少人数制

学生と講師の距離が近いのでいつでも気軽に質問でき、疑問を明日に残しません

本校では、学生一人ひとりの弱点を把握したきめ細かな個別指導によって、大きな学習効果をあげています。例えば、法律経済学科の場合、本試験にマッチした答案練習会を1年次後期から開始し、本番の雰囲気に慣れるように訓練しますが、質問があればいつでも講師陣が対応し、疑問を残しません。これが少人数クラスの利点です。 さらに、クラスは完全担任制。講師はもちろん、職員も一丸となって就職・進学にいたるまで徹底的にサポートします。何か疑問があれば、いつでも講師室へGO!休み時間、放課後はもちろん、授業のない日も気楽に質問・相談ができます。集中して勉強したい人には、ブースになった専用自習室での学習がお勧めですよ!学校の特長2

自由に科目・コースが選べる

入学後も自分の進度や進路に応じて、設置コースの中からコース選択(変更)ができます

入学後も自分の進度や進路に応じて、公務員系、法律資格系、ビジネス系、進学系の中からコース選択ができます。昨年のコース変更例をご紹介します。A君は、1年次は行政書士・宅建士コースに在籍して、宅建士に合格。学校行事で裁判所見学に行って、裁判を傍聴してから、裁判所で働きたいと思い、2年次は公務員高卒・初級コースで学習し、国家公務員試験に合格しました。Bさんは、卒業後は不動産関連企業に就職したいと考え不動産ビジネスコースに入学しましたが、宅建士の試験勉強を通じて、さらに法律の勉強に興味が湧き、大学編入に進路を変更しました。4月からは大学の法学部3年生です。コース選択は、担任と相談して決定します。学校の特長3