• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 国公立大学
  • 秋田
  • 秋田県立大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • システム科学技術学部
  • 情報工学科

公立大学/秋田

アキタケンリツダイガク

[学校トップ][学部・学科コース]は旺文社「大学受験パスナビ」の内容に基づいています(2019年8月時点)

秋田県立大学 システム科学技術学部 情報工学科

定員数:
40人

多種多様で膨大な情報を活用して、知的な人間支援を実現

学べる学問
  • 情報工学

    コンピュータ・ソフトウェアの理論や技術を身につける

    効率的な情報処理を行うコンピュータの開発をめざす。コンピュータ自体やソフトウエアの基礎から、高度な情報処理技術について学んでいく。

  • 通信工学

    音声・画像を伝送するための新しい理論や技術を研究

    通信工学とは、パソコンやスマートフォンなどのコンピュータ関連やそれぞれをつなぐネットワークについて研究する学問です。通信とは、送信者から受信者へ情報を伝達すること。研究対象は、ハードウエアとソフトウエア、アナログからデジタルまでと多岐にわたります。数学と電磁気学を基礎とし。同時に、通信工学の基本となるコンピュータやネットワーク、プログラミングや電気回路などについて、座学と実験を通じて理解を深めていきます。IoT化が進むことを考えると、卒業後の活躍の場はあらゆる分野に広がっていくでしょう。

目指せる仕事
  • プログラマー

    コンピュータを動かすプログラムの開発・作成

    コンピュータにどんな仕事をさせるか、SEの書いた仕様書を見ながら、フローチャートをつくりそれをコンピュータ言語に翻訳し、それが正しく稼動するかどうかをチェックする。コンピュータは、たったひとつのミスでも稼動できないため、想定されるあらゆるケースの元でテストを何度も行うため、根気のいる仕事。

  • システムエンジニア(SE)

    効率的なシステムを考え、設計する

    ユーザーの目的にかなったコンピュータのシステムを設計する仕事。システム開発に必要な情報を分析する技術力はもちろんのこと、柔軟な思考力、想像力が必要とされる。システムを設計するのが仕事になるので、コンピュータの知識だけでなく、システム化する物に関する知識が必要になる。

  • ネットワーク技術者

    コンピュータ間のネットワーク構築

    顧客の要望を聞き、それにあったネットワークを考え、コンピュータ間をつなぐ、全体のシステム設計を構築するエンジニア。コンピュータ・ネットワークの将来構想は深まるばかりなので、注目度の高い仕事だ。ハードウェアや電気通信、コンピュータのシステム体系などに精通した知識が必要。

  • 通信技術者

    新しい通信技術や通信ネットワークの開発者

    携帯電話をはじめ、身のまわりの通信機器をみるだけでも日々新しい技術が導入され進歩を続けている。そんな通信の世界で、より進んだ技術を生み出し、高度で便利なネットワークを生み出していく。

  • カスタマーエンジニア(電気・通信機器)

    通信機器やOA機器の導入・保守・点検などを行うエンジニア

    通信機器やOA機器などを導入する際のセッティングや保守・点検、修理などを担当するエンジニア。導入先である企業を訪れて、現場で仕事をする。担当エリア内で複数の顧客を担当していることが多い。トラブルの際には現場に急行し、迅速に故障・障害の原因を探って、修理や機器の交換などを行う。扱う製品やサービスに応じて、電気・機械・通信系の専門知識・技術が求められる。また、顧客と直接接する仕事なので、コミュニケーション能力も大切だ。

  • 高校教諭

    自分の専攻の知識を生かしてより専門分野を深く教える

    公立・私立の高等学校で、自分の持っている免許状の担当教科を教え、生徒の部活動や生活・進路指導を行う。また、学校運営の事務も行う。小学校・中学校よりも一般的に授業時間が少ないので、専門分野の勉強に打ち込める時間も取りやすい面もある。

初年度納入金:2021年度納入金(予定) 81万7800円~95万8800円 

秋田県立大学 システム科学技術学部 情報工学科の学科の特長

システム科学技術学部 情報工学科の学ぶ内容

情報工学を基盤に多種多様で膨大な情報を活用し、知的な人間支援の実現を目指す
情報工学を基盤として、現実世界の多種多様で大量な情報を活用して、人を助ける賢い情報システムを創出できることを目的とした教育と研究を行います。また、農業・生活支援・健康・交通・エネルギー等の分野において、社会の幅広いニーズを満たす情報システムを設計・開発・運用できる実践的な人材の育成に力を入れます。

システム科学技術学部 情報工学科のカリキュラム

AI等による、これからの社会を支える新しい情報技術の開発、人間支援情報システムの設計・開発
■日常の生活と生産の場に欠かせない情報技術の基礎と応用をバランス良く学修
■メディア情報処理、知能情報処理、情報ネットワークシステムに関する専門知識・技術を重点的に修得
■幅広いニーズを満たす情報システムを設計・開発・運用できる能力の修得
■プロジェクト型実習を通した、情報技術者が備えるべき実践力の醸成

システム科学技術学部 情報工学科の研究室

研究グループ(各研究室)
基礎情報工学講座、人間支援情報工学講座の2つの講座があり、2グループより専門性を高めることができます。情報システム/メディア情報処理

システム科学技術学部 情報工学科の卒業後

活躍が期待される分野
ITソリューション、ITインフラ設計/映像音響システム設計/情報、通信システム設計/組み込みシステム設計/ソフトウェア開発/システムエンジニア/技術コンサルティング
大学院進学者
秋田県立大学(52名)、秋田大学大学院、千葉大学大学院、山梨大学大学院、新潟大学大学院、電気通信大学大学院、東京工業大学大学院、北陸先端科学技術大学院大学、芝浦工業大学大学院(※2019年3月システム科
学技術学部卒業生実績)

システム科学技術学部 情報工学科の制度

学生自主研究
新入生と2年生が自ら興味を持っているテーマやこれから取り組もうとする分野に積極的にチャレンジできる制度。教員がアドバイスを行い、実験スペースや機材、研究資金を交付してバックアップ。興味が研究に変わると課題が見えてきます。自ら積極的に取り組むことにより、「課題発見能力」と「問題解決能力」を伸ばせます。

秋田県立大学 システム科学技術学部 情報工学科の学べる学問

秋田県立大学 システム科学技術学部 情報工学科の目指せる仕事

秋田県立大学 システム科学技術学部 情報工学科の資格 

システム科学技術学部 情報工学科の取得できる資格

  • 高等学校教諭免許状【情報】<国> (一種 ※)

※ただし、文部科学省における審査の結果、予定している教職課程の開設時期が変更となる可能性があります

システム科学技術学部 情報工学科の受験資格が得られる資格

一級技術認定(指導監督的実務経験1年以上を含む3年以上の実務経験)
二級技術認定(実務経験1年以上)

システム科学技術学部 情報工学科の目標とする資格

    • 電気通信の工事担任者<国> (受験科目の一部免除)

秋田県立大学 システム科学技術学部 情報工学科の就職率・卒業後の進路 

システム科学技術学部 情報工学科の主な就職先/内定先

    県内:(株)フィデア情報システムズ、リコーITソリューションズ(株)、(株)アキタシステムマネジメント 県外:(株)協和エクシオ、(株)JVCケンウッド、東芝テック(株)、(株)TKC、(株)ビッツ、東日本旅客鉄道(株) ほか

※ 2019年3月卒業生実績 (学校全体)

※2018年設置につき卒業生を輩出していないため、学部全体の実績です

秋田県立大学 システム科学技術学部 情報工学科の入試・出願

入試一覧
合格難易度

秋田県立大学 システム科学技術学部 情報工学科の問い合わせ先・所在地・アクセス

〒015-0055 秋田県由利本荘市土谷字海老ノ口84-4(本荘キャンパス)
TEL:0184-27-2000
E-mail:koho_akita@akita-pu.ac.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
本荘キャンパス : 秋田県由利本荘市土谷字海老ノ口84-4 JR羽越本線「羽後本荘」駅からバスで5分、「県立大学入口」下車、徒歩15分

地図

 

路線案内

※ 【本荘キャンパス】●秋田空港→車(約50分) ●JR秋田駅→車(約1時間) ●JR秋田駅→JR羽越本線(約45分) 、JR羽越本線 羽後本荘駅→バス(約5分)


秋田県立大学(公立大学/秋田)