• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 宮城
  • 東北文化学園大学
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 千葉 晃弘さん(医療福祉学部 リハビリテーション学科視覚機能学専攻/視能訓練士)

先輩の仕事紹介

眼科検査に不可欠なのはコミュニケーション力。将来はスポーツの分野にも携わりたい

視能訓練士
医療福祉学部リハビリテーション学科視覚機能学専攻/2017年卒
千葉 晃弘さん

この仕事の魅力・やりがい

東北医科薬科大学病院に勤務し、眼科受診の患者様の検査を担当しております。視力検査、眼底写真の撮影、さらに、まっすぐ見ている時に上下左右前方がどれくらい見えているかを調べる視野検査、両目の位置関係を調べる眼位検査、眼球運動の検査、メガネ合わせなど様々な検査を致します。まだ2年目で夢に向かっているのですが、やりがいのある仕事です。今後は「視覚とスポーツの関係」や、パラスポーツの分野などにも携わっていくことが目標で、これからも学び続けたいと思っています。

学校で学んだこと・学生時代

学生時代は「眼科」に関するものは必死で勉強をしました。学生時代は本当に多くの検査機器に触れることができました。就職してからは経験できないくらいたくさん種類がありました。また現在の仕事で重要なことはコミュニケーション力なので、実習やサークル・アルバイトなどの経験で身に付けたコミュニケーション能力がそのまま仕事に生きてくると強く感じています。

分野選びの視点・アドバイス

自分自身は、高校時代まで部活に熱中し、あまり勉強に時間をかけてきませんでした。大学は新しく学ぶ分野なので、誰でも1からのスタートとなります。本気になれば「勉強をまともにやってなかった」と思う人でも力をつけることができると実感しました。少しでも憧れや夢を抱き、学びたいという想いがあれば、ぜひ挑戦してみてください。勉強をやった分だけの結果は、しっかりついてきます!

千葉 晃弘さん

東北医科薬科大学病院勤務/医療福祉学部リハビリテーション学科視覚機能学専攻/2017年卒/高校時代は部活に熱中したが、資格とスポーツの関係を学びたいと東北文化学園大学の視覚機能学専攻で1から学ぶ。眼科に関する知識を徹底的に学んで卒業し、2017年4月より現職。パラスポーツの分野などに携わりたいという目標を抱きながら、日々学ぶ姿勢を忘れず仕事に励んている。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

東北文化学園大学(私立大学/宮城)