• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 北海道
  • 大原医療福祉専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 上田 望鈴さん(医療事務2年制学科/医療事務・秘書)

点数算定はパソコンだけに頼らず、しっかり確認します

先輩の仕事紹介

仕事とプライベートを両立できる医療事務。スキルアップ目指して頑張っています!

医療事務・秘書
医療事務2年制学科/2017年卒
上田 望鈴さん

この仕事の魅力・やりがい

現在は入院病棟の医療事務を担当しています。退院された患者さまと現在入院している100名以上の患者さまのレセプト(診療報酬明細書)、請求書を作成しています。脳神経外科の急性期病棟を担当しているので、毎日たくさんの入退院があり、緊急手術を必要とする患者さまも多いので、1日の業務はかなりの量になります。紙カルテと電子カルテを併用していたり、医療内容や点数算定も難しいですが、日々医療事務としての知識が広がっていると実感できます。患者さまが回復して退院される時は、よかったなと思います。また、医療費が高額な場合は負担限度額を軽減できる方法があり、それをお伝えすると喜んでもらえるのでうれしいですね。

この分野・仕事を選んだきっかけ

私自身のケガで通院することもよくあったので、病院は身近に感じられる存在でした。そして商業高校で事務系の仕事について学び、馴染みもあったことから医療事務の仕事を目指すようになりました。当時は医療事務の仕事というのは病院の受付・会計のようなイメージでしたが、大原に入学してからレセプト業務やクラーク業務などの仕事の内容が多岐に渡ることを知りました。就職活動では、診療科目についての希望は特にありませんでしたが、規模が大きくて病床数の多い病院に勤めたいとは思っていました。というのも、医療事務は仕事と育児を両立しやすい仕事なので、いまのうちにいろんな経験をしてスキルアップしたいと思ったからです。

カルテの管理は、医療事務にとって大切な業務のひとつ

学校で学んだこと・学生時代

大原に進学したのは、医療秘書や医療請求事務はもちろん、診療報酬請求事務能力認定試験(医科) の合格実績が高いから。在学中は資格取得と勉強に励むと決めていましたが、専門的な勉強は難しく、くじけそうになったこともありました。でも、同じ目標をもつ仲間が近くにいてくれたし、先生方の丁寧な指導や励ましのおかげで乗り越えられました。資格を取得できるまで徹底的にサポートしてくれて、いい意味でプレッシャーをかけてもらえる環境だったので、頑張れたのだと思います。また、オープンキャンパススタッフをしていたため、色々な人と接する機会があり、人と話すことの楽しさ、おもしろさを感じられたのもいい経験になりました。

患者さまやそのご家族に入院費の説明などもします

上田 望鈴さん

中村記念南病院勤務/医療事務2年制学科/2017年卒/テキパキと応対する上田さん。「また大原の卒業生が入社するので、先輩として頑張らないと!」と笑顔でこれからの意気込みを話してくれた。学生時代について尋ねると「自分のやりたいことは、自分でちゃんと考えて動かないとダメだということなど、勉強だけじゃなく大原では本当にたくさんのことを教えてもらいました」と。休日の過ごし方を尋ねたところ、趣味はロックから宝塚まで、幅広いジャンルのステージを観ることとか。「平日はしっかり働いて、休日はライブ。メリハリのある生活ができているので、医療事務の仕事に就いてよかったです!」と明るく語ってくれた。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

先輩の仕事について学ぶ
大原医療福祉専門学校(専修学校/北海道)