• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 日本赤十字北海道看護大学
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 安田 聖佳さん(看護学部 看護学科/看護師)

私立大学/北海道

ニッポンセキジュウジホッカイドウカンゴダイガク

赤ちゃんがかわいくて…いつも癒されています

先輩の仕事紹介

命の誕生、母と子の対面を一緒に喜び合えることに毎回感動!

看護師
看護学部 看護学科/2013年3月卒
安田 聖佳さん

この仕事の魅力・やりがい

分娩や出産後のお母さんと新生児のケア、切迫患者さまのケアが主な仕事です。命の誕生に立ち会い、母と子の対面を一緒に喜び合えることがこの仕事の素晴らしいところ。出産に立ち会った初めの頃は、感動で毎回泣きそうになっていました(笑)。ここでは母乳育児に力を入れているんですが、母乳が出なくて悩む方は結構多いもの。そんな時は、お母さんを励ましながら毎日乳房マッサージをして、諦めないよう赤ちゃんに授乳してもらいます。それにより少しずつ乳汁分泌量が増し、母乳育児に自信を持ってもらえると嬉しいですね。患者さまが「ありがとう」と声をかけてくださったり、赤ちゃんと一緒に笑顔で退院されるときが一番の喜びです。

この分野・仕事を選んだきっかけ

母は昔保健室の先生、姉は薬剤師だったことから、昔から話を聞いたり医療関係の本を読むことが多く、医療職に就きたいと考えていました。また人に喜んでもらうことも好きだったので、患者さんと24時間関わることのできる仕事は看護師だと思い目指すことに。就職先としてこの病院を選んだ理由は、学生時代に実習で訪れた際、先輩方が皆優しく指導も丁寧で、とても実習を行いやすかったんです。出産後のお母さんと寄り添って会話できたことも大きかったです。実際に仕事を始めた今も、働きやすい環境だと思っています。1年目の今は業務に慣れることで精一杯ですが、看護師よりも近くで母と子の出会いに関われる助産師の仕事は、今後の夢の1つです。

多くの方に母乳育児に対して自信を持ってもらいたい!

学校で学んだこと・学生時代

平日は学校、週1でバトミントンサークル、土日はアルバイトと、充実した学生生活を送っていました。でも3年次後半で本格的な看護実習が始まってからは、学業一本に。病棟によって2週間から4週間の長い実習になるのでかなり辛いときもありました。でもそんなとき、何より励みになったのが友達の存在。一緒にごはんを食べに行って喋ったり、カラオケに行ったりしてうまく息抜きをしていました。1回の実習が終わるごとにすごい達成感を感じていましたね。また、この学校は学生と先生の距離が近いのが特徴。実習で辛いことがあったときは話を聞いていただいたり、看護記録も遅くまで付き合って見ていただいたり…本当に親身に接していただきました。

優しく、面白い先輩に囲まれたアットホームな職場です

安田 聖佳さん

北見赤十字病院 周産期母子センター勤務/看護学部 看護学科/2013年3月卒/職場の雰囲気は大変良く、常に患者さまに安全な医療を提供できるよう、スタッフ全員で何度も振り返りや話し合いをしているという。飲み会では二次会でカラオケにいくこともあり皆パワフルだ。「その場にいるだけでも楽しめるんです(笑)」と安田さん。病棟で助産師と共に働くことにより、助産師は看護師よりも近くで母と子の出会いに直面できる仕事だと実感したという。「今後働く上で夢や目標を選択するときは、助産師も選択肢の一つとして考えていきたいです」。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…
日本赤十字北海道看護大学(私立大学/北海道)