• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 東京福祉大学
  • 先生・教授一覧
  • 北爪 克洋准教授(福祉学)

私立大学/東京・群馬・愛知

トウキョウフクシダイガク

こんな先生・教授から学べます

人を知り、人を支えるための技術を教えてくれる先生

福祉学
社会福祉学部 社会福祉学科
北爪 克洋准教授
先生の取組み内容

ソーシャルワークに必要な技術習得を目指す授業を担当しています。ソーシャルワークとは、さまざまな理由から「生活のしづらさ」を感じている人を支援する社会福祉活動のこと。社会福祉と聞くと、高齢者や身体の不自由な方の支援を行う「介護」と、子どもの養育を支援する「保育」を想像する方が多いと思います。もちろん、それらも重要な分野ですが、ほかにも支援を必要としている人は大勢います。例えば、十分な収入がなく生活が困難である人、働きたくても何らかの理由で仕事に就けない人、人との関わりが上手くいかずに学校に通えない人、また災害の被害に遭われた人など。そうした人たちが抱える問題や心に寄り添いながら、その人らしく輝けるように支えるのがソーシャルワークであり、その実践者がソーシャルワーカーなのです。

「介護」や「保育」が身体的な支援であるならば、ソーシャルワークは生活全般の支援といえるでしょう

授業・ゼミの雰囲気

週に2回の実習を1年間続ける中で現場に必要な知識と技術を身につける

座学で得た知識が現場でどのように活用されるのかを実習を通じて学びます。特に3年次のソーシャルワーク実習では、10日間の実習の後、半年間週2回の実習を行っていきます。並行して行われる授業では、実習での出来事や対応に苦慮したことについてディスカッションを重ねて自分たちなりの答えを探る。そして、また現場に出てディスカッション内容を実践する。そうした経験を繰り返すことで現場に必要な知識と技術、さらには考える力を身につけていきます。

相互理解のため他学科の学生にも協力してもらいながらコンサートなどのイベントを開催することも

キミへのメッセージ

ソーシャルワークには「人の役に立ちたい」という気持ちが大切です

社会福祉を難しく考える必要はありません。「人が好き」「人の役に立ちたい」という想いがあれば、それが社会福祉を学ぶスタートライン。今後の社会に不可欠なソーシャルワーカーという仕事を一緒に目指しましょう。

放課後などにも学生一人ひとりの相談に親身なって答えてくれる先生です

北爪 克洋准教授

ソーシャルワーク技術、ソーシャルワーク教育
東北福祉大学社会福祉学部を卒業後、同大学院社会福祉学研究科に進学。社会福祉学修士、社会福祉士、精神保健福祉士の資格を取得。非行児童の支援に関わり、施設に入所した児童の支援、それを支える家庭や地域社会について研究する。専門学校講師を経て、東京福祉大学社会福祉学部へ。著書:「すぐに使える!学生・教員・実践者のためのソーシャルワーク演習」ミネルヴァ書房など

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先生・教授から学べるのは…

この学校のおすすめ記事

東京福祉大学(私立大学/東京・群馬・愛知)