• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 長崎
  • 長崎国際大学
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 池上 円香さん(人間社会学部 社会福祉学科/生活支援員)

私立大学/長崎

ナガサキコクサイダイガク

「直接的な支援も間接支援も大切な仕事です」

先輩の仕事紹介

「人の幸せを想う心」を大切に。利用者様の想いが叶うように生活支援員としてサポート

生活支援員
人間社会学部 社会福祉学科 社会福祉士コース・精神保健福祉士コース/2013年3月卒
池上 円香さん

この仕事の魅力・やりがい

障がい者のグループホームで生活支援員として勤務しています。食事や入浴など利用者様本人に関わる直接的な支援だけでなく、利用者様の「~したい」が叶うよう後押しをすることも生活支援員の大切な仕事。利用者様の希望をいかに明確に拾えるか、そしてどのようにして実現させるかどうかを考えることは、支援員の腕の見せ所であり醍醐味でもあります。100人の利用者様がいれば100通りの「~したい」という想いが生まれ、その数だけ仕事も生まれます。この一つひとつの想いを叶えるために行動することは、その人が輝く瞬間に立ち会えることであり、働く私自身にとっても新たな自分の可能性を発見できる魅力あふれた仕事だと思っています。

この分野・仕事を選んだきっかけ

中学生の時に職場体験学習でとある高齢者施設を訪れ、そこでの利用者様との関わりや職員の方の働く姿に憧れを抱いたことがきっかけで福祉の道を志しました。その後、高校・大学と福祉の学びを深め、ボランティア活動で精神障がい者の方と関わった際に生き生きと生活されている姿に触れたこと。そして精神保健福祉士実習で精神科病院を訪れた際に「早く家に帰りたい」と訴えられていた患者様の姿を見て、この方々を支える仕事がしたいと思い、障がい福祉の分野に関心を抱くように。現在の職場は、障がいのある方の「ふつうの場所でふつうの暮らし」の実現と「生きる誇りへの挑戦」をサポートするという法人理念に感銘を抱き、入社を決意しました。

利用者様の願いをどう実現するか作戦会議をすることも

学校で学んだこと・学生時代

社会福祉士や精神保健福祉士の実習や、精神障がい者の方を対象とした地域でのボランティア活動を通して、相手の話を傾聴し、気持ちを汲み取り寄り添いながら向き合うといった福祉の基本である「人の幸せを想う心」を学びました。主体性を尊重しながら、自ら考え、仲間と協力し合い、成長できる過程を経験でき、それが今の自信や強みにつながっているのではないかと実感しています。また、学生と先生との距離が近いため、授業や進路のことで悩んだ時など、相談しやすい環境だったことはとても有難かったです。実際、私が今の職場を選んだ背景も先生方やキャリアセンターの方が学内説明会への参加を後押ししてくれたことがきっかけになりました。

「利用者様の願いを叶えるため業務は多岐に渡ります」

池上 円香さん

社会福祉法人 南高愛隣会 佐世保中央/人間社会学部 社会福祉学科 社会福祉士コース・精神保健福祉士コース/2013年3月卒/中学生の頃から福祉の道を志し、高校・大学と学びを深めていった池上さん。生きづらさを抱えながら生活している方々が自信を持って生活できるお手伝いをしたい、と現在は障がい者グループホームの生活支援員として利用者様をサポートする仕事をしている。身の回りのお世話をする直接的な支援から間接支援まで仕事は幅広く様々。想いを聴き出しどれだけ叶えられるか、一人ひとりの心に日々寄り添っている。「将来の福祉業界の担い手を確保するため、福祉の魅力とやりがいを伝えたい」と就職説明会などで話すことも多いそう。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

先輩の仕事について学ぶ
長崎国際大学(私立大学/長崎)