• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 宮城
  • 東北文化学園大学
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 今野 優子さん(医療福祉学部 保健福祉学科生活福祉専攻/社会福祉士(ソーシャルワーカー))

私立大学/宮城

トウホクブンカガクエンダイガク

明るい今野さんの周りにはいつも笑顔がいっぱい

先輩の仕事紹介

毎日のケアが自分への信頼となって還ってくる。その積み重ねがやりがいです

社会福祉士(ソーシャルワーカー)
医療福祉学部 保健福祉学科 生活福祉専攻/2004年3月卒
今野 優子さん

この仕事の魅力・やりがい

介護福祉士からスタートし、施設内人事で5年前から支援相談員として働いています。支援相談員は入所に際してご家族や行政・病院関係者など各方面との折衝を通し、入所する方にとってよりよい環境を作っていく仕事。当施設は認知症の高齢者が多く、当人のケアももちろんですが、ご家族のケアも意外に重要なんです。なかには想いが強すぎるがゆえに気持ちの面で病状を受け入れることが出来なかったり、不安を多く抱えてしまうご家族もたくさんいらっしゃるんですね。そんなご家族の方から「優子ちゃんといると、おばあちゃんの顔が明るい気がする」と言って頂けると嬉しい!信頼を寄せられていると実感できるところが福祉の仕事のやりがいですね。

この分野・仕事を選んだきっかけ

福祉関係に興味があり、介護福祉士と社会福祉士の2つの国家資格が目指せるこの学科を選びました。大学の実習で様々な施設を目にして、機械的になりがちな集団ケアではなく、家庭的な雰囲気を持つユニットケアで働きたいと思うように。大学の先生の紹介を経て、新設として開所することになっていた今の職場に卒業後すぐ就職しました。同じ施設に医師、看護師、理学療法士、ケアマネジャー、栄養士など様々な専門職が在籍しているので、自分の視野もすごく広がりますね。何より、一人の入所者さんに多分野のケアが有機的に重なっていく現場に居られることが勉強になります。

面会に来た家族とのコミュニケーションも大切な仕事

業界ココだけ話!

施設によるかと思いますが、チームで一つのケアに取り組んでいくスタイルなので、産休・育休が取りやすく仕事とプライベートを両立できる環境だと思います。私も2人の子供のママですが、保育園の入園時期に合わせて産休期間を延長して頂きましたし、復帰してからも子供が熱を出した時に融通を利かせてもらったり、とにかく周囲の理解に助けられているなと感じます。時短制度を使いメリハリをつけて働いている方もたくさんいますよ!福祉の仕事というと厳しいイメージがあるかもしれませんが、大変なことばかりでもないんです。施設の夏祭りボランティアなど気軽に現場を見られる場はたくさんあるので、是非自分の目で確かめて感じてほしいです。

転院や他所からの受け入れなど関係各所との調整も

今野 優子さん

医療法人社団 俊香会 介護老人保健施設 羽生の丘・オーベルジュ勤務/医療福祉学部 保健福祉学科 生活福祉専攻/2004年3月卒/大学時代はアルバイトとサークルに打ち込み、バレーボールサークルではリベロとして活躍。その時の仲間とは今も集まって、仕事のことなどを相談し合う仲だそう。プライベートでは2児のママ。育児休暇中に介護支援専門員(ケアマネジャー)の資格を取得したしっかり者の一面も。「取った資格を活かしてジョブチェンジしたり、働きながらキャリアアップしていけます。年齢を重ねても続けていける仕事だと思いますよ」と語ってくれた。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

先輩の仕事について学ぶ
東北文化学園大学(私立大学/宮城)

大学・短期大学・専門学校を探すならスタディサプリ進路