• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 長崎
  • 長崎国際大学
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 藤谷 千紘さん(薬学部 薬学科/薬剤師)

安心してもらえるよう患者さんに寄り添う姿勢を大事にしています

先輩の仕事紹介

より患者さんのお役に立てるように、がん専門薬剤師の資格取得を目指しています

薬剤師
薬学部 薬学科/2013年3月卒
藤谷 千紘さん

この仕事や研究の魅力・やりがい

北九州市立医療センターで、薬剤師として勤務しています。主な仕事は、外来化学療法室で抗がん剤治療をしている患者さんへの薬剤指導、スケジュール管理、副作用の確認など。治療をはじめ、不安に思っている事は患者さんにより様々なので、少しでも安心して治療を受けてもらえるように薬剤師として専門的な知識を伝えると共に、話しやすい雰囲気作りや相談しやすい環境作りを心がけています。中でも、患者さんの話にも耳を傾け、「話せて良かった!」と声をかけていただく時は、とても嬉しい瞬間。また、化学療法室の医師や看護師から薬についての相談を受けることも多く、「チーム医療の一員として認めてもらっている」とやりがいを感じます。

この分野・仕事を選んだきっかけ

両親が薬剤師で薬局を経営しているため、幼いころから働く姿を間近で見ていたことがきっかけです。職業体験で父が学校に来ることがあり、仕事の内容を知るたびにすごい職業なんだなと思い、薬剤師を志すようになりました。勤務している北九州市立医療センターは、市立病院として北九州の医療の中心となる総合病院。そのため色々な疾患の患者さんと関わったり、他の医療スタッフとのチーム医療に参加したり、自分にとって勉強になることが多いと思い志望しました。現在は、さらなる知識の習得のためにがん専門薬剤師の資格を取りたいと思い、業務の傍ら先輩薬剤師や腫瘍内科医師から色々と教わったり、研修会に参加しながら勉強に励んでいます。

注射薬を混合する業務は、いつも真剣なまなざし

学校で学んだこと・学生時代

在学中は、少人数教育や最新の設備など、勉強できる環境が整っていました。生物・物理・化学の基礎の授業がのちに薬の製造や効き方などの専門的な知識に繋がることを実感し、勉強の奥深さや面白さを知ることができたと思います。また、卒業研究では自ら計画して本格的な研究を行い、その成果を学会でポスター発表する機会がありました。他大学の学生や先生から質問を受けるなど、とても緊張するなか、自分の意見を述べることができ、とても良い経験になったと思います。大学で身につけた知識は今の仕事をする上でしっかり役に立っていますが、それ以外にも大学で学んだ勉強の楽しさが日々の意欲や向上心に繋がっていると思います。

患者さんに服薬指導をすることも業務の一環です

藤谷 千紘さん

北九州市立医療センター/薬学部 薬学科/2013年3月卒/北九州市立医療センターで薬剤師として活躍する藤谷さん。就職後も、新たに資格取得を目指すなど日々勉強は欠かせないという。在学中の印象に残っていることは、大学5年次に配属された研究室での日々。「仲間と卒業研究をしたり、国家試験に向けて共に勉強に励んだり、とても充実した楽しい時間を過ごすことができました。卒業後も連絡を取り合って近況報告をしているのですが、みんなの仕事ぶりを聞くと自分も頑張ろうと励みになります」と藤谷さん。奨励賞をもらったり、卒業研究で学会発表をしたり、在学中の貴重な経験を糧に、今の職場でも更なる高みを目指して頑張っているという。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

長崎国際大学(私立大学/長崎)
RECRUIT