• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 福島
  • WiZ国際情報工科自動車大学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 吉田 統さん(ゲームソフト開発科/ゲームデザイナー)

主にゲーム開発やゲームの企画などを行っています

先輩の仕事紹介

自分なりに考え抜いたゲーム機能の企画書を提出してGOサインが出たときは最高です!

ゲームデザイナー
ゲームソフト開発科/2018年卒
吉田 統さん

この仕事や研究の魅力・やりがい

現在私が携わっているゲームデザイナーという職種は、ディレクターからあるテーマを基に機能する企画書の制作を依頼され、資料作成するのが主な仕事です。その機能を実装する目的は何か、提案する内容の面白さ、またはユーザーライクなどを精査して企画書を作ってます。自分の企画書がはじめて通った時、この仕事のやりがいを感じます。

学校で学んだこと・学生時代

学校では専門的な知識はもちろん、ゲームの企画をする上で必要なプログラムについて学びます。今の仕事でゲームを制作する際、工数を判断するのに役に立っています。目的を最大限に発揮する企画を考える際に、プログラムの知識は今の仕事に大きく活かされていると思います。また、目標が近い者同士が集まるので、学生時代は友人達と楽しくゲーム開発について学べました。時には寝る間も惜しんで斬新なゲーム作品を作ろうと苦労したこともありましたが、今ではそれも良い思い出です。

在学中は工数を意識して勉強していました

この分野・仕事を選んだきっかけ

この仕事の業務内容に惹かれたからですが、いつか一つのソフトのディレクションを担当してみたいと思うようになったことがきっかけでした。プラン、プログラム、デザイン、シナリオ、サウンドなど、それぞれ違う分野のプロフェッショナルであるプロ同士が集まって一つの作品が完成できた時、この仕事をしていて良かったなと感じます。また在学中、とあるゲーム会社のインターンの面接で面接官の方に厳しい言葉をいただき落ち込んでいた際に、学校の先生から「次のコンテストでは賞を取ろう。できるだけサポートするから」と励ましていただきました。その時のことは今でも凄く記憶に残っていて、今の仕事を志す後押しになりました。

分野選びの視点・アドバイス

一番大事なのは自分がどんな時に楽しめるのか、満足できるのかどうかだと思います。主体的に頭を働かせるからこそ、自身の意思がそのまま作品に反映されます。物づくりでは個々の「こうしたい」という意識やプロフェッショナルさが発揮されると思うので、入学したらまずは楽しむことを最優先に考えていいと思います。

吉田 統さん

株式会社ビサイド/ゲームソフト開発科/2018年卒

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

先輩の仕事について学ぶ
WiZ国際情報工科自動車大学校(専修学校/福島)
RECRUIT