• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 大阪観光大学
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 田頭 恵利さん(観光学部 観光学科/空港業務スタッフ(グランドスタッフ))

私立大学/大阪

オオサカカンコウダイガク

世界中のお客さまとふれ合える、やりがいのある毎日です

先輩の仕事紹介

安全で快適なフライトを支える使命と責任。その仕事の先に大きなやりがいが待っています。

空港業務スタッフ(グランドスタッフ)
観光学部観光学科/2014年3月卒業
田頭 恵利さん

この仕事の魅力・やりがい

関西国際空港を舞台に、グランドスタッフとして働き始めて4年目。現在はチケットの発券や手荷物のお預かり等を行うカウンター業務と、搭乗ゲートでの手続きやお客さまの機内への誘導を行うゲート業務の両方で、責任者の役割を担っています。この仕事は常に時間との闘い。そのためにはスムーズなご案内が欠かせませんし、もし航空機に遅れが発生した場合は的確な対応が求められます。定刻通りのフライトを支えるというプレッシャーは大きいですが、その分、無事に飛行機が飛び立った時の達成感は言葉では言い表せないほど。世界中のお客さまとの出会いや、お客さまからいただく「ありがとう」のひとことも、毎日の仕事の励みになっています。

学校で学んだこと・学生時代

大学時代に力を入れたのは、キャンパスのある大阪・泉州の魅力を探り、地域の人々へ発信する『泉州RUSHプロジェクト』の活動。地元の観光スポットを巡るバスツアーをはじめ、さまざまな取り組みの企画や運営を学生たちだけで行いました。同じ目標に向い仲間と協働したことで、責任感やチームワークの大切さを学びました。その学びは、数多くのスタッフが連携し、ひとつの仕事をチームとして成し遂げる空港の現場で本当に役立っています。もうひとつ、人生の財産となった経験がアイルランドへの長期留学。世界のお客さまと自信を持って向き合えるのも、英語力のおかげです。大学時代に重ねたすべての挑戦が、私の“今”につながっています。

英語は日常的に使用。留学の経験が活かされます

これからかなえたい夢・目標

この世界で経験を重ねるたびに、自ら考え、答えを導き出すことの大切さを実感します。トラブル発生時にお客さまと向き合う時も、お客さまのお気持ちを瞬時に読み取り、正しい対応ができなければ現場はスムーズには動きません。後輩を指導する立場となった現在、「考える癖をつけよう」というアドバイスを伝えています。もちろん私自身も、まだまだ毎日が勉強の連続。経験不足に気づかされる場面は数多くあります。いかなる時でも余裕のある対応ができるよう、実務面と人間性の両方から成長を続けることが今後の目標。さらに、英語以外にも語学の幅を広げて、より多くのお客さまのお役に立ちたいと考えています。

こまめに連絡を取り合い、最新の状況をチームで共有

田頭 恵利さん

株式会社Kスカイ勤務/観光学部観光学科/2014年3月卒業/高校時代にも留学を経験している田頭さん。世界を肌で感じた経験が観光業界を志すきっかけとなった。「受験したのも大阪観光大学だけ。他の業界に進むことは考えられませんでした(笑)」。大学時代は少人数制ならではのアットホームな環境の中で、先生とも積極的に交流。観光業界のプロが揃う同学の魅力を感じたと言う。「得意の英語を活かせる仕事を考えた時、真っ先に頭に浮かんだのが航空業界。大手航空会社で長く活躍された先生から、就職に関する役立つ情報を伺えたのは心強かったですね」。学生時代も現在も、“出会い”が彼女の力になっている。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…
学校イメージ

この学校のおすすめ記事

先輩の仕事について学ぶ
大阪観光大学(私立大学/大阪)