• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 尚美学園大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 芸術情報学部
  • 音楽応用学科

私立大学/埼玉

ショウビガクエンダイガク

音楽応用学科

定員数:
70人

新時代の音楽を創造する力を養う「音楽メディアコース」と、現実に即した音楽ビジネスを学ぶ「音楽ビジネスコース」

学べる学問
  • 社会学

    あらゆる社会現象を科学的に分析する

    社会と人間をテーマに社会現象を多面的に研究。研究対象は個人から国家レベルまで。扱う領域も、社会階級、環境問題、いじめなど幅広い。

  • マスコミ学

    マスメディアの歴史やしくみ、影響力などについて研究する

    放送・広告・新聞・雑誌・インターネット・携帯電話など、あらゆるコミュニケーション・メディアを研究対象とし、その特性などを学ぶ。

  • メディア学

    メディアの機能や役割、それらが人や社会に及ぼす影響を研究する

    活字媒体、テレビ、ビデオ、CATV、インターネットなど多様なメディアの特性、機能、役割を理解し、人間社会への影響や、新しいメディアづくりについて研究する。

  • 音楽

    声楽、器楽、作曲などのスペシャリストをめざす

    古典から現代まで多種多様な音楽を研究し、作曲や演奏を通して実践することで、心を豊かにして行く学問。

  • 舞台・演劇学

    演劇における表現方法を、理論と実技の両面から研究する

    舞台・演劇文化の理論と歴史をふまえ、創造的な表現を生み出す方法、技術を研究する学問。演技や歌唱、舞踏などの表現方法のほか、演出、衣装、脚本、効果などについても学ぶ。

目指せる仕事
  • ラジオ・テレビ番組プロデューサー

    番組の企画を立て、放送までにさまざまな対外調整をしていく責任者

    テレビやラジオの番組の企画を立て、それを放送するまでのさまざまな手はずを整えていく番組全体の責任者。ディレクターが実際に番組の中身を作るのに対し、プロデューサーは社内の関係セクションの許可を取り、予算やタレントの出演交渉、番組スポンサーとの打ち合わせなど対外的な調整をしていく

  • 音楽プロデューサー

    歌手や演奏家の力を引き出す

    歌手、タレントの発掘をはじめ、音楽の方向づけやテーマを決めて作詞・作曲家の選定、売り出し方にいたるまでを総合的に担当する。最近では、ミュージシャンが自ら、他の人をプロデュースするケースも多く、ヒット曲を生み出している。

  • 音楽雑誌記者・編集者

    音楽のトレンドや新しい情報をつかみ、読者が興味を引く記事にして提供

    音楽のジャンルや雑誌のコンセプトに合わせ、新曲情報やアーティストへのインタビューなどの企画を立て、取材や原稿作成を行う。特定のジャンルについて深く専門的な知識を持っていることに加え、普段からこまめにライブや演奏会に出かけ、新鮮な音楽情報を入手しておく必要がある。

  • コンサート・ステージスタッフ

    ステージセッティングや片づけを担当

    舞台監督の指示に従って、ステージで使うセットや各種の道具を管理する。まず、本番前にはステージの搬入経路、電気系統や配線設備をチェックし、音響、照明の機材や楽器などを手早く正確にセッティングする。本番では演出に従い、クレーン操作やスモークなどの仕掛けを担当する。終演後の片づけも仕事のひとつ。

  • コンサートプロモーター

    コンサートの宣伝、チケット販売等を担当

    芸能プロダクション等からコンサートの開催依頼を受け、その実施を請け負う。まず会場を予約し、日程や場所が決まり次第、各地域での宣伝や各種許可の申請、チケット販売と管理、集計などを担当する。制作、進行状況を随時チェックし、当日は観客の誘導や警備、出演者の送迎の手配なども行う。

  • イベントプランナー

    人の心を動かすイベントを企画し、成功へ導く

    イベントプランナーの役割は、新製品発表会や展示会、店舗のオープニングレセプション、音楽イベント、ファッションイベント、スポーツイベント、観光地のPRイベント、オリンピックや万博、国際会議など、さまざまなジャンルのイベントを企画することです。企画したイベントを実行に移すためには、主催者となるクライアントに“実行するに値する、魅力あるイベント”だと認めてもらわなくてはなりません。イベントを生み出すクリエイティブ力のみならず、提案力・プレゼンテーション力・対人コミュニケーション力が重要になる仕事です。なるのに特別な資格や免許は必要ありませんが、イベント・プロモーション部門のある会社に所属し、活躍している人が多いです。採用試験では4年制大学卒の学歴を求められることが少なくありませんが、短大卒や専門学校卒まで間口を広げている会社もあります。最近ではイベントとSNSを連動させることでさらなる広告波及効果をねらう動きが高まっており、イベントプランナーにもそのアイデアが求められています。

  • イベントプロデューサー

    スタッフ選びから経営責任までの総指揮者

    イベントの企画立案にもかかわり、全体的な方向性を決め、スタッフ選びを行い、適材適所に人を配置して、イベントが計画通りに進行するように全体的な指揮をとる。豊富な情報量と企画力はもちろん、決断力、交渉力なども必要。

  • アーティストマネージャー

    アーティストの音楽活動に集中できるようサポートする縁の下の力持ち

    歌手やバンドなどのアーティストの音楽活動をサポートする仕事。スケジュールの管理・調整、ライブやテレビ・ラジオ出演、雑誌取材などのブッキング、グッズの企画、移動や楽器搬送の手配など、仕事内容は幅広い。ときには音楽活動の方向性についてアーティストの相談に乗ることも。売れっ子アーティストは芸能プロダクションに所属していることが多いので、その場合はマネジャーもプロダクションの社員。プロダクションに所属していないアーティストはレコード会社や音楽レーベルの担当者がマネジャーを務める。

  • サウンドクリエイター

    より楽しくするための効果音づくり

    ゲームの雰囲気に合ったサウンドや、効果音の作成を行う。作曲だけでなく、ゲーム機のサウンド機能が持つ能力に関する知識も必要。パソコン上で作曲(DTM)するため、パソコン関連の知識も欠かせない。ただしゲームサウンドだからといって、機材や作曲の方法に大きく変わる点はない。

  • ゲームサウンドクリエイター

    より楽しくするための効果音づくり

    ゲームの雰囲気に合ったサウンドや、効果音の作成を行う。作曲だけでなく、ゲーム機のサウンド機能が持つ能力に関する知識も必要。パソコン上で作曲(DTM)するため、パソコン関連の知識も欠かせない。ただしゲームサウンドだからといって、機材や作曲の方法に大きく変わる点はない。

初年度納入金:2019年度納入金 189万4140円 
年限:4年制

学科の特長

学ぶ内容

【音楽メディアコース】“音”の世界で活躍するクリエーターに必要な専門性・人間性を修得
新しい時代の音楽について、音響、作曲、映像音楽、さらに機材やソフトウェアの開発に至るまで知識や技術を身につけるとともに、譜面の上だけではなく、様々なツールを使って実際に音を鳴らすことで、耳から入ってくる実証的な学びを展開します。様々な実践を通して専門性のみならず人間性や国際性も身につけていきます。
【音楽ビジネスコース】音楽プロデュース、マネジメント、権利ビジネスに関するスキルを修得
実践的な学びを通してセルフ・マネジメント力、プロモーション力、プロデュースのノウハウを修得するとともに、SNSなどを活用したプロモーションについての理解を深め、音楽業界で活躍するための力を身につけます。また、知的財産管理技能検定やビジネス著作権検定の取得を目指し、権利ビジネスに関するスキルも磨きます。

授業

【音楽メディアコース】各分野のエキスパートを講師に、音楽制作に必要なスキルを養う
学生の志向に応じた多様な実技レッスンや実習が用意されており、音楽制作に必要なスキルを効率的に修得することができる科目が充実しています。「専攻実技」では、作曲・編曲、録音ミキシング、音楽アプリケーションなどの制作、映像の4つの分野に分かれて、少人数のグループでレッスンを行います。
【音楽ビジネスコース】多様な科目を通して音楽業界への理解を深め、即戦力となるスキルを養う
コンサートビジネス、ソーシャルメディアと音楽の現状、マネジメントで活用できる心理学など様々な視点から音楽ビジネスを学べる科目を用意しています。「コンサートビジネス演習」では、日々、変化を続ける音楽業界で活躍するためのノウハウや、興行・ライブエンタテインメントの仕組みについて実習を交えながら学びます。

ゼミ

【音楽ビジネスコース】3年次から3つのゼミに分かれ、音楽ビジネスを実践的に学ぶ
「出版ゼミ」では学生が編集者として様々な企画を立案し、フリーペーパーを制作。「イベントゼミ」では学生がイベントオーガナイザーとして、渋谷のライブハウスなどでライブコンサートの企画運営を行います。「録音ゼミ」では学生がA&Rディレクターとしてアーティストの発掘・育成、レコーディング等の業務を体験します。

学生

  • point キャンパスライフレポート

    音楽フェスのインターンシップで運営側の目線を経験。多くの気づきがありました!

    進路決定の時期に「やりたいことは何?」と、自分に問いかけてみました。すると音楽が好きな私の気持ちは、裏から音楽を支える仕事に就くことでした。尚美学園大学には一番学びたかった音楽ビジネスコースがあり、迷わず入学を決めました。

    尚美学園大学の学生

卒業後

音楽業界で活躍するクリエーター、エンジニア、番組企画・制作者など将来の選択肢は多彩
卒業後は、音楽プロデューサー、アーティストマネージャー、作・編曲家、映像クリエーター、音楽スタジオエンジニア、ステージ音響・映像エンジニア、音楽ソフト開発者、音楽配信、ゲーム音楽クリエーター、番組企画・制作、CD・DVD企画・制作、Web制作、音楽著作権開発・管理、音楽ジャーナリストなどとして活躍できます。

学べる学問

目指せる仕事

資格 

目標とする資格

    • MIDI検定 、
    • サウンドレコーディング技術認定試験 、
    • Pro Tools技術認定試験 、
    • 知的財産管理技能検定<国> (2級・3級) 、
    • ビジネス著作権検定 (初級・上級) 、
    • 販売士 (2級・3級)

入試・出願

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒350-1110 埼玉県川越市豊田町1-1-1
フリーダイヤル:0120-80-0082(入試・広報課)
e-mail:info@s.shobi-u.ac.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
埼玉県川越市豊田町1-1-1 「川越」駅から無料スクールバス 7分
「本川越」駅から無料スクールバス 10分

地図

 

路線案内

他の学部・学科・コース

尚美学園大学(私立大学/埼玉)

この学校へ資料請求した人が資料請求をしている学校の募集学部・学科・コース一覧を見る

大学・短期大学・専門学校を探すならスタディサプリ進路