• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 東京福祉大学
  • 好奇心の授業一覧
  • たっぷり遊んだ人ほど、人付き合いがうまくなるってホント?

私立大学/東京・群馬・愛知

トウキョウフクシダイガク

好奇心の授業

人間・心理
たっぷり遊んだ人ほど、人付き合いがうまくなるってホント?
テーマphoto
相手と話すとき、あなたはどうしていますか?
テーマphoto
“みんなで遊ぶ”授業
人付き合いが苦手な子どもが増えている
「今日一緒に遊べる?」
「いいよ。三時にうちに来て」
こんな会話を交わし、遊んだ記憶は誰にでもあるはず。でも最近、友達に「あ~そ~ぼ!」とか「一緒にやらない?」と言えない子どもが多いという。友達とどう付き合ったらいいかわからない子どもが増えているのだ。
付き合い方がわからない。その原因は?
昔は集団遊びが中心。集団は異年齢の子で形成され、遊びの進め方や役割分担、コミュニケーションの取り方や人間関係の築き方などの「ソーシャル・スキル」は、年齢の高い子から低い子へ自然と伝えられていた。子どもは集団遊びを通じてルールを学び、社会化していったのである。
しかし、ボードゲームやテレビゲームが盛んになったころから、小集団での遊びへ移行していく。塾通いや共働きの親の増加、遊び場の減少など、子どもを取りまく環境も一変。遊びが変化し、子どもはソーシャル・スキルを学ぶ場を失ってしまった。
では、いかにソーシャル・スキルを習得させればいいか?
その一つの取り組みが学校での集団遊びだ。
たとえば「にらめっこ」。人と向き合う時は緊張感を抱くが、遊びながら人の目を見つめる経験を重ねると緊張がほぐれるようになる。また、子どもに人気の高い「三つどもえ鬼ごっこ」は、クマはキツネを、キツネはキジを、キジはクマをつかまえるルール。最初は各々の役の子が一対一で相手をつかまえるが、ゲームを繰り返すうちに、おとりをつけたり、何人かで追い込んだり。仲間意識が生まれ、協力し合うようになる。集団が形成されると役割分担やコミュニケーションが必要となり、ソーシャル・スキルも鍛えられるのだ。
私たちは「遊び」を通じてソーシャル・スキルを学んできた。たっぷり人と関わり、豊かな遊び経験を積んだ人が、上手に人と付き合うコツを手にする人と言えるのかもしれない。
これって実は・・・臨床心理学
学べるのは、ココ!
東京福祉大学 心理学部 心理学科
photo
緑豊かなキャンパス
認定心理士資格取得のための指定科目と、社会福祉をトータルに学べるカリキュラムで「こころのケア」や「こころのメカニズム」に精通した人材を養成します。専門教育科目では、心理学分野の多彩な科目で心理学の研究方法・実験方法や臨床心理実践の基礎を学習。さらに、福祉に関する相談・援助の実践方法も学習します。専門展開科目では、社会福祉士国家試験受験資格取得に向けた指定科目を履修できます。卒業後は、公務員や一般企業で活躍するほか、児童・福祉施設や教育機関等心理の隣接分野への就職もめざせます。また、本学大学院臨床心理学専攻修士課程(日本臨床心理士資格認定協会第1種指定)へ進学し臨床心理士をめざすことも可能です。

東京福祉大学(私立大学/東京・群馬・愛知)