• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 大阪
  • 常磐会学園大学
  • 先生・教授一覧
  • 加藤達雄 教授(体育/幼児体育)

こんな先生・教授から学べます

子どもの発達・発育を支える運動について教えてくれる先生

体育/幼児体育
国際こども教育学部 
加藤達雄 教授
先生の取組み内容

私が担当する体育・幼児体育分野の科目では、幼児期の運動や運動あそびが、どのように子ども達に関係するかを学びます。この知識は、これから保育士や幼稚園教諭、小学校教諭として活躍する人に不可欠です。特に最近は運動や体育は、子ども達の発達・発育に関わる重要なこととして捉えられています。
授業では、大学、大学院、そしてこれまでずっと私が研究してきたバイオメカニクス(運動学)を基礎に、実際に身体を動かしながら、実践的に学べることを大事にしています。また、学生により深く理解してもらえるよう、春と秋の2回、近隣の子ども達を招き、ボランティアの学生と一緒に運動遊びを通して学ぶ公開講座「キッズ運動教室」を実施。この講座を通じ、学生達には、専門知識と共に子どもに寄り添う心も身につけてほしいですね。

授業では、学生も子ども達と同じ、運動遊びや運動を体感。その中で子ども達の視点に立って考える力を育む

授業・ゼミの雰囲気

実際に体を動かしながら、運動の楽しさと意味を深く理解する授業

加藤教授は、子どもの健康や発育に影響する運動方法や体の動かし方、体育、食育などを学ぶ「保育内容(健康)」、小学校教諭をめざす人向けの「体育科教育法」など、いくつもの科目を担当。学生を指導する時には、「なぜこの運動や動きが必要なのか、この順番で正しいのかを、自分の頭で考えて実践することの大切さ」を伝えているとのこと。最後に「大学には、学生が自由にグラウンドや道具を使えるようにしているので、自分達も遊ぶことの楽しさを知って、子ども達に伝える人になってほしい」と、学生達への思いも語ってくれました。

「受け身の姿勢ではなく、自分から能動的に学ぶ姿勢がより理解を深めてくれます」と加藤教授

キミへのメッセージ

学生の未来を本気で考える私たちが、みなさんの夢を応援します!

少人数制教育を基本とする本学では、学生と教授陣の距離が近いのが魅力です。「将来は子ども達に寄り添える保育者・教育者になってほしい」との思いを胸に丁寧に指導しますので、私たちと一緒にがんばりましょう!

教授室をいつも学生達が入りやすいようオープンにし、色んな相談にも親身になって対応してくれる加藤教授

加藤達雄 教授

専門:体育・幼児体育
大阪教育大学・大学院を卒業後、複数の大学で教育に携わる。常磐会学園大学では、体育・幼児体育分野の「ウェルネスの科学」「保育内容(健康)」「保育科教育法」「保育科教育法」など、幅広い講義を担当。長年の教育・指導経験とバイオメカニクス分野の学術的知識をもとに、未来の保育士・幼稚園教諭・小学校教諭の育成に関わる。健康運動指導士・レクリエーションインストラクターの資格も保有している。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先生・教授から学べるのは…
学校イメージ

この学校のおすすめ記事

常磐会学園大学(私立大学/大阪)