• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校 静岡医療科学専門大学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 北川 恵里さん(作業療法学科/作業療法士)

静岡県認可/専修学校/静岡

センモンガッコウ シズオカイリョウカガクセンモンダイガッコウ

常にその人の個性、気持ちを大切にして接します

先輩の仕事紹介

患者様が元気になり、笑顔になる!リハビリを通して、そのお手伝いをするのが私の仕事

作業療法士
作業療法学科 卒/2002年卒
北川 恵里さん

この仕事の魅力・やりがい

総合病院で作業療法士として働いています。作業療法とは、さまざまな作業を通じて患者様の身体機能の回復を図る療法のことです。リハビリを通してできることが少しずつ増え、元気になっていくお手伝いができる、やりがいのある仕事です。患者様との距離が近いのも、この仕事の魅力。元気を取り戻し、生き生きしていく様子に直接触れられるのは、とても嬉しいですね。入院中だけでなく、退院してからも快適に生きる方法を一緒に考えていきます。長く関わっていくことになるので、患者様の気持ちに寄り添うことを常に心がけています。多くの人と出会い、その人の生き方にも関わっていく。そこから多くのことを学べるのも、魅力だと思います。

学校で学んだこと・学生時代

同じ目標をもつ仲間と学べ、専門的なことを相談できる環境が整っていたので学びやすかったです。先生方からは医療職としての姿勢を多く学びましたが、印象に残っているのが「生活をするための日常動作のすべてが作業につながっている。だから、作業療法士は作業を通して患者さんのすべてをみることができる」という言葉です。この言葉は仕事をするようになって実感。起きる、食べる、歯を磨く…。生活を構成するすべての動作=作業なんですよね。一つひとつの作業が、その人にとってはとても大切なものになる。だから私は、その人の個性に合った接し方(作業)をするようにしています。この言葉は仕事をする上で私のベースになっています。

患者様の話にはしっかり耳を傾けます

分野選びの視点・アドバイス

学生時代から卒業後の仕事を意識して学んでほしいと思います。就職したら作業療法士として患者様に接する立場になるので、どのように接すればいいのか、その人のために何ができるのかを常に考えておくといいですね。臨床実習は実際の仕事に触れられるので、とても役に立ちます。作業療法士の仕事はもちろんですが、医師や看護士などの患者さんに対する声かけ、しゃべり方なども勉強になるので、しっかりみておくといいと思います。どの仕事でも同じだと思うのですが、学校での学びがあって、その上で仕事を通してキャリアを積んでいくものだと思います。学生時代はもちろん、就職後も常に向上心をもって学び続けてください!

情報はスタッフと共有。手違いのないよう細心の注意を

北川 恵里さん

医療法人社団 明徳会 十全記念病院 リハビリテーションセンター 勤務/作業療法学科 卒/2002年卒/医療系の職業に就きたいと考え、この学校に進学。編み物や洋裁など手作業が得意で、人と関わることが好きだったことから作業療法士を目指す。卒業後は十全記念病院のリハビリテーションセンターに作業療法士として勤務。現在、センターの副技師長を務める。「仕事の魅力は、幅広い年齢層の多くの方と関わりがもてること。その方と関わることになったきっかけはケガなど不幸なことではあるのですが、患者様にとってこの出会いを有意義なものに変えていくのも私の仕事だと思います」と話す。患者さんに元気になってもらうため、日々奮闘している。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

専門学校 静岡医療科学専門大学校(専修学校/静岡)